ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« キンメを食べに行って、思い出の確認をしてしまいました | トップページ | 拍子記号は分数じゃない! »

2016年1月26日 (火)

身も蓋もない話をします

 先日、某市民オペラ公演を見てきました。市民オペラと言うのは、恒久的なオペラカンパニーではなく、NGO的だったりNPO的だったりする団体が、オペラを安価な費用で制作して上演しているヤツを言います。なぜ“市民オペラ”と言うのかと言いますと、上演に際して市民(つまり、地元のアマチュア音楽家たち)の参加が前提で企画されているからです。なぜ市民の参加が前提となっているのかと言えば、地域振興と経費節約と集客力アップの3つが目的だったりするわけです。まあ、とにかく出演者や裏方に、市民を大勢採用して行うので“市民オペラ”というわけです。

 市民オペラにも色々ありますが、一般的なケースで説明すると、演出家と指揮者と主役陣の歌手たちはプロで、これは主催者がオファーして決めます。オーケストラや合唱団、裏方の一部は市民たち…つまり、アマチュアとボランティアにお願いします。で、脇役の歌手たちは、オーディションで選ばれる事が多いです。オーディションですから、プロの方もいれば、セミプロやアマチュアの方もいて、実力的には千差万別ですが、一応最低基準はクリアしているという事になってます。

 そんなわけで、市民オペラというモノは、外国の歌劇場の引っ越し公演はもちろん、二期会とか藤原歌劇団などのオペラカンパニーと較べて、安価なオペラ公演として実現するわけです。

 安価は大切です。なにしろ、オペラって、普通に上演すると、チケット代が高価…と言うか、バカ高いですから、少しでも安価ならば、それだけ多くの人に気軽に見てもらえるわけだし、それがひいてはオペラの普及にもつながっていくわけです。

 それはともかく、市民オペラと呼ばれるものは、地域振興とか経費節約とか集客力アップとかが念頭に置かれているのでは、時には、演奏の質的なモノには、あまり期待できない…と言うか、ある程度のところで妥協されているタイプのオペラ公演であると言うわけです。

 ですから、私が先日見てきた市民オペラも、実に色々ありました。

 いやあ、オーケストラは、実に音痴でした。最初っから最後まで、音外しっぱなしで、音がずーっとウネッていました。私のみならず、多くのお客さんたちが、露骨に嫌がってました。私の前に座っていた上品そうなお姉さまは、序曲などでオケがむき出しで演奏している時に、音を外したりすると、小さく舌打ちなされていましたくらいですからね。ほんと、お上品だこと。おそらく、チューニングの段階で、色々と問題があるオケだったと思います。

 合唱はバランスが悪かったです。ソリストさんよりも大きな目立つ声で歌っている合唱の方もいて、なんかハチャメチャでした。歌手たちのそれぞれの音程が合っていても、ハモらない音楽ってあるんですね。

 まあ、オーケストラにしも合唱にしても、上手では無い事は、当初からの織り込み済みの事項ですから(ホントは、あまり良くないけれど)まあ良い事にします。問題は、歌手たちの歌が良ければ、それで良いのですが…。だって、オペラは歌が命ですからね。

 主役をやっていた歌手の皆さんは、実に良かったです。素晴らしかったです。水準以上の出来栄えで、聞いていて納得です。問題は、オーディション組である脇役さんたちです。この脇役さんたちの力量に大きな差があって、ビックリですよ。

 まず、小さな会場だったにも関わらず、オーケストラに負けてしまって、声が観客席まで届いていない人がチラホラいました。また頑張って舞台で怒鳴っている(歌っている?)人もいました。本人は最大音量で歌っているつもりなんでしょうが、おそらくは側鳴りなんでしょうね。よく聞こえないし、声が全然響いていないんです。そんな人もチラホラいました。

 あと、実に立派な声で演技も歌唱も上手で良かったのだけれど、その役柄が老人役なのにも関わらず、歌手さんはロクに舞台化粧をしていないので、若さがむき出しで、あまりに若い容姿と若い声だったので、役柄とのミスキャストぶりが目立っていたり…と色々あったわけです。

 そんな脇役さんたも、パンフレットに記載されている経歴を見ると、立派な専門教育を受けたプロ歌手ばかりとお見受けされるのに、どうしてどうして、歌手としては残念な方もたくさんいました。

 「さすが市民オペラ、歌手の質も、ピンきりだね(笑)」なんて、最初はボーと思いながら聞いていた私ですが、オペラの途中で、ふと、ある事に気づいてしまいました。

 それは、歌声がきれいで立派な主役陣たちは、実はセリフ部分の話し声(そのオペラはレチタティーヴォが少なくて、アリアとアリアの間はセリフ劇で繋いでいくタイプのオペラだったんです)が、とても立派で美しいという事に気づきました。一方、脇役さんで歌声が貧相な方々は、セリフの部分の声もやせて貧弱で、貧相で音量が少なめで、よく聴こえなかったんですよ。

 つまり、歌声の素晴らしさと、話し声の立派さは、単純な比例関係にある事に気づいてしまったわけです。

 結果的に分かった事は、美しい歌声の歌手は同時に、美しい話し声の持ち主であったわけです。

 ああ、身も蓋もないって、この事だよね。

 歌声が美しい歌手は、元々の話し声が美しいわけだし、歌声が大きな人は、元々の話し声が大きいわけです。歌声がはっきりハキハキしている人は、話し声の滑舌もいいんです。

 つまり、持ち声の良い人が、良い歌手になっているってわけね。それって、才能の有無の問題であって、努力でどうにかできる範疇を越えているって事でしょ? ほんと、身も蓋もないわー。

 でもまあ、そんなモンだろうとは、以前から薄々とは思ってました。話し声がダミ声なのに、歌ってみたら、鈴を転がすような美しい声…になるわけないもんね。普段から全力で話していても、声の通らない人が、音楽ホール全体に響き渡るような声で歌えるわけないもんね。努力とか訓練とかの積み重ねで、多少はどーにかなる部分もないわけじゃないだろうけれど、やっぱり、持ち声の良い奴には敵わないって事です。

 才能で、結果の大半が決まってしまう…というのは、私的には、あまりうれしくない事なんだけれど、声楽の世界では、才能一発って部分が、やっぱり大きいんだろうなあって思った私です。

 でもね、じゃあ才能に恵まれていない人は、どうすればいいの?って話になるわけじゃない? ほんと、どーしたらいいんでしょうね。まあ、プロならば、歌手になる事を諦めるしかないだろうし、アマチュアならば、下手の横好きで行くしか無い…って事になるわけで、ああ、現実って、厳しいんだなあ…なんて事を、オペラ鑑賞をしながら、ふと考えてしまったわけです。

 何やってんだか(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« キンメを食べに行って、思い出の確認をしてしまいました | トップページ | 拍子記号は分数じゃない! »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

すとんさん
甘い、甘いw
発声ができている歌手さんは、話し声もよくなるのですよ(断言)
話し声も発声とともに進化しますから
どうぞ話し声がないから、と思わないでくださいね。

ミルテさん

 そういうモンなの? 私が見た脇役さんたちだって、若干の素人さんもいたけれど、大半の人は、ちゃんとした専門教育を受けて、どうやら小さな舞台によく出演していて、生徒さんなんかもいる人もいて、あれって、どう見ても“完成形”の方々なんだよね。あれが完成形なら、元の声なんて、実に貧相なモンでしょ…って思ったわけです。

 実際、脇役さんたちに限って言えば、プロの方よりも素人の方の方が好感持てましたし…。

 元の話し声がダメな人でも発声頑張れば、声が良くなるとしても、元々美声の人がさらに発声頑張れば、もっともっと良い声になるわけで、そりゃあ、いつまでたっても追いつかないし、差も開く一方だなって思ったわけです。

 まあ、そんな事を書きながらも、私自身は、歌をやめる気もなければ、あきらめる気持ちもなくて、美声であれ悪声であれ、自分自身の声で、歌い続けてやろうと思ってます。それこそ、発声がんばって、話し声も歌声も、両方とも素敵にしてやろうと思ってます。

 アマチュアだし、誰に迷惑かけるわけでもないしね。身も蓋もない事を書きながらも、私自身は、結構ポジティブだったりしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キンメを食べに行って、思い出の確認をしてしまいました | トップページ | 拍子記号は分数じゃない! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん