ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 言葉の言い換えって、なんかスッキリしない[2016年1月第3週・通算1週] | トップページ | 何も加えない »

2016年1月18日 (月)

劇団四季のミュージカル『コーラスライン』を見てきました

 先日、当地の市民会館で催された劇団四季によるミュージカル『コーラスライン』を見てきました。

 いやあ、ほんと、出演者の皆さん、ご苦労様でした。ほんと、大変な舞台だと思います。1幕物のミュージカルで休憩時間がないのに、出演者の皆さんたち、ほとんど舞台に出ずっぱりだし、それもただ出ているだけでなく、始終踊っているわけで、よく体力が持つなあ…と妙な点を感心してしまいました。

 ミュージカルは、よく3つの要素、演技と歌と踊りで成り立っていると言います。客の立場で言えば、芝居と音楽とダンスの3つを同時に楽しむ事のできる複合芸能なわけですが、出演者には、良い俳優であり、良い歌手であり、良い舞踏家である事が求められます。

 たいていの作品は、この3つの要素が良いバランスに保たれていますが、今回の『コーラスライン』は、そうではなく、ダンスに偏ったミュージカルでした。とにかく、最初から最後まで、ずっと踊っているってイメージの作品だし、踊っているダンサーを見て感動するタイプのミュージカルなのです。

 もちろん、芝居も歌もあるけれど、正直、芝居に関して言えば、脚本と言うか、元々の物語が、ちょっとダメかなって思いました。だって、何か事件が起きるわけでもなく、ただダンサーたちが順番に自分語りをしていくという物語なんです。で、その物語が、貧乏自慢とか、ホモ差別とか、人種差別とか、ネグレクトとか…そういう暗い話なんです。「僕達マイノリティーですけれど、頑張って生きてます!」って感じの話。なので、私、物語には、全く共感できません。

 その上、そんな恵まれない人たちが目指しているのが、夢のあるポジションではなく、舞台で踊るだけの名もないバックダンサーだったりします。私、舞台とか物語とかって、本質的に夢々しいところだと思ってます。登場人物たちが、たとえ今、恵まれた生活をしていなくても、物語の中で色々な経験をして、最後は夢にたどり着き、幸せになるってのが定番でしょ。まあ、いわゆるハッピーエンドなんだけれど、この物語は、ハッピーエンドとは言えません。夢々しいどころか、闇で真っ暗なお話なんです。真っ暗なだけで、バッドエンドでもないのです。妙に不条理で現実風な味付けがしてあって、いかにも世紀末に作られた暗い話なんです。ミュージカルを見終えた時の後味が悪いんですよ。

 歌の方も、有名な“One”以外は、あまりパッとしない音楽ばかりです。その“One”だって、特に優れたキラー・チューンってわけでもなく、あの地味な音楽の中では、割とマシって程度の歌です。音楽的にはかなり寂しいミュージカルです。なので、ソングを歌い終えると、普通は拍手するものだし、一応観客の皆さん方は拍手をしていましたが、私はなんか拍手したい気分にはなれませんでした。拍手って、マナーとか、礼儀とか、お作法でするものではないと思っているので、なんかちょっと白々しい気分になりました。でも演者の皆さんは、一生懸命歌っていたわけで、白々しい気分の責任は演者ではなく、作曲家にあるって思いました。

 でも、ダンスはなかなかおもしろいです。とにかく、出演者全員が、舞台の端から端まで使って、物語の最初から最後まで踊っている…というイメージなんです。踊りを見るには、良いミュージカルです。特に群舞が多くて面白いです。ですから、この『コーラスライン』というミュージカルは、オペラよりもバレエに近いスタイルのミュージカルだと思います。

 踊りながら語り、踊りながら演技し、踊りながら歌うシーンもたくさんあります。ダンスを楽しめる人なら、かなり楽しいミュージカルと言えるでしょう。

 私の場合は…おもしろかったですよ。でも、私はダンスを楽しめるタイプの人間ではないので、正直、次はもういいかなって思いました。

 実はこのミュージカル、私、最初は映画版で知っていたんですよ。映画版『コーラスライン』って、私にはつまらない映画だったので、今回舞台版を見るにあたって、私は全然期待していなかったのです。期待はしていなかったけれど、せっかくだから見てみるか…その程度のノリでした。

 でも、舞台は映画とは全然違いました。舞台版は楽しいですよ、エンタメです。

 例えば、舞台も映画も基本的なストーリーは同じだけれど、舞台では群像劇として描かれた物語が、、映画ではキャシーを主役として、彼女に物語の焦点が合わせられます。まずはそこで好みが分かれます。私は主役を立てた事で、物語を追いかけやすくなった代わりに、薄まってしまったと思いました。

 舞台では、目の前でリアルなダンサーの肉体が踊ります。映画では、カメラ越しです。アップのシーンもロングのシーンもあるけれど、それゆえに、少しリアルから離れてしまいます。舞台では、舞台シーンしかありません(が、劇に集中できます)。映画は他の場面もたくさんあって、画面にもバラエティーがあります(が、気が散ります)。まあ、そんな感じ。

 しかし、このミュージカル。劇団四季ならではの演目だなあって思いました。ダンス中心の群像劇…これを演じられるのが劇団四季だと思います。日本の他のミュージカルカンパニーだと色々と厳しそうです。

 ほんと、返す返すも残念なのは、音楽の弱さと物語の暗さです。まあ、物語の暗さは諦めるにしても、音楽がもっともっと魅力的であったなら、本当に素晴らしいミュージカル作品になったでしょうね。だって、こういうスタイルのミュージカルって『キャッツ』も同じでしょ? どちらもストーリーは群像劇で、ダンス中心の演目でしょ。違いは、音楽の力の差。

 とは言え『コーラスライン』には“One”があります。世の中の多くのミュージカルには、ヒット曲の一つもないミュージカルも星の数ほどある事を考えると、“One”があるにも関わらず、『コーラスライン』の音楽は弱い…などと言う私は、強欲なヲタクなのかもしれませんね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« 言葉の言い換えって、なんかスッキリしない[2016年1月第3週・通算1週] | トップページ | 何も加えない »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉の言い換えって、なんかスッキリしない[2016年1月第3週・通算1週] | トップページ | 何も加えない »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん