ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« LFJ2016 その6 音楽を演奏するって、不可能を可能にしていくオカルトなのかもしれません | トップページ | さて、先々週の解答です »

2016年5月13日 (金)

GWの最中だったんですが、フルートのレッスンに行ってきました

 今回も、LFJの連載はちょっと中断して、いつものフルートレッスンの記事をアップします。なにしろ、LFJの記事は、不人気な記事で、こればかりをアップしていると、どんどんアクセス数が減っていくというテイタラクなんです。いやあ、困った。私が好きなほど、皆さんはLFJがお好きではないって事ですね(だから、LFJがどんどん寂れていくんだよねえ…)。

 さて、実は、ゴールデンウィークの最中だったけれど、H先生がレッスンをやると言うので、いそいそと行ってきました。いつもは仕事が忙しくて練習せずにレッスンに行っている私ですが、今回はゴールデンウィークと言う事で、遊ぶのに忙しくて、練習しないままレッスンに行っちゃいました。

 結局、仕事に遊びに、いつも忙しい私だったりするのです(笑)。

 で、レッスンに行ったら、姉様がいて、結構ピリピリしたレッスンをしていました。まあ、そういう事もあるよね。もっとも、最近の私のレッスンよりは、だいぶ先生もお優しい様子ですが…って、私の最近のレッスンって、ほんと、激辛だよなあ…って、練習をロクにしないで行くから、激辛なのか!

 でも、姉様、精神的に相当へこんだ様子で、ロングトーン練習をやっても、全然音が合わないんです。精神状態が音に出ちゃうんだなあ、怖いなあ…って思いました。

 さて、私のレッスンは…エルステユーブンゲンの16番なんだけれど、前々回のレッスンの時が、一番調子が良かったのかもしれません。一応、ちょっとは練習しているんだけれど、練習すればするほど迷い路に入ってしまい、全然暗譜できません。

 暗譜できないどころか、スラーの後処理が下手くそだと叱られてしまいました。いつもは、この程度でも許してもらえるのに、今回はかなりシビアに注意されました。まあ、できていないのだから、仕方がないです。

 16番がそんな状態ですから、17番も当然アウトです。

 プチエチュードは14番です。どうにも臨時記号(特にダブルシャープ)がやってくると、頭がすぐに真っ白になってしまいます。これはもう、指で覚えるしかないですね。で、指で覚えるためには、嫌になるほど練習しないと覚えられないわけで…結局、練習が足りていないからダメなんだという結論に達しました。

 でもにぇ、にゃかにゃか難しいのにゃん。

 で、レッスンが一通り終わったので、夏合宿の申し込みをしました。そうです、今年は仕事関係の調整もうまくいき、H先生の夏合宿に参加しようと決心したのです。

 さっそく、課題曲が与えられました(はえー)。『ハイドンのセレナーデ』だって(笑)。これを練習して、発表会の代わりに行っている、合宿の時にお披露目演奏会で披露するんだそうです。ま、つまり、この曲が今年の私のフルートの発表会の曲って感じですね。

 原曲は弦楽四重奏だっけかな? とにかく、フルート曲ではなく、アレンジモノでございます。この曲、一般的なアレンジ譜では、そんなに難しいレベルの曲扱いされていません。アルテ1巻の真ん中あたりの難易度なんだよね。練習怠慢野郎の私の、今の実力って、先生から見たら、そんなモンなんだなあ…と改めて思いました。先生、結構冷静に評価しているなあ。

 ちなみに、こんな感じの曲です。

 演奏している方は…一体、どなたなのでしょうか? プロの方なのか、アマチュアさんなのかも分かりません。玉石混交しているのがYouTubeなのですが、まあ、この演奏は悪く無いと思います(ってか、上手だよねえ。プロか、そうでなくても、ハイアマチュアさんだよなあ…)。

 ひとまず、頑張ろうっと。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« LFJ2016 その6 音楽を演奏するって、不可能を可能にしていくオカルトなのかもしれません | トップページ | さて、先々週の解答です »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

夏合宿参加って楽しそうですね。音楽三昧ってどんな感じなのでしょう!
私もセレナーデを発表会で演奏しました。シンプルな曲って、指とか譜読みとかに気を取られないですが、丁寧な音の処理とか、キャラクター出したりして私には表現付けるのが難しかったです。その分緊張しました。すとんさん演奏もUPしてくださいね。楽しみにしています。

うさぎさん

 音楽三昧ってのは…文字通り、音楽三昧です。朝起きてから寝るまで、ずっとずっとフルートを吹いているだけの生活になります。まあ、楽しいですよ。三泊四日の最初の三日間はずっとフルート三昧で、最後がお披露目会だと思うので、1日12時間ずつフルートを吹いていたとしても、36時間も練習してから、お披露目会に出場するわけで、これはなかなかの経験になるのではないかと思って、今からワクワクしています。

>シンプルな曲って、指とか譜読みとかに気を取られないですが、丁寧な音の処理とか、キャラクター出したりして私には表現付けるのが難しかったです。

 そうそう、シンプルな曲って、演奏のアラが出やすいのですよね。そこが逆に落とし穴だったりするかもしれません。

 音源のアップは…一応、予定していますので、お楽しみに(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LFJ2016 その6 音楽を演奏するって、不可能を可能にしていくオカルトなのかもしれません | トップページ | さて、先々週の解答です »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん