ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« あなたは楽譜が読めますか? ~ 音感が欲しい | トップページ | 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その5 新しい子の購入について »

2016年5月27日 (金)

今夏も、フルートの調整をしてもらいました

 年に2回のフルートの調整を、今夏もやっていただきました。

 今回は、昼間、別の演奏会を見て、献血をして(笑)、それから夕方にフルートの調整をしてもらったので、一日長丁場で、何とも疲れ果てた状態で調整をお願いしに行ったわけです。

 まあ、別に私が疲れ果てていても、フルート職人さんが元気なら、調整に支障はないわけで…あるとすると、私がやたらと無口で感じが悪い人になっていた…という事でしょうか?(なんか申し訳ないです)。

 一通り調整をしてもらって、試したところ、なんかうまくいってないところがあって、そこにクレームをつけたら、さっそくリングにシールを貼られて「リングを使っている人だと、リングの塞ぎが十分じゃなくて、それで音が出づらい人がいるんですよ」と言われて、試してみたら、確かに音の出がスムーズになりました。

 ダメだったのはフルートではなく、私自身でした。

 「今は青い目立つシールが貼ってありますが、銀色のシールに張り替えましょうか?」と尋ねられたので「シールは貼らなくて結構です」って断りました。自分の欠点が分かったのだから、シールでごまかさずに、練習して克服するべきなのです。

 リングの穴塞ぎに、昔はよく、シリコン製の詰め物(シリコンキャップ)が使われていましたが、それだと音程が微妙に狂ったり、音色も若干くすんでしまうということで、最近では銀色のシールを貼るそうです。こちらの方が音に与える影響が少ないし、遠目で見るとカバードのフルートのように見えるので、色々と良いのだそうです。

 さて、フルートの調整をしてもらっている間、ほとんどクチをきかず、暇だったので、そこらへんに置いてあるモノを見ていました。その日の職人さんたちの予定表も置いてあって、ちょっくら眺めてみたら、皆さん、結構高価なフルートを調整に出しているんだなあって思いました。少なくとも、スクールモデルのオーナーさんは、その日の調整会に楽器を出していませんでした。私の1307なんて、安物の部類に入りそうです。

 でも、フルートの実売数で言えば、圧倒的に高価な楽器よりも、スクールモデルの方が多いのだけれど、スクールモデルのオーナーさんたちは、楽器の調整の必要を感じない…のかな? それとも安い楽器ほど、調整の必要がない…とか? いずれにせよ、ちょっと面白い現象だと思いました。

 同時に、たまたまフルートフェアをやっていて、フルートの試奏をしている人がいました。耳に突き刺さるような音でフルートを吹いていました。いかにも吹奏楽の人って感じでした。年も若そうだから、学生さんかもしれませんね。無理矢理に鳴らされているフルートが、ちょっぴり可哀想に感じました。

 その方、私が見ても分かるほどに、フルートの構えがぎこちないし、音量命の感じがしました。某T社長さんからも、何度も音量が大きすぎると注意されていましたが、うまくコントロールできないみたいです。たぶん、まだフルート初心者でしょう。素人丸出しなんです。で、それを見て思ったのは、私がフルート試奏を繰り返していた頃、端から見れば、私もこんな感じで、素人丸出しでフルートを吹きまくっていたんだろうなあ…って思いました。なんとなく、懐かしい感じがしました。

 フルートフェアでしたから、色々なフルートが展示即売されていました。その中に、ひときわ目立つフルートがあって、それは何かと尋ねたら、24Kメッキのフルートなんだそうです。さすがに24Kの輝きは独特で人目を引きつけます。なんでも、24Kはメッキだけでも30万円するんだそうな。お高いね。

 私のアゲハちゃん(愛用の1307)も30万円出せば、24Kメッキしてもらえるのかしら? ゴールドフルートを購入するのは、なかなかお財布的に厳しいのだけれど、金メッキ程度なら、頑張ればできるから、頑張って24Kのメッキをしてしまおうかしら…。

 でも、メッキって、いずれハゲるんだよね(溜息)。それに、メッキをしちゃうと、オーバーホールの時に磨きをかけてもらえなくなるんだよね…。そう思うと、やっぱり銀無垢のままでいいかなあ…とも思うわけです。

 無料調整会は朝から晩までやってます。で、その日の最後のお客さんの楽器を調整しおえても、職人さんたちはそれで仕事終了ではなく、その後は、お店の在庫フルートの調整をするんだそうです。大変ですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« あなたは楽譜が読めますか? ~ 音感が欲しい | トップページ | 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その5 新しい子の購入について »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あなたは楽譜が読めますか? ~ 音感が欲しい | トップページ | 金魚すくいの金魚をうまく飼う秘訣 飼いはじめてから編 その5 新しい子の購入について »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん