ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その10 「初恋」 | トップページ | 池袋で遊んできた »

2016年1月12日 (火)

素人の発表会でよく耳にする歌曲 その11 「小さな空」

 今回の曲は、武満徹作詞作曲の「小さな空」です。日本歌曲集などには入っていない、楽譜の入手困難っぽい曲ですが、案外、この歌、あっちこっちで聞きます。結構、人気あるみたいですし、実際、良い歌だしね。

 この曲は、元々はTBSラジオドラマ『ガン・キング』の主題歌だったそうで、初演歌手はジェリー藤尾だったそうです。1962年の作曲です。どんなドラマだったんでしょ? まあ、そういう意味では、作曲家はクラシックの人だけれど、音楽としてはポピュラーソングだったわけです。

 YouTubeで検索すると、この曲、独唱曲としてよりも合唱曲としてアップされていて、なぜなんだろうと思ったら、1980年代になって、合唱曲にアレンジされて、今では合唱曲としても歌われている…ってか、合唱曲としての方が有名かも…って感じになっているわけです。ここではもちろん、独唱バージョン、メゾソプラノの波多野睦美氏の歌唱で聞いてみましょう

 合唱曲も何本か聞きましたが、やはりこの曲は独唱の方が寂しさがうまく表現されて、いいんじゃないかと思いました。とは言え、合唱曲を否定するつもりはありません。日本の合唱とか吹奏楽などの音楽は、演奏するための音楽であって、演奏する人が気持よく歌えることが最優先な種類の音楽である…と私は認識しているので、この曲の合唱版を歌うと、確かにメッチャ気持ちよくなるだろうと思いますので、合唱曲としても、当然ありだと思いました。ただ、聞く立場として言うなら、合唱よりは独唱かなって思うくらいです。

 武満徹と言うと、なにやらよく分からない現代曲ばかり書いている作曲家であると、私は偏見を持っていましたが、この曲に限らず、数は多くはないのですが、優れた歌曲もいくつか書いているんですよね。特に「死んだ男の残したものは」という曲は優れた楽曲だと思いますが…その詩の内容のあまりの重さに、到底私では歌いきれない曲だなあって思ってます。

 やっぱり日本歌曲って、歌うのが難しいなあ。

 次回から、通常運転に戻ります。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その10 「初恋」 | トップページ | 池袋で遊んできた »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

> 武満徹と言うと、なにやらよく分からない現代曲ばかり書いている作曲家であると

「小さな空」はNHK名曲アルバムの東京混声合唱団の演奏で初めて知りました。以前はここのサイトに過去の履歴がありましたが、今は見つかりません。独唱曲版、というのは今回初めて知りました。

小学生の頃、「未来への遺産」というTV放送があって、ハイデガーとかの引用と武満徹のBGMであちらこちらの遺跡を映していました。
CDが出たときすぐ買ってしまいましたが、この曲は今も大好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=vDxmIIP3z7o

遺作となってしまったフルート独奏曲のエア Airは口ずさんでしまうような曲です。こちらはC管しかないので、さらう予定はありません。
ニコレの最後のリサイタルは記憶に残っています。画像は別ですが。
https://www.youtube.com/watch?v=b7m72TJlzaI

そういえば先日ブーレーズが亡くなりました。
彼のハルサイについての「ストラヴィンスキーは生きている」は未だに全部は理解できていないので、スコア見ながら早めに決着つけたいところです。

補足です。

NHKの「らららクラシック」でも「小さな空」を扱っていました。カバちゃんは内声が器楽的な動きをしているので歌うのは難しい、とか話をしていました。

吉松と湯浅のコメントはメチャおもろいです。
http://d.hatena.ne.jp/mmpolo/20070514/1179089546

こちらもブラームスは大好きです。

tetsuさん

 武満徹氏は、現代作曲家の中では、比較的好きな作曲家です。と言うのも、彼の作る音楽には、かろうじてメロディがあるからです。本格的な現代作曲家だと、メロディが無い曲ばかりを書く人も大勢いますからね。そういう人の作品は、聞く気になりません。

>そういえば先日ブーレーズが亡くなりました

 そうですね、ご冥福をお祈りします。で、その直後に、デビット・ボウイが亡くなりました。私にとっては、そちらの方がショックです。1980年代前半のボウイの曲は、どの曲も私の魂に突き刺さります。悲しくて仕方ありません。

ブーレーズとデビット・ボウイの比較はできませんが、今日は70年代の(年はバレバレ)Heroesを聴きながら仕事していました。
https://www.youtube.com/watch?v=Fmw7gSDRnTA

ある範囲はyoutubeで簡単に拾えるところがすごいです。

tetsuさん

>ある範囲はyoutubeで簡単に拾えるところがすごいです。

 そうなんですよね、著作権とか軽く飛ばしちゃってるところがなんともですが(苦笑)。

 私もYouTubeを利用しますので、偉そうな事は言えませんが、YouTubeは利便性が高いメディアであるけれど、著作権者の懐には何も入らないのが欠点です。そこなんだよね、問題は。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人の発表会でよく耳にする歌曲 その10 「初恋」 | トップページ | 池袋で遊んできた »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん