お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートのレッスンとお花見の事 | トップページ | スペクトルマンにがっかり… »

2016年4月 9日 (土)

ちょっと斜めなヤヨイさん

 心配なので、記録のために記事として書いておきますと…最近、三色琉金モドキのヤヨイさんが、水槽の中でよく斜めになって漂っています。“斜め”と言うのは、リラックスしている時に、カラダが右体側の方向に約30度ほど倒れこんでいるので“斜め”なのです。頭が上がるとか、尾が上がると言った方向の斜めではなく、右側に倒れこみ、カラダの左側が上を向いているという状態です。つまり、気を抜いている時のヤヨイさんは、水平とか垂直とかの姿勢を保てないという事です。

 なんか、イヤだなあ…。

 だいたい、今までの子の例を見ていても、カラダが斜めになった子は、そう遠くない将来、転覆病になるんですよね。それも、短期間でカラダが大きくなった子ほど、その傾向が強いんです。

 ヤヨイは、今までウチにいた巨大魚たち比べれば、三回りも四回りも小さいのですが、それでも金魚にしては大きい方だし、それもここ一年ぐらいでググンと大きくなった子です。短期間で成長した子は、中身がスカスカで病気になりやすいのだけれど、そういう点で、ヤヨイの事は常々心配していたわけですが、姿勢が斜めになった現在、なんとも言えない気分になりました。

 転覆病になってしまうのかしら? もしそうだとしても、なんとか発病させないようにできないかしらね。

 ああ、心配だ。

 たぶん、人間なら、ここらで抗生物質の注射でも一本打っておけば、翌日には元気いっぱいですぐに回復するのだろうけれど、金魚だと、注射も打てません。金魚用の薬剤は売っているけれど、まあ気休めみたいなものだからね。金魚の治療は、基本的に自然回復力頼みになるわけだけれど…ああ、心配だ、心配だ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« フルートのレッスンとお花見の事 | トップページ | スペクトルマンにがっかり… »

コメント

ヤヨイさん心配ですね。
転覆病の原因は複数あるみたいで、原因の限定は困難みたいですね…
早期に気付くことが大事だそうで、毎日金魚さん達のことをちゃんと見ているストンさんだからこそ、気付けたのでしょうね。

回復してくれることをお祈りしています。

もひもひさん

 金魚の病気と言うのは、その原因も治療法もよく分かっていない事が多いのです。それは金魚が、経済動物でもなく、ペットしても極めて安価であるという理由からでしょう。経済動物(つまり家畜)ならば、労働力として簡単に使用不可になっては困るし、換金する価値が下がってもいけないので、病気になってもそれを治す治療法はある程度確率しています。また、ペットであっても、購入単価が高ければ、それなりの治療を与える事をできますが、金魚の場合、本当に安く売ってますから、病気になって治療するよりも、新しい個体を購入した方が安いわけで、そうなると治療方法なんて進歩しません。

 つまり、ペットとしての金魚って、使い捨てなんですよ。

 そこが残念だし、可哀想だなって思う私の心は、人間のエゴなんですが…ね。

 でも、目の前で病気で苦しむ姿は見たくないので、なんとか発病せずに済ませたいものだと思うのです(って、ほんと、これこそエゴだよね)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートのレッスンとお花見の事 | トップページ | スペクトルマンにがっかり… »

フォト
無料ブログはココログ