ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 自分の成長を感じる事は、嬉しい事です | トップページ | メガネとステージ »

2016年5月 4日 (水)

ボエームは、やっぱり大変(汗)

 声楽のレッスンの続きです。今回は時間的な余裕も無いという事で、さっそくボエームの練習に入りました。とにかく、先生的には、第一幕が心配でならないようです。

 とにかく、レガートに歌う事。優しく歌う事。場面に応じた歌い方をしていく事です。コンサートでアリアを歌うのとは、わけが違うわけで、ガンガン歌えばいいってモノではありません。特に今回のボエームで私が歌う箇所には、アリア的な部分はほとんどありません。あるのは、ただ、セリフ的な歌唱ばかりです。おそらく、モーツァルト時代だったら、レチタティーヴォで済まされてしまうような、ストーリーを進めるための歌ばかりです。まあ、聞かせどころ的は皆無ですが、ストーリーを進めていかなければなりません。つまり、俳優として歌うわけですから、歌で目立てばいいってわけでもないのです。

 セリフを歌っていくのですから、当然、他の出演者たちとの掛け合いが多くなりますが…この掛け合いと言うのが、案外、難しいです。相手の歌を受けて歌うのですが、歌い出しのタイミングが結構難しいのですよ。拍の途中から歌い出すなんて、たくさんありますよ。ほんと、歌に入るタイミングが難しいんです。

 合唱なら、拍を数えて入ればどうにかなりますが、オペラは拍を数えている余裕がありません。と言うのも、自分は歌っていなくても、演技をし続けないといけないので、カウントに集中できないのです。そこで取るべき方法は、他人のパートも覚えてしまい、一緒に(脳内で)歌って、それから自分のパートを歌えばいいのです。これなら拍を数えて歌に入るよりも、楽だし簡単です。まあ、他人のパートを覚えていくのが、大変といえば大変なんですがね。

 とにかく、そんな調子で第一幕の冒頭部から、どんどん先生と合わせていきます。私はロドルフォを歌い、先生はその他すべてのパートを歌って、ピアノも弾いて合わせて行きます(先生が、大変すぎる!)。譜読みがまだ最後まで出来ないので、譜読みが終わったところまで合わせて、それ以降は、先生と一緒に譜読みです。いやあ、面目ない。

 とにかく先生と合わせて行って、イタリア語の間違っている箇所を直し、音程を取り間違えているところを直し…なんて事をやっているウチに、どんどん時間が過ぎていきました。

 しかし、音が取れないところは、たいてい上にはずしている私です。やっぱり、中低音を出すのって、勇気と体力がいるので、楽に歌っていると、どうしても高めになりがちのようです。気をつけないとね。うまく音が取れないところは、合唱同様に、他のパートの音を拾って確保することが大切です。やれやれです。ほんと、やれやれです。

 次回のレッスンまでに、第一幕の譜読みを完了させておく事を約束して、自分のレッスンを終了しました。

 いつもレッスンでは、私のレッスンから始めて、私のレッスン後に妻のレッスンをしていただいています。と言うのも、私のレッスンが先だと、妻のレッスンをしている最中に、その日のレッスンで学んだことを思い出しながら、メモ帳にまとめる事ができるんですね。習った事を、きちんとまとめてメモ帳に書き出すのは、学習の定着という意味で良いことですし、この時のメモ帳が、のちのちのブログ記事のネタ帳代わりになったりするのです。

 で、今回もそんな感じで、妻のレッスン中にメモメモしていた私ですが、妻も一通りの発声練習を終えたら、ボエームの練習に入りました。妻は第四幕だけなのですが、妻が歌うのはロドルフォとの二重唱の部分なので、妻のレッスン中も、私はロドルフォのパートを歌うためにレッスンに参加しないといけない(本番でも私がロドルフォを歌います)のです。もちろん、レッスンの主体は妻ですから、私は単に相手役として歌うだけですが、これが結構気が抜けません。まるで、一度に二人分のレッスンを受けたような疲労感に襲われました(笑)。

 ま、それはそれで悪くはない感覚ですけれどね。

 しかし、ボエームをやると決めたわけですが、今までの発表会での準備の数倍、時間とエネルギーがかかっています。ああ、当日までに、これらを暗記できるでしょうか? ちょっと不安になりました。一応、私の計画通りに練習が進めば、どうにかなるはずですが、途中で体調とかを崩して、練習のペースが落ちると危ないです。ですから、練習も大切ですが、体調管理も大切だなって思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 自分の成長を感じる事は、嬉しい事です | トップページ | メガネとステージ »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分の成長を感じる事は、嬉しい事です | トップページ | メガネとステージ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん