ひとこと

  •  北朝鮮とアメリカの話し合いが決裂してしまったわけだけれど、これ、ある意味当然の話なんだよね。というのも、アメリカが求めている「北朝鮮の非核化」と北朝鮮が応えようとしている「朝鮮半島の非核化」は、全く違うものだからね。アメリカは北朝鮮から核兵器を取り上げようとして「北朝鮮の非核化」を求めているわけだけれど、北朝鮮(と韓国と中国)が言っている「朝鮮半島の非核化」と言うのは、韓国からの米軍撤退なんだよね。つまり、韓国から米軍を追い出し、その後、韓国を北朝鮮が飲み込み(統一…とか言うのだろうけれど)、その北朝鮮を中国が傀儡化するって話なんだから、そりゃあアメリカが飲むわけないよね。そうなると、中国と日本が直接国境を接する事になるわけだから、日本にとっても対岸の火事じゃない話なんだよね。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« LFJ2016 その1 まずはお一人でお出かけをしました | トップページ | LFJ2016 その3 ブラームスは、やっぱりいいですね »

2016年5月 7日 (土)

LFJ2016 その2 ポピュラー系のコンサートだって、悪くはないです

 パソナ本社に、そのまま居座り続けて、次のコンサートを待ちました。

フルートコンサート(フルート:長谷川絢香)

 次のコンサートになっても、エアコンの音はガンガン響いていました。普通、いくら大きな騒音でも、そこにそれなりの時間いたら、耳が慣れるものですが、ここのエアコンの音は、全然慣れないです。陽気もいいし、エアコン、必要なのかな? ああ、エアコン止めてもいいから、静かにしてほしいなあ。

 さて、ソプラノの次はフルートのコンサートでした。で、フルートと言えば、私の興味関心は、奏者の使っているフルートは、シルバーなのかゴールドなのかって事で、さっそく、それを見分けようとしましたが、奏者の手にしているフルートが、なぜかシルバーに見えたり、ゴールドに見えたり、なんか不思議な感じがしました。

 結局、この会場のライトが、かなりの濃い黄色のライトと白い光のライトの二つを混在させて使っているので、ステージ上の立ち位置がちょっと違うだけで、黄色い光が当たったり、白い光が当たったりして、肝心のフルートが、シルバーであってもゴールドであっても、黄色い光が当たっている場所では、同じように肉眼では黄色に見えてしまう事に気付きました。じゃあ、白い光が当たっている場所で判断すれば…と思うでしょうが、目が黄色いライトに慣らされてしまい、色がよく分からなくなってしまいました(笑)。

 とは言え、目を凝らして見た結果と、ライトの光の加減を脳内補完した結果を合わせた結論として、私の目には黄色いフルート(つまりゴールドフルート)に見えるけれど、おそらく、あれは黄色い光が当たっているシルバーフルートであろうと思ったわけです。と言うのも、フルートがゴールドに見える時は、演奏者の顔も、まるで肝臓病患者のような、黄疸の出ているような顔色に見えていましたからね。あんな顔色の人がコンサートできるわけはないので、かなり強い黄色が当たっている…と思ったわけです。

 おそらく、この会場のライトは、稲の成長に必要な光が出るように、黄色いライトと白い光のライトの二つで調整されているのでしょう。そして、室内であるけれど、おそらく太陽光に近い光を作っているのだと思いますが、やはり人間の目には、かなり黄色い光になって見えているのです。で、その光の設備のまま、音楽コンサートをやってしまうと、何もかもが黄色く見えてしまい、黄色い照明がアダになるわけです。

 まあ、何でもかんでも黄色っぽくなっても、音には関係ないから、いいっちゃあいいんです。

シリンクス[ドビュッシー]
フルートソナタ『ウンディーネ』[ライネッケ]

 最初の『シリンクス』は、フルート独奏曲としては定番中の定番曲です。ff~ppまで、美しい音色で演奏されました。いいなあ。この方の音色は、全体的に太めの暗めで、一般人が思うフルートの音色とは、ちょっと違うかもしれないけれど、楽器の音としては、なかなかに美しいです。

 1曲目はあっという間に終わり、すぐ最後の『ウンディーネ』になりました。この曲、4楽章まであって、演奏時間も20分程度あるので、今回のコンサートは、こちらの曲がメインになるわけです。

 しかし、このライネッケのフルートソナタ。フルートの演奏会に行くと、割りとよく聞きます。いい曲だと思うけれど…フルートオタクしか知らない、隠れた名曲なんだよね(溜息)。フルート音楽的には名曲になると思いますし、耳当たりだって悪く無いと思うのだけれど、やはり聞いた後、観客の心に爪痕を残せるタイプの曲とは違うので、一般的な名曲の中には入れてもらえないんでしょうね。で、フルート音楽って、たいてい、こんな感じの曲ばかりだよ。「悪く無いんだけれど、なんか残らないんだよね…」って感じの曲ばかりになってしまうのが、フルート音楽の悲劇なんだと思います。ピアノ音楽におけるショパンのような作曲家が、フルート音楽には現れなかったって事なんだろうなあ。

 演奏自体は、良かったと思うけれど、ライトのせいもあって、どうしても気が散ってしまいました。と言うのも、フルート全体はシルバーだろうと思ったけれど、リップの部分が、どうしてもゴールドに見えてしまって、最後まで「あのフルートのリップはシルバーなのかしら、それともゴールドなのかしら」と、そればかりを考えてしまいました。

 と言うのも、フルートの音がね…なんとなく、ゴールドっぽい感じがしていたし、目で見た感じもゴールドなんですよ。でも、ライトは黄色でシルバーも黄色く見えちゃう照明なんですよね…と、音楽自体とは関係ない部分に気が散ってました。ごめんなさいです。

