ひとこと

  •  選挙が終わり、今から数年間の日本の政治体制も決まりました。さて、今日からは非民主主義的な手法で、日本を揺さぶる方々が暗躍します…と言っても、その事自体は選挙前からずっとやってますけれどね。それにしても、なぜ選挙結果を受け入れず、日本をダメにする方向で活躍する人たちが、我が国には大勢いるんでしょうね? 「思想信条は個人の自由」とは言え、選挙結果に準じて任せるのが間接民主主義ってヤツでしょ! 憲法にも43条を始めとして、選挙で決めますよと書かれているわけで、民主主義とか憲法とかを大切にしている人ほど、次の選挙までは臥薪嘗胆となるはずなのですが…大騒ぎする人たちは、口先ばかりの人たちで、民主主義も憲法もご存知ないんだろうと思います。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ボエームは、やっぱり大変(汗) | トップページ | LFJ2016 その1 まずはお一人でお出かけをしました »

2016年5月 5日 (木)

メガネとステージ

 私は若い時から、遠視でした。

 子どもの時から視力が良くて、近くも遠くもバッチリ見えて、とても便利でした。よく眼科検診では「遠視だから矯正が必要だ」と言われていましたが、日常生活では何の不便もなかったので、放置していましたが、やはり遠視は体力的にきびしいのか、私は30歳を少し過ぎた辺りで、老眼になってしまいました。

 若白髪ならぬ、若老眼ですね(笑)。

 と言うわけで、年を取った今では、近くも遠くもよく見えない人になってしまいました。つまり、どこにもピントが合わない人なのです。ですから、手元を見る時は、手元用のメガネを、遠くを見る時は、遠く用(ってか外出用)のメガネが必要で、日常生活(ってか、仕事)では遠近両用老眼メガネで我慢しています。それでも、やっぱり中距離に焦点を合わせているので、手元や遠望はやっぱり見えません。

 まあ、そんなわけで、コンタクトも使えずに、近距離専用とか、音楽練習用とか、外出用とか、あれこれメガネを使い分けて暮らしております。

 まあ、そんな私のメガネ事情の話が今回のメインでは無いのです。とにかく、私はメガネをかけて生活をしている人だと言うわけです。

 問題は、舞台に出る時ですね。

 私は、近くも遠くも、よく見えない人なので、本当はメガネをかけて舞台に出たいのです。私が合唱団員とかオーケストラ団員とかだったら、たぶん音楽用のメガネをかけて舞台に出ちゃうでしょうね。だって、誰も私のことなんて見ていないから。でも、声楽であれ、フルートであれ、ソロとなるとメガネは掛けてられません。

 メガネって、レンズが入っていると、反射して、客席から目が見えないんです。それが良くないと私は思うのです。だって、それって結果的にはお客さんから目を隠す事になるわけで、、サングラスをして舞台に上がるのと同じことになってしまうのです。だから、どうしてもメガネをかけて舞台に上がりたいなら、メガネのレンズを外して、コンタクトを入れて、レンズ無しのメガネをするべきだと思ってますし、実際、舞台でメガネをかけている人って、そんな感じの人、多いですよね。。

 でも、強い遠視の私は、コンタクトでの矯正(ってか、ピント合わせ)ができないので、舞台では、どうしてもメガネを外す事になります。基本的に、舞台では、よく見えない世界に突入しちゃうわけです。不便は不便です。

 ですから、舞台袖まではメガネをかけて、楽譜を確認したり、色々と細かいものを見ていますが、舞台上で細かいものを見る必要なんてあまりないので、舞台に出る直前にメガネを外しているのです。これはこれで、きちんとしていれば、それほど不便ではないのですが、たまに、ついうっかりメガネをかけたまま舞台に出ちゃう事があって、後でそれに気づいて、凹んだりします。

 悩ましいです、メガネ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ボエームは、やっぱり大変(汗) | トップページ | LFJ2016 その1 まずはお一人でお出かけをしました »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボエームは、やっぱり大変(汗) | トップページ | LFJ2016 その1 まずはお一人でお出かけをしました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん