ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« とにかく声に“響き”を付けていきましょう | トップページ | K先生のディナーショーに行ってきました »

2015年12月16日 (水)

お腹を使って歌う…結構疲れる

 声楽のレッスンの続きです。曲の練習に入りました。

 まずは、トスティ作曲の「Tormento!/苦しみ」です。前回のレッスンでは、なかなかお上手に歌えたそうですが、今回はそんなわけにもいかず、まだまだ歌の出来にムラがある私です。とにかく、ノドの奥を上下に開いて歌うんです。特に音程が高い音ほどたくさん開いて歌うんです。これは逆に言うと、メロディーの音程がさほど高くない場合は、あまりノドを大きく開く必要もなく、楽に楽に流して歌っていいのです。いやむしろ、あまり高くない音で大きくノドを開いてしまうと、高い音に行った時に、そこから開く余裕がなくなるので、ちょっと考えもの…みたいです。

 さて、楽に流して歌うと言っても、手抜きをするわけではありません。声の響きの上の部分だけでノドに負担をかけずに歌う事を指しています。つまり、ほとんど鳴りを使わずに、響きだけで歌う感じです。

 そして高いところは、思いっきりノドを開いて、なるべくノドを鳴らさずに、響きで歌います。高い音ほど、軽い響きを歌います。そのためには、しっかりと息を支えないといけないのです。

 結局のところ、歌を歌うなら、鳴りではなく響きを中心に発声していくべきなのです。

 ところが私の声は、高い音になるほど重くなり、鳴りを中心とした声になってしまうのだそうです。こういう声の使い方は、重量級の声の出し方であって、普通の人がこれをやってしまうと、高音は出ない(実際出ません)は、ノドを痛めてしまう(実際にキング先生のところで壊れかけました)はで、良い事なんて一つもないわけです。それでもその道を突き進むというのなら「それこそ茨の道だよ」と先生に言われました。

 私、茨の道を歩くつもりなんて、全然ないし(笑)。

 とにかく、そうやって、一曲の中で、気合を入れてノドを大きく開いて歌う部分と、楽に流して軽めに歌う部分があって、歌にメリハリをつけて歌うことが、表現的に良い事だし、歌っている側の戦略でもあるわけです。私はついつい「最初っから最後までクライマックス!」という感じで、全身全霊を込めて歌ってしまうのだけれど、これは歌の出来を見ても、歌い手にとっても、結果として良い事ではないわけです。ああ、熱唱型は必ずしも吉ではないのです。

 ま、それでも今回でこの歌は終了です。個人的にとても気に入った曲なので、ぜひレパートリーとして今後も歌い続けていきたいと思いました。ちょっと、根暗な曲なんだけれどね。

 で、次はモーツァルトが作曲した歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の中にあるテノールアリアの「Dalla sua pace la mia dipende/彼女こそ私の宝」です。

 この曲は、腹筋の力で歌う曲です。いわば“注射器を押す力”が必要となるタイプの曲です。高音への跳躍はすべて腹筋でグイとお腹を押して歌います。その“グイと押す”には時間が必要なので、その音になってからグイと押しても遅いので、事前にお腹をグイと押して、体内の圧力を高めておいて、その音に来たら、高めておいたその圧力を解き放して、跳躍した先の高音を歌うのです。難しいですね。

 この曲はずっとお腹を使って歌うので、曲の中間部あたりから段々腹筋が疲れてきて、お腹が動かなくなって、ノドで歌ってしまう箇所が二箇所あります。そこはフレーズの関係もあって、疲れた腹筋を動かす事ができずに、ついついノド声になってしまうのですが、そんな箇所での上手な歌い方も習いました。歌えない箇所の音符を前後に分割して、表(最初の半分)は普通に歌い、裏(残った半分)になった時は、“鳴り”はそのままにして“響き”だけを次の音程に先に持ち上げて歌います。つまり“鳴り”と“響き”を分割うわけです。例えば、メロディーが『A-B-C』という音程になっていたら、これを『“AA-AB”-“BB-BC”-“CC-CC”』という感じで歌うわけです。二つ並んだ記号の前の部分が“鳴り”で後の部分が“響き”を表現していると思ってください。“鳴り”と“響き”のそれぞれを別々にコントロールして歌うと、ノド声になりやすい箇所も、ノド声にならずに歌えます。つまり、声は“鳴り”だけでなく“響き”もあるので、それらを別々にコントロールすることが大切って事なんです。大切と分かっていても、実際に行うのは、難しいけど(笑)。

 ドナウディ作曲の「O del mio amato ben/ああ愛する人の」は時間切れでレッスンできませんでした。

 さて、レッスンの最後に、来月に行われる門下の勉強会(と言う名の新年会)の打ち合わせをしました。

 ようやくピアニストさんが決まったそうですが、いつものピアニストさんではないので、何を歌ってもいいわけではなく、事前に「この曲を歌います」と申請し、曲によっては楽譜を提出することになりました。つまり、ピアニストさんのレパートリーにある曲かどうかの確認と、レパートリーにない場合は、事前に練習をしたい…という事らしいです。まあ「当日譜面を持ってきてくれれば何でも良いですよ」と言って、お酒を飲みながら赤ら顔でどんな曲でも弾きこなしてしまう、いつものピアニストさんがすごいのであって、普通のピアニストさんなら、やっぱり練習は必要ですよね。

 ちなみに今回のピアニストさんは、歌のピアニストさんではなく、室内楽のピアニストさんなので、歌のレパートリーはあまり多くないのだそうです。ですから、ピアニストさんの手に余る曲は、F先生(元プロピアニスト、現プロオペラ歌手)がピアノを弾いちゃうそうです。

 さて、何を歌いましょうか? 今回は一人10分の持ち時間で2曲までという制限があります。一応、何を歌ってもいいという事になってます。別にレッスンをしていない曲でもOKと言われているので、レッスンで取り上げないようなタイプの曲を歌おうかと思ってます。

 一応、私の中では“定番のクラシック曲”は門下の発表会で、“無名だけれど名曲”は秋のクラシックコンサートで歌うと決めているので、新年の門下の勉強会(兼新年会)では“歌ってみたいけれど、レッスンでは取り上げないのでなかなか歌えない曲”を歌おうと思っます。具体的に言うと、ネオクラシック系の曲とか、クラシック・クロス・オーバー系の曲とか、ミュージカルのソングとか、古今東西のテノール歌手たちが歌っているポピュラー・ソングとか…ね。これらの曲は、キング先生ならばレッスンしてくださるし、発表会などでもOKなので、遠慮もいらないのですが、Y先生はこの手の曲のレッスンはしてくれないのです。「マイクを使って歌う事を前提に作曲されたモノは色々と違うからね」との事なので、ならば自分で学んでしまおうかと考えています。

 先生からは『オペラ座の怪人』や『メリー・ウィドウ』を薦められましたが『オペラ座の怪人』はキング先生のところで歌っているし『メリー・ウィドウ』だと何語で歌うか決心がつかないので、今回はバスだなあ。『メリー・ウィドウ』の原語はドイツ語だけれど、私はドイツ語は苦手だし、オペレッタというのは現地語で歌うのが基本なんだけれど、だからと言って、日本語で歌うもの、ちょっとイヤ(だって難しいし、こっぱずかしいじゃない)。先日、メトの上演を見たので、英語で歌うのもアリかなって思ってますが、まだちょっと決心がつかないし…まあ『メリー・ウィドウ』はいずれは歌うつもりだけれど、今回は別の曲でいいかなって思ってます。

 それにしても、こういう機会でもなければ、レッスンで取り上げないような曲を、なかなか独力でマスターしようなんて考えないし、いいチャンスだと思ってます。さて、どんな曲を歌いましょうか? こうやって悩んでいる時が一番楽しかったりするんですよね(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« とにかく声に“響き”を付けていきましょう | トップページ | K先生のディナーショーに行ってきました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とにかく声に“響き”を付けていきましょう | トップページ | K先生のディナーショーに行ってきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん