ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その6 「グラナダ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その8 「すみれ」 »

2016年1月 8日 (金)

素人の発表会でよく耳にする歌曲 その7 「猫の二重唱」

 今回の曲は、ロッシーニ作曲の「猫の二重唱」です。ほんと、アマチュアの発表会で二重唱と言うと、この曲とモーツァルトの「手紙の二重唱」がよく取り上げられます。

 この曲は、二匹の猫がニャーニャー鳴いているだけの曲なので、歌詞がありません。歌詞がないので、外国語が苦手な方でも歌える…というので、人気があるんだと思います。まあ、聞いていて面白い曲だと思います。

 この曲は、発表会等では、だいたいソプラノさん同士で歌っているモノが多いし、音域的にその方がネコっぽいくていいのですが、ソプラノとテノールでの二重唱も少なからずあります。と言うわけで、ここではソプラノとテノールの二重唱版のモノを貼りたいと思います。その方が両者の違いがよく分かりますしね(笑:いや、実際、ソプラノの二重唱ではそっくり同じ声[同じ門下なんだから当たり前?]の声で歌っている事も多くて、それでは聞き手にとっては、あまり面白いもんじゃないですからね)。

 歌っているのは、ソプラノは Branislava Podrumac で、テノールが Ljubomir Popović ですが、両者とも何とお読みするのでしょうね。二人ともセルビアの方で、お名前も当然セルビア語なので、私には読めません(汗)。

 歌詞がないので、訳詞もございません。

 私も何度か妻と、この二重唱を歌おうかと試みますが、今のところ、チャンスに恵まれません。見た目よりも難しいんですよ、この曲。特にあっちこっちにハモリ箇所があって、ハモるのが苦手な私には、ちょっとばかり気が引ける曲だったりします。しかし、歌詞の制約が無い分、設定に凝れるし、演技にも集中できるので、舞台向きの二重唱だったりすると思います。

 まあ、この曲はレパートリーに入れておいて損はないので、いつかは自分のモノにしたい曲です。

 でもネコの二重唱なら、この歌の前に、ロイドウェーバーの「キャッツ」の“マンゴジェリーとランペルティーザの二重唱 ”を歌う方が先かな?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その6 「グラナダ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その8 「すみれ」 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

初めて書かせていただきます。
一、二週間前に何か調べていて、こちらのブログを見つけて以来、毎日拝見しております。
私も声楽やヴァイオリン、ピアノなどが好きで練習しているものです。
今朝この二重唱の動画を六歳の娘に見せたところ、たいへん気に入ってしまい、何十回と聞いておりました。
上の動画から始まり、いろいろな歌手によるものを見たのですが、
こちらの演奏(https://www.youtube.com/watch?v=O5bJJviAX0c)を見たら、これ一筋で一時間以上繰り返し見ておりました。
その間ひさしぶりに(学校が冬休みのため時間が取れませんでした)自分の練習もすることができて助かりましたsign03
ありがとうございます。
これからも楽しみに拝読させていただきます。

leggieroさん、いらっしゃいませ。

 あの動画はなかなか良いですよね。実は私、ソプラノ同士の歌唱だったら、そちらを紹介しようと思ってました。と言うのも、ソプラノ同士ですが、それぞれがかなり個性的ですらね。二重唱って、違うタイプ同士で歌うから楽しい…って私は思ってます。双子のように同じ声で歌うなら、二重唱を歌う必要はない…なんていう乱暴な意見も持っていたりします(笑)。

>こちらのブログを見つけて以来、毎日拝見しております。

 このブログもずいぶん長く続いていますから、過去記事を読むのも大変でしょうが、一生懸命書いていますので、楽しんでいただけたら幸いでございます。

 今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その6 「グラナダ」 | トップページ | 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その8 「すみれ」 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん