ひとこと

  •  ああ、ゴールデンウィークに突入いたしました。今年のGWは、レッスンと温泉とラ・フォルジュルネとオペラで過ごそうかと思ってます。あ、溜まったDVDも見ないとなあ。ああ、とりあえず忙しいGWになりそうだなっとね。それはそれと、今年のラフォルジュルネは、パソナが不参加なんすよ。ああ、残念残念残念。私はパソナのコンサートが大好きだったのに…、もう生きる希望が無くなったよ(ちょっと大げさ)。とにかく、パソナが不参加で悲しい私でした。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 歌劇『ドン・ジョバンニゃ』を見てきました | トップページ | クラシックの人って、ポピュラー音楽を見下しているよね »

2016年4月12日 (火)

出来ない時は、拍頭を取ってみる

 自宅で譜読みをし、音取りをしている時に、困ってしまう事が多々あります。それは『目の前のフレーズがきちんと演奏できない』という事。

 フレーズが全くイメージできない…ってわけじゃないのです。かなり複雑な譜面であっても、今はレコ勉が出来ますし、参考にするべき音源だって、YouTubeに行けばゴロゴロしているわけですから、たいていの音楽は、楽譜を見ながら、実際の音源を聞いて、ある程度のイメージはつかめるんです。

 でも、イメージがつかめたからと言って、それで演奏できるわけじゃないのです。

 読譜と演奏は、全くレベルが違う話なんですね。

 とにかく、難しいフレーズ、ややこしいフレーズで、うまく演奏できない時は、まずは拍頭の音だけで演奏してみる事にしています。拍頭…つまりビートを感じてみるわけです。フレーズに付いている細かな音符は、ひとまず省略して、拍頭だけで演奏してみるのです。拍頭だけの演奏が出来ない…って事は、さすがにありませんから、これはこれでどうにかなるわけです。

 この状態から、少しずつ細かくリズムを刻んで演奏していくのです。拍頭だけで演奏と言うのは、つまりリズムをすべて4分音符に馴らして演奏するようなものなので、次は8分音符を基本にして、拍の表と裏だけの演奏してみるとか、それができたら、16分音符のリズムも付け加えていくとか…。とにかく、大雑把なリズムから細かなリズムへ徐々に付け加える…と言うか、拍を割って割って割って、演奏していくわけです。

 これを地道にやっていると、結構複雑な譜面もなんとか演奏できるようになります。

 音程がうまく取れない時も同じです。まあ、楽器の場合は、音程は楽器任せの部分があるけれど、歌は自分で音程を作っていくわけだから、歌っていて、どうしても音程が正しく取れない箇所ってあるわけです。そんな時も、ひとまずは拍頭の音だけで歌ってみると良いかも。

 拍頭の音だけをつないで歌えるようになってきたら、そこから細かな音符を加えて歌ってみるのです。だいたい、拍頭の音は和音構成音だったりするので、たいていは歌いやすいのですが、細かな音符の音は、不協和音の音だったりして、そこが案外、難しかったりするわけです。

 あるいは、母音の音色のために音程が取りづらいという事もあります。そんな時は、すべての音を“ア”の母音で歌ってみます(私は“ア”が得意です。他の母音が得意な人は、“ア”ではなく得意な別の母音でも構わないと思います)。“ア”だけで歌えるようになったら、つぎは他の母音も加えて、母音だけで歌ってみる。それができてから子音を加えてみる…というふうに段階を踏んで歌ってみると、歌えなかった箇所も歌えるようになるものです。

 あとは慣れね。楽器での「指が回る回らない」と同様に、歌でも「クチが回る回らない」はありますから、慣れに関しては、数多く演奏するしかありません。

 と、このように、難しいフレーズを練習する際には、あまり細かな部分にこだわって練習するのではなく、まずは、大きな枠組みを守って練習する事が大切だと思います。まずは枠組みを確認し、そこから不要にはみ出さない事です。その枠の中に収まっていく感覚を感じてから、細かな部分を練習していくと、大抵の場合、音楽は丸く収まるものです。
 とにかく、優先するのは、大枠であって、細かなところは、後から調整していくのです。

 この感覚は、ソロでも大切ですが、アンサンブルなら、なおさら大切かも。

 そういう点で、うまく演奏できない時の練習は、部分練習が必須です。出来ない部分だけを、取り出して、その箇所を重点的に練習をするのです。その部分の大枠をマスターし、徐々に細かくしていくのです。

 音楽を練習する時は、全曲の通し練習も必要だし、楽しいのだけれど、通し練習ばかりをやっていても、一向に上達しないのは、こういう部分の練習をしないからだと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 歌劇『ドン・ジョバンニゃ』を見てきました | トップページ | クラシックの人って、ポピュラー音楽を見下しているよね »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

私もいろいろと手を変え品を変えて勉強します。

歌詞がつかない時には、楽譜ではなくて歌詞カードを見ながら歌うのが、私には有効な練習方法です。。
いま、テンポが早くて二重子音ばかりのところを練習しているので、すとん様のように、机を叩きながら読譜もしています。

ソロだとごまかしがきかないので大変ですね。
合唱も各自が手を抜いているわけではないでしょうけど、個人のレベルの差もありますから、どうしても限界があるように感じてしまいます。

ともさん

>ソロだとごまかしがきかないので大変ですね。

 まあ、そうですね。その代わり、きちんと歌えるようになる…と言うか、ならざるをえないわけで、そこがまた楽しいところです。常に高いハードルを飛び越えていくような充実感があるわけです。

 確実に上達していくでしょうが、その分、偽らざる自分の姿を見つめ続けるわけで、メンタル、鍛えられますね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌劇『ドン・ジョバンニゃ』を見てきました | トップページ | クラシックの人って、ポピュラー音楽を見下しているよね »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん