ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« さてさて、今年[2016年]の抱負でございます | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その2 「薔薇」 »

2016年1月 2日 (土)

素人の発表会でよく耳にする歌曲 その1 「理想」

 さて、今回の連載企画ですが「素人の発表会でよく耳にする歌曲 」というのをやりたいと思います。

 私の趣味の一つに「身も知らない人の発表会を聞きに行く」というのがあり、結構、あっちこっちの門下の発表会を聞くわけですが、それらの発表会でよく耳にする曲があります。それらの曲を紹介してみたいと思ったわけです。

 第一回目の今回は、トスティ作曲の「理想」です。「理想の女」という邦題もあり、一般的にはテノールの歌と思われていますが、発表会等では、よくソプラノさんたちが歌っていたりします。と言うわけで、今回はソプラノさんの歌う音源を貼ってみたいと思います。歌っているのは、ジリアン・ザミットで、彼女はトスティの歌曲でアルバムも発売しているほどのトスティ歌いさんです。

 歌詞はこんな感じです。なお、この訳詞は、こちらのサイトのものです。

Io ti seguii come iride di pace
 ぼくは平和な虹のようなあなたを追いかけたのです
Lungo le vie del cielo:
 天国の道を通り抜けて
Io ti seguii come un'amica face
 ぼくは親しげなたいまつのようなあなたを追いかけたのです
De la notte nel velo.
 夜のヴェールの中を

E ti sentii ne la luce,ne l'aria,
 そしてあなたを感じました、光の中に、大気の中に
Nel profumo dei fiori;
 花たちの香りの中に
E fu piena la stanza solitaria
 そしてこの寂しい部屋は満たされたのです
Di te,dei tuoi splendori.
 あなたに、あなたの輝きに

In te rapito,al suon de la tua voce,
 あなたに心奪われて、あなたの声の響きに
Lungamente sognai;
 私はずっと夢を見ていました
E de la terra ogni affanno,ogni croce,
 そしてこの世のすべての悩みも、すべての苦しみも
In quel giorno scordai.
 この日の中で忘れたのです

Torna,caro ideal,torna un istante
 戻ってください、大切な理想の人よ、ひとときだけでも戻って
A sorridermi ancora,
 もう一度微笑んでください
E a me risplenderà,nel tuo sembiante,
 そうすれば私に輝くのです、あなたの面影から
Una novella aurora.
 新しい夜明けが

Una novella aurora.
 新しい夜明けが
Torna,caro ideal,Torna,Torna,
 戻ってください、大切な理想の人よ

 歌詞の内容を見ると、男の歌となっています。しかし歌曲では、歌の主人公と歌手は同一人物でなくても良いのですから、別に女性歌手が男の歌を歌ってもマズイことは一つもありません。それにイタリア歌曲では大半の詩人が男性であるという事もあって、男性目線の歌詞が多く、歌曲の主人公の性別にこだわっていては、女性歌手たちの歌える歌曲に制限が掛かりすぎます。ですから、歌手と歌の主人公は切り離して歌うべきだし、聞くべきだと思います。

 とは言え、この歌の場合、テノール歌手ばかりが歌うので、聞く側もテノールでの歌唱に慣れているフシがあります。イメージとしては“男性歌手専門の歌曲”というイメージもないわけではないので、発表会などで女性が歌っているのを聞くと、正直、ドキッとしたりしますが…そこにこだわってしまうと、名曲揃いのトスティを女性歌手が歌えなくなってしまうし、聞けなくなってしまいます。そこはやはり『名曲は、男性が歌っても女性が歌ってもいいですね』という事にしておきましょう。。

 こんな感じで、今回の連載は続きます。しばらくはお付き合いのほど、よろしくお願いします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« さてさて、今年[2016年]の抱負でございます | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その2 「薔薇」 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さてさて、今年[2016年]の抱負でございます | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その2 「薔薇」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん