ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その3 「禁じられた音楽」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その5 「口づけ」 »

2016年1月 5日 (火)

素人の発表会でよく耳にする歌曲 その4 「喜ばせてあげて」

 私も発表会で歌った事のある、ベッリーニ作曲の「喜ばせてあげて」です。この曲も、やたらとアマチュアの発表会で聞く曲です。だって、美しいものね。

 私も歌いましたが、この曲は本来ソプラノのために書かれた曲なので、ソプラノで聞いてみましょう。歌っているのは、日本のソプラノの加地早苗氏です。

 ベッリーニという作曲家は、ロマン派の時代の作曲家で、オペラ的に言うと、ベルカントオペラの時代の作曲家で、代表作が「ノルマ」や「清教徒」「夢遊病の女」である事から分かるように、歌手の名人芸を聴かせる曲を多く書いた作曲家で、ベッリーニの作品は「歌うのに難しい」ものが多いのですが、この歌はその中では「優雅な月よ」と双璧の“ベッリーニの中では歌いやすい歌”なのが人気なんだと思います。

 いやあ、ほんと、ベッリーニって、歌うのに難しい曲が多いんですね。でも歌いたい…となると、この曲が選ばれるのだと思います。

 ベッリーニがどれくらい難しいのかと言うと、一般的にはオペラ・アリアよりも歌曲の方が歌いやすい曲が多いのですが、日本で販売されているベッリーニの歌曲集って、ながらく中声版しかなく、原調版がようやく最近になって発売されるようになったというくらいなんです。歌って、キーを下げると難しい曲でも、それなりに難易度が下がるのですが、中声版…つまりキーを下げた版しか、これまでは手に入らなかったという事からも分かる通り、ベッリーニって、歌曲と言えども難しいんですね。当然、ベッリーニのオペラ・アリアなんて、目が飛び出るくらいに難しいんで、日本では楽譜の入手すら、なかなか困難です。ま、普通の“オペラ・アリア集”には、まず入っていないくらいですからね。

 今回の歌詞は、このブログにもたびたびご訪問くださるヴェルヴェッティーノさんのところのモノです。

Ma rendi pur contento
 美しい私のあの女(ひと)の心を
della mia bella il cuore,
 喜ばせてあげてください。
e ti perdono, amore,
 たとえ私の心は楽しまなくとも
se lieto il mio non è.
 愛の神よ、私はあなたを許します

Gli affanni suoi pavento
 彼女の苦しみは私の苦しみよりも
più degli affanni miei,
 もっと気にかかります
perché più vivo in lei
 私は自分のうちに生きている以上に
di quel ch'io vivo in me
 彼女の中に生きているからです

 ブログの記事を書きながら、何度も何度もこの曲を聞いているのですが、ほんと、溜息が出るほどに美しい曲ですね。あと、ソプラノ向けに書かれた歌曲のはず(実際、メロディラインは、ソプラノさんにぴったり)ですが、歌詞の内容は、男性目線の歌詞ですね。なんとも不思議な気がします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その3 「禁じられた音楽」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その5 「口づけ」 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その3 「禁じられた音楽」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その5 「口づけ」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん