ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 器楽の人は楽器を持っていないと音楽はできないけれど… | トップページ | アイで力まない »

2016年3月15日 (火)

毎度毎度の話ですが、腹筋を強くしないといけません

 声楽のレッスンに行ってきました。

 とりあえず、発表会で歌う『ラ・ボエーム』の概要が決まりました。どこを歌って、どこをカットするかという話です。概要が決まったので、ボチボチ台本に着手しないといけません。まあ、いわゆる春休みに台本を書いてみようと思ってます。実は春休みって、普段よりもカラダは忙しいかもしれませんが、気持ち的にはゆとりが生じるので、気持ちのゆとりがあるうちに、バババババ~っと台本を書いちゃおうと思ってます。

 台本は台本として、私が本番として歌うのは、最初と最後の部分となる予定です。つまり男声四重唱の部分と、フィナーレの部分のロドルフォね。私の実用音域での最高音はA♭ですが、四重唱ではAが、フィナーレではB♭を使います。実用音域よりも高い音なのですが…気合を入れて頑張って歌うつもりです(汗)。まあ、なるようになるでしょう。

 私が歌わない部分のロドルフォは、プロ歌手の方にお願いする事になりました。つまりロドルフォは、私とプロの方の共演って事になるわけで、当然、私はプロの方と比べられてしまうのですが…歌唱力も体型も若さも演技力も負けるわけですから、もう開き直るしかないわけです。まあ、音楽は勝ち負けじゃないからサ(汗)。

 さて、発声練習です。注意するのは、毎度の事ですが、開きと支えです。ノドを開く、ノドを開けば音程が下がる、音程が下がらないようにしっかり息を支える、息の支えが足りないとノドが閉まってしまう…という連鎖を意識しながら、ノドを開いて、息を支えて、発声するわけです。

 考えてみると、単純なメカニズムなんです。ノドを開き続けるために支えが必要。支えだ足りなければノドが閉まるか、あるいは音程がぶら下がるだけなんです。ノドが閉まれば音色が変化します。音程がぶら下がれば音痴になるだけです。だから、支えは大切。逆に言えば、支えが十分でないと、ノドを開くことはできないのです。

 今思えば、私がキング先生のところで歌を学んでいた時、散々、音程がぶら下がっていると注意されつづけ、音叉を購入させられて、常に音叉の音を聞かされていたけれど、ありは全くの無意味な行動だった事が、今となっては分かります。必要な事は、音叉の購入ではなく、腹筋の強化だったわけです。以前の私の音程がぶら下がっていたのは、単純に息の支えが弱く、その分をノドや首や肩で支えていたためだったわけで、直すべきは発声方法だったわけです。

 先生を変えて、本当に良かったと思ってます。

 今回、久しぶりに注意されたのは、チェンジの事。声のチェンジが早すぎますねと言われました。チェンジ…デッキングとかパッサージョとも言われるアレですが、私はそのチェンジのタイミングがちょっとばかり早いので、なるべく声をチェンジするのを我慢して歌いましょうって言われました。で、どこまで我慢するのかと言えば、高いAまで。そこまで声をチェンジさせないで歌うと、その上の音が楽に発声できるようになる…と言うのです。

 ううむ、以前も注意されたなあ…と思って、過去ログを漁っていたら、三年前の「チェンジ再び」という記事であれこれ書いてましたね。いやあ、過去ログも役にたつものです。

 しかし、この三年間で音域が半音しか広がっていない事実は、ちょっとばかり腰砕ける事実だねえ…。まあ、この段階では、Y先生に師事し始めて半年ですから、まだまだダメダメな私だったし、キング式の発声法から抜け出せていなかったんだよね。

 三年前に考えたやり方で、概ね正解だろうと思うけれど、ちょっと気をつけないといけないのは、息の量です。三年前は息の量に関しては無頓着だったけれど、今は息の量は少なすぎてもいけないけれど、多すぎてもいけないと思ってます。つまりは、適量を守る事が大切だという事に気づきました。

 高音を発声する時、ついつい頑張って、息を強めの多めで出すわけだけれど、これってノドを痛める原因でもあるわけです。高音発声では、息のスピードは必要だけれど、量はそんなに多くなくていいのです。それを可能にするには、腹筋の強さが必要で、腹筋が弱いと、息のスピードを速くしようとすると、それに伴って大量の息を吐いてしまうわけです。そこを我慢して、適量の息だけで、息のスピードを上げようとするなら、そこはかなり腹筋が働かないといけないわけです。

 つまり、私が高音のないテノールである理由は、腹筋が弱いから…とも言えます。ああ、腹筋を強くしないとなあ。反省、反省。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 器楽の人は楽器を持っていないと音楽はできないけれど… | トップページ | アイで力まない »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

喉を開けるのは、確かにMUSTなのですが、A(ア)なんかは、ボケっと喉を開けると音は当然下がります。
上の奥口蓋を上に上げなきゃダメですよ。
a,e,i,o,uと一音でやって、違いを感じるのが良い練習法です。
息を吸って吐く練習は、仰向けに寝て、背中の息の動きを意識しながら
やると、全然違います。
トライしてみて下さい。
高音は、体を半分に曲げて、口を閉めて、ハミングしてみて下さい。
軟口蓋の上から頭に当たる所があります。
体を戻して、そこを天井にする感じで声を優しく当てると、ちゃんと出ます。
頑張って。

おぷーさん

>a,e,i,o,uと一音でやって、違いを感じるのが良い練習法です

 演劇の人がよくやってますね。母音の訓練(ってか滑舌の訓練?)には良いのかもしれません。取り入れてみます。

>上の奥口蓋を上に上げなきゃダメですよ。

 この感覚がよく分からないのですよ。たぶん、ここが私の壁なのかもしれません。どうすればいいのか、そこがつかめれば、だいぶ違うはずなんですが…。

>高音は、体を半分に曲げて、口を閉めて、ハミングしてみて下さい。軟口蓋の上から頭に当たる所があります。体を戻して、そこを天井にする感じで声を優しく当てると、ちゃんと出ます。

 なるほど、よく高音を発声する時に、頭を前に倒してアゴを引いて出す人がいるけれど、あれはこれの応用なのでしょうか? とても良いヒントをありがとうございます。頑張って身につけられるように集中して訓練してみます。

 いつもいつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 器楽の人は楽器を持っていないと音楽はできないけれど… | トップページ | アイで力まない »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん