ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 毎度毎度の話ですが、腹筋を強くしないといけません | トップページ | 体験レッスンで知りたい事 »

2016年3月16日 (水)

アイで力まない

 さて、声楽のレッスンの続きです

 まずは、トスティ作曲の「April/四月」です。

 私の一般的な特徴として“i”で力むという癖があるようです。まあ“i”の発音が苦手とも言えるわけですが、苦手なら苦手を意識して、余計に楽に“i”を発声しないといけないわけなんです。

 例えば“O mia gentil, su prati'n fiole!”なんて箇所は、上昇音形なので、いちいち“i”を力んで歌っていたら、絶対にうまくいかないわけです。力むのは、根本的には腹筋の弱さが原因だけれど、それだけなら他の母音でも同じ事です。特に“i”がダメなのは“i”の時に息を飲み込んでしまいがちだからです。息を飲み込まずに、しっかり息を吐き出さないといけないのです。とりわけ上昇音形ならば“i”の時でも、グイグイ腹筋を使っていかないといけないわけです。そのためには、腹筋のパワーだけでなく、スピードも必要なわけです。

 つまり、腹筋に俊敏性が求められるわけです。ああ、つまり私の腹筋は、ひ弱なだけでなく、トロいってわけです。ああ、ああ。とにかく、弱くてトロい腹筋をどうにかしないと、上手く歌えるようにはならないって事ですが…これは一朝一夕でどうにかなるものではないので、時間をかけて解決していかないといけないのです。頑張ろ。

 次は、ヴェルディ作曲の歌劇「リゴレット」の中のテノールアリアの「Quests o quella/あれかこれか」です。

 「あれかこれか」どころか、あっちもこっちも上手く歌えないのです。とりわけ頻繁に出てくる“C-E♭-A♭”というフレーズが、どうにもうまく歌えないのです。しかし“E♭-A♭”というフレーズなら、なんとか歌えるわけで、フレーズの頭にCが付くか付かないかで、こんなに歌いやすさが変わるものなんですね。いやいや“C-E♭-A♭”というフレーズでも“C,E♭-A♭”という感じで、Cで一度フレーズが切れてしまえば歌えるわけなんです。

 ですから“C-E♭-A♭”を歌うためには、真ん中のE♭を意識して、この音をしっかり歌う事でA♭へのジャンプアップが可能になるわけです。実際“C-E♭-A♭”を失敗する時は、A♭を意識するあまり、E♭で息が失速しているのです。音程の跳躍があると、高音の手前で、息が失速するのは、私の悪い癖なのです。“C-E♭-A♭”のフレーズは、私にとって“C-A♭”の跳躍のように感じてしまって、無意識に間の“E♭”で息が失速するわけです。意識を変えて“E♭”をしっかり歌って“C-E♭-A♭”のフレーズを“E♭-A♭”として歌えれば良いわけです。

 そのためには、音程の跳躍にも怖れない勇気が必要なのですが…。

 “la constoro avveneze e qual dono”でのスラーの歌い方を注意されました。この箇所では、腹筋はもちろんだけれど、背筋もしっかり使って、息をたっぷりと後ろにまわして歌う事で、スラーが表現できるのだそうです。つまり、しっかり背中を使って歌おうって事です。フルートなら、息を出し続けることでスラーを表現できますが、声楽では背筋を使って歌うことで、スラーを表現するわけです。難しいね。

 でも、この背筋を使って歌う方法は、高音発声にも応用が効くそうですから、腹筋のみならず背筋も鍛えていかないといけないわけです。

 しかしA♭が、ほんと、楽に歌えるようになったなあ…。ちょっと前までは、Gが精一杯だったから、ほんとうれしいです。

 今回のレッスンでも、このアリアは一番でお終い。カデンツァは例によって後回しとなりました。カデンツァにはB♭があるんだよね(汗)。実用最高音よりも全音も高い音が待っているわけで…。ああ、頑張らないとなあ。

 さて、次回のレッスンから…ボエームに突入しても良い事になりました。つまりは、私の譜読み次第で、次回もこれらの曲をレッスンしてもらうか、さっそくボエームに突入するか…決めないといけないわけです。

 少しずつは音取りを始めないといけませんが、なにぶん、曲も大きくて長いんですよね。さて、次回のレッスンはどうしましょうか?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 毎度毎度の話ですが、腹筋を強くしないといけません | トップページ | 体験レッスンで知りたい事 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎度毎度の話ですが、腹筋を強くしないといけません | トップページ | 体験レッスンで知りたい事 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん