ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 先生から与えられる課題曲の難易度と、生徒の上達について考えてみた | トップページ | フルートがいつまで経ってもピカピカのままなんです(涙) »

2015年12月 3日 (木)

シネマ歌舞伎で「ヤマトタケル」を見てきました

 今年から隣町の映画館でシネマ歌舞伎を上映するようになったので、時折見に出かけている私です。シネマ歌舞伎は月イチで上映します。今月は、スーパー歌舞伎の「ヤマトタケル」を上映していました。

 スーパー歌舞伎とは何かと言うと、新作歌舞伎の一種で、歌舞伎の約束事ばかりにとらわれず、ミュージカルやストレートプレイの良い所も取り入れた“今っぽい歌舞伎”ってヤツです。演出も今っぽいし、セリフも現代語ですから、歌舞伎に慣れていない私なんかは、通常の歌舞伎上演よりも親しみやすかったりします。

 私が見てきたのは最初のスーパー歌舞伎である「ヤマトタケル」でした。初演は1986年でしたが、2012年に新橋演舞場で演じられたものを見ました。

 ストーリーとしてはヤマトタケル伝説を舞台化したもので、なかなか面白かったですよ。もちろん、歌舞伎なんだけれど、よく出来た日本語ミュージカルでもありました。芝居も衣装も化粧も派手で、全然リアルじゃなくて、そこがすごく夢々しくてよかったです。
 脚本と演出は、先代の市川猿之助こと二代目市川猿翁で、スーパー歌舞伎を考えて作り出した張本人さんです。

 主役のヤマトタケルこと小碓命(おうすのみこと)を演じたのは、四代目市川猿之助(昔の亀治郎)で、小碓命の兄である大碓命(おおうすのみこと)も演じていたので、一人二役であり、第一幕の小碓命と大碓命の乱闘シーンは、影武者との入れ替わりやら早着替えやらの連続で、なかなかおもしろかったです。あと、最後の最後に、お約束の宙乗りがあります(やっぱ、猿之助と言えば宙乗りだものね)。

 帝を演じていたのが、香川照之こと九代目市川中車でした。ちなみに映画の冒頭で、市川猿之助と市川中車の舞台挨拶(たぶん襲名披露)の映像が付いてました。

 私が特に目を見張ったのは、兄橘姫(えたちばなひめ)と、みやず姫の二役を演じた市川笑也です。この人、女形なんですが、私が今まで生の歌舞伎の舞台で見た女形や、シネマ歌舞伎で見た女形とは、ちょっと違うんです。

 女形というのは、男性俳優が女性役を演じるもので、男が女を演じるわけですから、色々と無理があるわけで、その無理さが歌舞伎鑑賞で大きな妨げになると私は思っています。

 私もこれまで、あまり数は多くないのですが歌舞伎を見ていて、芝居に夢中になっていても、女形が出てくると、途端に気持ちがスーーーと引いてしまっていました。だって女形って、違和感バリバリなんだもん、不気味なんだもん、気味悪いんだもん。いくら女の衣装を身につけて、所作を女っぽくしても、見た目はどうしても男性だし、声も男性だし、何をどうしても男性なのに、それを女性として認識しろって、そりゃあ無理だよね。でも、その無理を強いられるのが歌舞伎なんだと諦めていました。

 ところが兄橘姫を演じていた市川笑也は全然違うんですよ。映像の中の彼女は、女形ではなく、すっごい大柄な女性(笑)に見えるんですよね。なので最初は、普通の歌舞伎ではなく、スーパー歌舞伎だから、女優さんを使っているのかな?と思ってしまったくらいです。まあ、映画ですからアップのシーンがあって、その時に首筋を見た時に、女の首筋ではなく男の首筋だったので「ああ、やっぱり女形が演じているんだ」と思ったものですが、舞台などでアップで見られない状況だったら、最後の最後まで疑心暗鬼にかられたまま「女形なの? 女優なの?」と悩んでいたかもしれません。それくらい、女性に見えたんですね。

 なぜ、そう思ったのか? それはおそらく、声です。演じている時の声が、男性のファルセットでもなく、甲高い男の声でもなく、オカマの声でもなく、本物の女性の声のように聞こえました。男性でも、女性ホルモンを投与すると、こんな感じの声になるわけですが…まさか、女性ホルモンを投与しているとか(笑)。まあ、それくらい、耳で聞くと女性だったわけです。声が女性だったので、カラダつきが男性っぽくて、所作が女形女形していても、女性に見えちゃったわけなんです。

 演技にとって、声って大切なんだな。

 このスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」は、もうすぐ上映が終わってしまいますが、先代であり、この演目の脚本&演出家である三代目市川猿之助が主演したモノがDVD化されていますので、興味がある方は、そちらでご覧になれます。

 四代目と三代目、演じ方がどう違うのか、私も興味があります。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 先生から与えられる課題曲の難易度と、生徒の上達について考えてみた | トップページ | フルートがいつまで経ってもピカピカのままなんです(涙) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先生から与えられる課題曲の難易度と、生徒の上達について考えてみた | トップページ | フルートがいつまで経ってもピカピカのままなんです(涙) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん