ひとこと

  •  ああ、楽しい。楽しすぎる。8月に入って以降の私のプライベートライフが楽しすぎる。楽しすぎて楽しすぎて、ちゃんと社会生活に戻れるかどうか、とっても不安。ああ、本当に楽しすぎて、人間、ダメになりそう…。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« テオバルト・ベームさんには、足を向けて寝られない | トップページ | 時間が流れる速度は、人皆それぞれに違うものだ »

2016年2月20日 (土)

今年の冬も、やっぱりヒーターは使わない

 当然ですが、金魚水槽の話です。

 金魚に限らず、魚類は変温動物です。水温が高ければ行動的になり、水温が低ければ活動が不活発になります。それぞれの魚にはそれぞれに適した水温があり、そこから外れれば外れるほど、生きるのが大変になり、飼育が困難になります。

 金魚の適温は、一般的には17度だと言われています。日本で言えば、春や秋の水温が、その程度です。しかし問題は、日本には四季がある事です。夏になれば、水温は30度近くになり、冬になれば、水温がどうのこうのではなく、池に氷が張ってしまうほどの寒さになります。

 それほど寒暖の差が激しい我が国ですが、それも金魚は、さすがに日本国内でも普通に繁殖されて販売されているくらいですから、日本の厳しい自然環境にも十分適応しているし、実際に屋外飼育の金魚は、それらの環境の中でも頑張りますが、室内飼いの子たちには、真夏と真冬の水温は、やっぱりきびしいです。

 普段から、たっぷりと甘やかされているからね~。

 私も以前は、真冬になると、水槽に金魚用のヒーターを入れて、水温の維持を心がけていましたが、最近はヒーターの使用をやめています。理由は、室内飼いなので、戸外ほどは室温が下がらない事と、老朽化したヒーターの水槽への投入は漏電が怖くてできない…のです。

 まあ、実際問題としては、ヒーターを入れなくても、そんなに水温が下がらなかったから入れなかった…とも言えます。

 ところが、今年は暖冬にも関わらず、結構水温が下がるんですね。で、あんまり下がって、金魚たちが冬眠よろしく、水底でゴロンと活動停止してしまうという状況が何回か見られました。

 「いよいよ、水槽にヒーターを入れないといけないかな?」

 そう悩みだした時に、ふと思いついて、LED電灯をやめて、以前使っていた旧式の蛍光灯に変えてみたら…みるみる水温が上がり始め、真冬でも適切な水温を維持できるようになりました。いやあ、蛍光灯って、思ったよりも放熱していて、簡便なヒーター代わりになるんですね。

 なので、冬は発熱する蛍光灯、夏は熱の無いLEDにしようと思った次第です。

 ちなみに、水槽の電灯を蛍光灯に戻したら、金魚たちがより可愛く見えるようになりました。蛍光灯とLEDでは、電灯から出てくる光の質が違うので、蛍光灯(特に観賞魚用の蛍光灯)では、本当に金魚が美しく見えるんです。そこへいくと、LEDの光ってつまらないんですよ。一応、観賞魚用のLEDを使っているんですが、金魚の色が浅くて、つまらなくしか見えないんです。

 その違いは、化粧顔とスッピンの違いぐらい、極端に違うんですね。

 発熱しない蛍光灯があったら、いいのになあ…。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« テオバルト・ベームさんには、足を向けて寝られない | トップページ | 時間が流れる速度は、人皆それぞれに違うものだ »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テオバルト・ベームさんには、足を向けて寝られない | トップページ | 時間が流れる速度は、人皆それぞれに違うものだ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん