お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 頭の中は、日本、イタリア、ドイツ、アメリカ? | トップページ | 歌手と笛吹き、気質の違い »

2016年2月11日 (木)

押した声で歌わない

 よく声楽のレッスンでは「押した声で歌わない事」あるいは「声を押さないで」と注意されると思います。私の場合、キング先生の元で学んでいた時は、そういう注意を受けなかったけれど、Y先生に変わったばかりの頃は、よく注意されていました。

 注意されて思う事は「声を押すって、どういう事?」です。声って物じゃないから、押すに押せないよね。

 もちろん「声を押す」というのは比喩表現であり、一種のオカルト表現ですが、声楽界では割と普通に使う言葉のようです。そこで、私が注意された状況などを踏まえながら、その内容について考えてみました。

 私の場合、だいたい注意されるのは、高音を歌っている時とか、高音へ行こうとしている時です。そういう時の私の状態を考えてみると…ノドに力が入っている事が多いです。それも多少の力ではなく、過度の力が入って、声がやや割れている事もあります。つまり、ノドに力が入りすぎて、その結果、過度にノドが閉じてしまい、閉じたところから呼気の勢いで無理やりに出した声(苦しげな声に聞こえます)の時に「声を押している」と言われるのだと思います。

 また、吐く息が多すぎたり、強すぎたりして、力づくになっていて、ノドが息に負けている時も、声が割れてしまい「声を押している」と言われがちです。

 声が強いのは良い事ですが、強い事ばかりが目立ち、響きの感じられない直進的な声を出している時も「声を押している」と言われます。

 あと、呼吸が浅い人っているじゃないですか? そういう人が歌うと、やっぱり「声を押している」ように感じます。本人は一生懸命歌っているのですが、呼吸が浅いために、どこか発声に無理があって、そんな感じに聞こえるんだと思います。

 呼吸が浅いと言うのは、カラダの上半身のさらに上の方の部分を重点的に使って行う発声で、いわゆる胸式発声とかそれに類する発声がそうなんだと思います。そういう発声で歌われちゃうと、実に聞いていて苦しげに感じます。

 まあつまり、押した声と言うのは、美しくないわけです。で、美しくない方向が『苦しげ』であったり『乱暴』であったり『割れた声』であったりすると、押していると言われるようです。

 逆に、押していない時の声は…私の場合は必ずしも“美しい声”というわけではないのかもしれませんが、それでもノドが息の流れを邪魔せずに、息が軽々と声に変換されて、楽々と歌っているように聞こえる時の声です。

 ふーむ、なるほど。楽に声を出しているから押さずに済んでいるのか、あるいは押しているから楽な声には聞こえないのか…その因果関係はよく分かりませんが、押した声は発声する側にすればシンドい発声であり、聞いている方からすれば気合が入った声(で不快に感じる声)って事になります。

 となると、高音を出そうとして出しきれずに、怒鳴り声になってしまう人(アマチュア合唱団のテノールに割といるタイプですね)も、声を押している人って事になるだろうし、歌の経験の少ない初心者の方が胸式発声で歌うのも、みんなみんな、押した声で歌う人って事になるのかもしれませんね。

 私の場合は、会場が広かったり、デッドの会場で反響が無かったり、野外だったりすると、たいてい、声を押してしまうようです。また、伴奏にボディのデカいグランドピアノが用いられていたり、腕の良いピアニストさんが伴奏してくれたりと、ピアノの音量が大きめな時、ピアノに負けないように無意識に頑張って、声を押してしまう事もあるようです。

 体調が悪い時、とりわけ、ノド風邪をひいている時も、声を押してしまいます。

 逆に、声を押さないで歌っている時はどんな時なのかと考えてみると…モーツァルトを歌っている時でしょうね。とにかく、押すどころか、ちょっとでも過度にノドに力が入った途端に、歌えなくなるのがモーツァルトですから(笑)。そういう意味では、私がモーツァルトを学ぶ理由というのは、大いにあるのだと思います。

 なるべく、声は押さずに、流れるように歌いたいものです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 頭の中は、日本、イタリア、ドイツ、アメリカ? | トップページ | 歌手と笛吹き、気質の違い »

コメント

自分の調子を崩さないで、伴奏なんかに惑わされないで、伴奏付いてこーい!で歌って下さい。
自分が一番大事!です。

おぷーさん

 そうなんだけれど…私、こう見えて、結構“気が弱い”んですよ、信じてもらえないかもしれないけれど(笑)。伴奏に負けちゃう事もしばしだし、デュエットをすれば相方に負けちゃうし、合唱なんて連戦連敗な私です。もう少し自分をきちんと強く持っていないものだなあと、いつも思っています。

 だからでしょうが、常に「負けちゃいけない」という気持ちもあって、それが歌う時に悪い方向に作用すると、声を押しちゃうんだろうと思います。

 分かっちゃいるけど、やめられない。そんな弱い私です…が、いつまでもそうであってはいけないわけで、気持ちを強く持たないといけないと、自分に言い聞かせるのでした。
 それ以前、音楽なんて、勝ち負けじゃないんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭の中は、日本、イタリア、ドイツ、アメリカ? | トップページ | 歌手と笛吹き、気質の違い »

フォト
無料ブログはココログ