ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ここ数日、音を出していない(涙) | トップページ | アルタスの“25周年記念特別仕様・限定モデル”を見てきた »

2016年3月23日 (水)

成田山新勝寺に行ってきた

 ええと、先の三連休に、なんとなく成田山に遊びに行ってきたので、備忘録として書いておきます。成田山に行った理由は…テレビの旅番組で見て、面白そうだったからです(ミーハーな理由で申し訳ない)。

 家を出た時は、雨が降っていて、花粉も飛んでなくて、気温も過ごしやすい感じでした。家から(雨が降っていたので)バスに乗って、最寄り駅から電車に乗って、大船で乗り換えて、そこから快速電車一本で成田まで行きました。いやあ、電車に乗っているだけで、約3時間超、長かったなあ…。

 そう言えば、地元の駅のホームで電車を待っていたら、反対側ホームに、草津行の直通電車が止まってました。普段は、湘南から草津まで直行できる電車なんて走っていないわけで、連休中って、色々な電車が走っているんだなあって思いました。

 切符は『休日おでかけパス』を利用したので、ほぼ片道分の運賃で往復です。ちょっとラッキーな感じになりました。

 電車に乗ると、車窓から風景を眺めるのが好きな私ですが、さすがに品川までは見慣れた風景なのでタブレットで遊んでました。品川から錦糸町までは地下なので、これまたタブレットで遊んでいたわけで、錦糸町からいよいよ車窓見物を始めましたが…錦糸町~千葉の風景って、実にカラフルと言うか、風景がエネルギッシュと言うか、ウルサイ感じがします。まあ、これがこの辺りの雰囲気なんだろうね。いわゆる“都会”なんだと思います。原色ギラギラです。ところが千葉を過ぎて、成田線に入った途端に田園風景(笑)になり、ガラっと雰囲気が変わりました。車窓的には、私の好みです。どこまでも広がる田んぼ、遠くに見える山々。いかにも旅行って感じがします。

 ほんの短時間、車窓の風景を楽しんで、成田駅に降り立った私の最初の感想が「寒い!」でした。いやあ、本当に寒かった。成田は寒い…ってか、湘南からだと、成田って、だいぶ北なんだよね。油断してました。このままでは『体調を崩す!』と思った私は、新勝寺に行く前にイオン(笑)に行って、Tシャツを買いました。もう一枚、上着の中に着たかったんですよ。

 服屋のレジのお兄ちゃんの訛りがキツかったなあ。でも、訛りを聞くと、旅行に来たんだなあって感じがして良いですね。

 イオンから、新参道を通って新勝寺に向かったのですが、お寺に近づくまでは、新参道には、特に何もありませんでした。残念。

 お寺に着いた段階で、すでに昼刻をまわっていたので「成田山と言えば“うなぎ”」と言うわけで、某老舗店でうな重を食べたのですが…ううむ、うなぎがクチに合いませんでした。おそらく、たまたま入った店がダメだったんだろうと思うけれど、ふと脳裏に「名物にうまいもの無し」というフレーズがよぎりました。せっかくの昼食なんだし(観光地価格で)すごく高価な食事なんだから、ちゃんとしたモノを食べたかったなあって思いました。ああ、残念。

 新勝寺は、実に大きくて立派なお寺さんでした。建物にせよ、仏像にせよ、絵画にせよ、彫刻にせよ、美術品としても、一級品だなあって思いました。お寺って、宗教施設であると同時に、美術館であり、博物館でもあるんだなあって思いました。

 お寺には池のある寺が多いのです。新勝寺にも大きな池がありましたが、この池が本当に大きくて良かったです。と言うのも、お寺の池って、鯉がいる事が多いのですが、たいてい池には、やたらと大きな巨大鯉ばかりがいて、小さな子どもの鯉って滅多にいないのです。おそらくは、生まれても池が小さくて成長できないのだろうと思うのです。しかし、新勝寺の池はとても大きいので、小鯉がたくさんいたんですよ。大きなオトナの鯉もいれば、小さな子どもの鯉もいて、なんか見ていてうれしくなりました。

 お寺を出てからの帰り道は、表参道を通って駅に向かいました。表参道はいいですね。特にお寺に近いところは風情があっていいです。漬物屋に行って、豆屋に行って、漢方薬屋に行って、蜂蜜屋に行って、和菓子屋に行って、アクセサリー屋に行って、せんべい屋に行って、外人向けの日本土産屋に行って…ああ、楽しかった。行きは新参道を通ってきた私達でしたが、行きも帰りもこの道の方が、絶対に楽しいと思いました。

 帰りの電車は千葉止まりだったので、せっかくだから千葉で下車して、千葉観光をしようと思ってググッてみても、千葉駅周辺ではめぼしい観光名所がヒットしませんでしたので、千葉からモノレールに乗って、ポートタワーに行きました。

 ポートタワーは高かったです。展望室からは港が一望できて、天気が良ければ、見晴らしも良くて楽しかったろうなあって思いました(タワーに登った日は、そんなに天気が良くなかったのです)。それにしても、千葉って、農業県のイメージがあるけれど、千葉市は都会なんだなあ…って思いました(政令指定都市だもんな、そりゃあ当然か)。

 ポートタワーからは千葉駅に戻らず、京葉線の千葉みなと駅に行き、そこから東京に向かい、一度上野出て、東海道線に乗って帰りました。なぜ、東京駅で東海道線に乗らなかったのかと言うと、東京から乗ると座れないから(笑)です。以前の東海道線は、東京始発だったので、東京から乗っても間違いなく座って帰れたのですが、今は上野東京ラインとかに変わって、東京から乗ったのでは座れなくなってしまったので、ひと駅戻って、上野から乗ったわけです。上野から乗っても、タイミングが悪いと座れないのですが、東京から乗るよりも、座れる確率はグンと上がるので、疲れている時は、迷わずに上野まで行って、電車に乗るようにしているからです。

 ああ、昔の東海道線が懐かしいです。

 日帰り旅行だったけれど、楽しかったです。

蛇足 成田山付近の花粉は強力でした。いやあもう、成田に着いた途端、鼻は垂れまくり、ノドは腫れ上がり、涙は流れっぱなしとなりました。花粉症の薬を飲んで、マスクをしているにも関わらずですよ。湘南地方の花粉とは、ちょっと種類が違うのかしらねえ。いやあ、キツかったキツかった。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ここ数日、音を出していない(涙) | トップページ | アルタスの“25周年記念特別仕様・限定モデル”を見てきた »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ここ数日、音を出していない(涙) | トップページ | アルタスの“25周年記念特別仕様・限定モデル”を見てきた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん