ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 歌手と笛吹き、気質の違い | トップページ | たぶん問題は、労働時間が長いことなんだと思う »

2016年2月13日 (土)

金魚には満腹感なんて無い!

 金魚には満腹感というものが無いと言うのは、知る人ぞ知る有名な話で、そもそも金魚には胃袋というものが無いんだそうです。

 我々が満腹を感じるための条件には二つあって、一つは血糖値の上昇であり、もう一つが胃袋が満たされる事です。この二つが同時に成り立った時に、始めて満腹を感じるわけです。

 ですから、お菓子を食べると血糖値は大幅に上昇しますが、胃袋を満足させるほど大量に食べるわけではないので、お菓子で満腹感は感じづらく、そのためダラダラと食べ続けてしまい、お菓子で胃袋を満たすほど食べてしまった時は、明らかなカロリーオーバーとなり、人によっては、血糖値が上がりすぎてしまう可能性すらありえます。お菓子って怖いですね。

 また逆に、こんにゃくダイエットとか、キャベツダイエットなどの、糖分や炭水化物の極端に少ない食材を大量に食べて胃袋を満たしてダイエットするという方法もありますが、これらが失敗しがちなのは、胃袋を満たしただけでは、満腹感を感じる事ができず、たくさん食べた割に、やはり何となく食べ足りなさを感じてしまい、やがて他の料理を食べてしまって、結局ダイエットに失敗してましうという事があるのも、そんなわけです。

 血糖値を適度に上げ、胃袋を満たして、充実した満腹感を得られるわけで、そのどちらか片方だけではダメなんです。

 で、金魚です。金魚には胃袋がありません。エサを食べたら、食べたそばから腸に送られて、やがて消化されて排泄されてしまいます。胃袋がないので、胃袋を満たす事ができず、満腹感がありません。その結果、金魚の食欲は、それこそ底無しの食欲なのです。

 ですから金魚ってヤツは、エサを与えたら与えただけ食べてしまいます。満腹感が無いので、いつでも、いつまでもエサをねだりつづけて、食べ続けます。エサをねだる、その姿に負けてエサを与え続けると、過食状態になってしまいます。

 過食状態になると、人間なら肥満体になりますが、魚類の場合は巨大化します。魚体は一度大きくなると、小さくなることはありません。つまり、魚の世界にはダイエットというモノがないのです。一度大きくなった魚体を維持できるほどのエサがなくなれば、もちろん多少は痩せますが、それにも限度はあるので、割と簡単に餓死してしまいます。

 また過食状態になって、一度に大量のエサを体内に取り込むと、消化が間に合わず、それが原因で腸閉塞とか腸捻転などになって死んでしまいます。

 どちらにせよ、エサのやり過ぎは金魚の寿命を縮めるわけです。

 金魚は自分たちで食欲をコントロールできるタイプの生き物ではないので、そこのところは飼い主がきちんとコントロールしてやらないといけません。

 でも、金魚にエサをあげるのって楽しいんだよね。特にエサをねだられると、うれしいんだよね。で、ついついエサをあげちゃうわけだけれど、それがいけないんですよ

 ウチもエサやり係を私がやっていた時は、みんなみんな巨大化してしまって大変でしたが、最近は妻がエサやり係をやるようになりました。妻はきちんとエサを管理しながら与えているので、今の子たちの巨大化へのスピードがゆっくりとしています。まあ、それでも、巨大化そのものはしているわけです。だって金魚たちって、人間がエサを与えなくても、勝手に水草とかタニシとかエビとか食べているからね。

 本当は、金魚水槽に金魚のエサになるようなものは入れてはいけないのかもしれませんが…私はさすがにそこまでは踏み切れないんです。

 でもでも、金魚には満腹感が無いし、過食させてしまうと寿命が縮みますので、飼い主的には、エサやりは心を鬼にして、常に少なめにしないといけないのです。

 妻よ、頑張って金魚たちを巨大化させないでおくれ…よ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 歌手と笛吹き、気質の違い | トップページ | たぶん問題は、労働時間が長いことなんだと思う »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌手と笛吹き、気質の違い | トップページ | たぶん問題は、労働時間が長いことなんだと思う »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん