お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 休みを欲しがる人、休みを嫌う人 | トップページ | 人間には“否定命令文”は理解できない »

2016年4月 2日 (土)

タニシがついに全滅しました

 はい、あれだけたくさんいたタニシが全滅してしまいました。理由ですか? そりゃあ「金魚たちに食べ尽くされてしまった」だけの話です。なにしろ、今の子たちは、タニシ大好きですからね。

 タニシを水槽に入れるのは、原則的に年一回です。だいたい、真夏のあたりかな? 真夏の暑い日に、私が近所の知り合いの農家さんにお願いして、田んぼにいるタニシを100匹前後いただいてきて、それを水槽に入れているのです。

 タニシはどこの田んぼにもいるわけじゃあありません。基本的に無農薬の田んぼにしかいません。それも一軒二軒が無農薬ではなく、同じ水路を使っている田んぼ全部が無農薬(少なくとも、当該の田んぼの上流の田んぼが無農薬)でないと、タニシは死んでしまうからです。

 なので、田んぼがあればタニシが取れる…というわけではないのです。

 基本的に農家の方が自家用にやっている田んぼは、だいたい無農薬みたいなんですね。お米を農協におろす方の田んぼでは、農薬を使っている事も多いみたいです。

 農家の方がおっしゃるには、タニシがいる田んぼには、ドジョウもヤゴもいるみたいですが、タニシと違ってドジョウを田んぼで見かけた事は、私はないです(ヤゴはたまに見かけます)。田んぼって、農薬を使わないと、たくさんの生き物たちがいて、結構ワサワサしているんだそうです。もっとも、農薬を使わないと、病気や害虫にやられやすくなって、色々と面倒な事も事実なんだそうです。農薬は、収穫を増やし、農家の手間を減らすために必要なんだそうです。

 とにかく、タニシは、夏に100匹ほど水槽に入れて、それで1年過ごす…というパターンでここ数年やってきたわけです。

 でも、昨年もそうだったけれど、今年も1年、保たなかったなあ…。

 昨年、タニシが全滅した時には、水槽がかなり汚れてしまい、石巻貝を大量に導入しました。その結果、今現在、タニシは全滅しましたが、石巻貝は結構残っていますので、水槽はとりあえずキレイなままです。。金魚たちは、タニシは好物のようですが、石巻貝はあまりお好みではないみたいなんですね。

 それに、石巻貝たちは、水槽掃除を結構熱心に行いますが、タニシたちはあまり働きません。タニシは専ら金魚たちの生き餌、石巻貝は水槽のお掃除係と役割分担をしているようです。なので、タニシが全滅しても、水槽はキレイに保たれているってわけです。

 タニシが全滅すると、次に何が起こるのかと言うと…石巻貝の全滅の前に、水草の全滅です。と言うのも、タニシが食べられなくなると、金魚たちの食欲は水草に向かうからです。石巻貝よりも水草の方が美味い…って事になるのかな? よっぽど、石巻貝って金魚のクチに合わないのかもしれません。

 何はともあれ、水槽を見ていると、ここ数日、金魚たちがやたらと水草を食べているのが見られます。ああ、そろそろ次の水草の心配をしないといけないのかな…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 休みを欲しがる人、休みを嫌う人 | トップページ | 人間には“否定命令文”は理解できない »

コメント

金魚はん…
タニシを食べているのですね。
タニシって結構大きいイメージがあります…
てっきり購入するエサを食べるものだと思ってました。
カワニナやサカマキガイは食べないのでしょうか?
生息地が違うのかしら。

もひもひさん

 そうです、金魚はタニシを食べます。それもかなりワイルドに食べますよ。タニシをほじって、振り回して、食べます。

>タニシって結構大きいイメージがあります…

 おそらく、もひもひさんがイメージしているものと、湘南産タニシは違うのかもしれませんね。こちらのタニシの大きさは、直径で言うなら、せいぜい1cmぐらいですよ。2cmあったら、かなりの巨大タニシになります。でもそれくらいで、それ以上にはなりません。タニシも地域差がありますし、ペットショップなどでは、外国産の巨大なジャンボタニシ(直径5cmぐらいの奴)も売ってますからね。

>カワニナやサカマキガイは食べないのでしょうか?

 カワニナは試したことがありませんが、サカマキガイは金魚を食べます。金魚が食べるのではなく、金魚を食べます。おまけにサカマキガイは繁殖力が強いので、水槽に入れると、あっという間に増えます。

 なので、サカマキガイは、湘南地方にも腐るほどいますが、私は細心の注意を払って、これらの貝を水槽に入れないようにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 休みを欲しがる人、休みを嫌う人 | トップページ | 人間には“否定命令文”は理解できない »

フォト
無料ブログはココログ