ポピュラーコンサート(田代華菜:ソプラノ、内田尚志:テノール、三浦千佳:フルート、久保朱那:ピアノ、田町公美:ピアノ)

 その次は、今年のパソナの新入社員さんたちによるポピュラーコンサートでした。

情熱大陸[葉加瀬太郎]
ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)[サティ]
オー・シャンゼリゼ[ウィルシュ&ディーガン]
トップ・オブ・ザ・ワールド[カーペンターズ]
銀河鉄道999[ゴダイゴ]
ミュージカル「アニー」より『トゥモロー』[ストラウス]

 1曲目の『情熱大陸』は、原曲はヴァイオリン曲ですが、今回はピアノ連弾(一台のピアノを2人で弾く)でした。ヴァイオリンがピアノに変わっただけなんですが、それだけで、曲のイメージがガラッと変わります。ヴァイオリンは泣き節だと思うのだけれど、ピアノだと泣けない分、無闇に音数が増えてしまい、それを受け付けられない人だとダメだと思うけれど、私は楽しみました。

 2曲目の『ジュ・トゥ・ヴ』は、ソプラノ+フルート+ピアノの演奏でした。この曲は、そもそもシャンソンであって、歌詞も男性歌手用と女性歌手用の2つあるそうですが、今回は女声用の歌詞で歌ったそうですが…フランス語なので、よく分かりませんでした…と言うよりも、この曲って、男性歌手用の歌詞がある事を知らなかったのでビックリでした。そうか、男性が歌ってもいいんだ…と思った次第です。

 歌ったのが、クラシック系ソプラノ歌手さんでしたから、いわゆるシャンソンのイメージとは違った感じでしたが、なかなか良かったです。個人的には、シャンソン系のぼそぼそ歌唱よりも、思いっきり声を出して伸びやかに歌う、クラシックスタイルの方が好きです。

 3曲目は、テノールの人でした。片手にフォークギターを持って登場したので、あれあれあれ…と思っていたら、ギター弾き語り+ピアノの組み合わせで歌い出しました。ちなみに、歌にはきちんとマイクを使い、ぼそぼそとポピュラー発声で歌っていましたので「だったら、テノールって名乗るなよ」とちょっぴり思いました。

 まあ、テノールには、オペラとロックやポピュラーの二刀流の人もたくさんいるので、この人もそんな感じの人なのかなって思ったわけです。で、今回は、ポピュラー歌手として歌ってくれているんだなあ…と納得させながら聞きました。それにしても、この曲、ギターが似合わないよなあ(笑)。伴奏は、ピアノだけでも良かったんじゃないかしら?

 4曲目は、カーペンターズの「トップ・オブ・ザ・ワールド」です。歌手も男性と女性の2人がいるので、てっきり、カーペンターズ並に男女デュオで歌ってくれるのかと思ったら、フルート+ギター+ピアノという演奏形態でした。ああー、ヴォーカルラインをフルートで吹くわけだね。

 勝手に期待して、勝手にがっかりするのは、私の悪い癖です。でもまあ、確かにカーペンターズの曲って、フルートが似合うよね。

 5曲目の『銀河鉄道999』は「何か昭和っぽい曲を…と思って選曲しました」って紹介していたような…。まあ、確かに昭和の曲だけどさあ…。これも男性歌手がいるんだから、ノリノリで歌ってくれるのかと思ったら、ピアノ連弾で歌はありませんでした。演奏は頑張っていたけれど、なんか色々と違うんだよなあ…と、ゴダイゴファンとしては、苦言を呈したいです。少なくとも、ミッキーのオルガンソロの部分は、あのニュアンスを再現してくれなきゃイヤだよぉ。

 最後の『トゥモロー』は、全員総出の演奏でした。今回、テノールの人はマイクを使わないで歌っていたので、彼の歌唱は全然聞こえませんでした。そりゃあ、ポピュラー発声のままで、マイク無しはキツイよね。ここは、クラシック発声に切り替えるか、マイクを使って歌えば良かったのにね。残念なのは、そこだけで、後は良かったです…ってか、このコンサートで一番良かったのはこの曲かもしれません。

 この人たちは、1時間後に同じステージで、今度はクラシック系コンサートをしてくれるので、それを楽しみに待つことにしました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« LFJ2016 その1 まずはお一人でお出かけをしました | トップページ | LFJ2016 その3 ブラームスは、やっぱりいいですね »

ラ・フォル・ジュルネ」カテゴリの記事

コメント

ふむふむ。たまにクラシックでないのもよいですよね!シャンソンか、、シャンソンは苦手です。あの、ボソボソと語る感じがちょっとね、?
フランスオペラやフランス歌曲はよいけどね!

アデーレさん

 シャンソンって、リートと同じで、言葉を優先している音楽だと思うのです。あるいは、表現を優先している音楽と言ってもいいのかな? つまり、音楽よりも、言葉や身体表現が優先している音楽。だから、あのぼそぼそ歌っているのだって、きっと理由はあるはずなんだけれど、私はフランス語が分からないから、ただぼそぼそ歌っているようにしか聞こえないわけです。

 そこへ行くと、イタリア語や英語の歌って、歌詞に意味がないモノが多くて、基本的に音楽優先でしょ? 言葉の分からない外国人的には、そういう音楽の方が取り付きやすいんだよね。

 きっと、シャンソンだって、言葉がべらべらだったら、楽しいんだと思うし、いっそ、日本語でシャンソンを歌ってくれたら、とっても楽しいと思うんだよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LFJ2016 その1 まずはお一人でお出かけをしました | トップページ | LFJ2016 その3 ブラームスは、やっぱりいいですね »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん