ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 自営業って、基本的に“休み無し”って感じみたいですね | トップページ | 情緒ではなく事実で語ってもらいたい »

2015年12月12日 (土)

クチに栓をしています

 毎朝、人間が起きて、金魚たちがいる居間に行くと、金魚たちは「さあ、ごはんをおくれよ」と大騒ぎをします。それはそれは大騒ぎをします。なにしろ、金魚たちにとっては、その日のハイライトがエサの時間なんですから、五匹の金魚たちが我先にエサを求めて大騒ぎするのが、常です。

 そんなある日、例によって、朝になり、エサの時間になって、金魚たちが大騒ぎをしているのを見ていたら、その日は騒いでいるのが四匹でした。

 「あれ? 一匹、足りない…」

 黒デメキンのミドリがエサをねだっていないのです。金魚がエサをねだらない…金魚に食欲がないというのは、実はかなりヤバい事なんです。

 「どうした、どうした。具合が悪いのか?」

 ミドリは他の金魚たちと違って、よく水底に沈んで寝ている事が多い金魚です。水底に沈んで寝る金魚って、あまり元気とは言えない子なのです。元気な金魚は、水中に浮遊したまま寝るわけで、いつも水底に沈んでいる子がエサをねだらないとなると…飼い主的には、かなり心配になるわけです。

 で、さほど広くもない水槽の中にいるはずのミドリを探してみたら、水槽の奥の方で悠々と泳いでいました。でも、なんか変です。よく見ると、クチが小刻みに動いています。さらによく見ると…何かをくわえています。まるでクチに栓をされているかのように、まるで哺乳瓶をくわえている赤子のように、何かをくわえています。

 何をくわえているのか…じっーと観察をしていたら合点できました。くわえていたのは、タニシの中身でした。タニシの中身の奥の方をクチの中に入れ、タニシのフタの部分が、ちょうどミドリの口元に来ていたので、パッと見た感じでは、まるでクチに栓をしているように見えたわけです。

 タニシを一人で口いっぱいに頬張っている最中なら、そりゃあエサを食べには来ないよなあ…。

 でも、ちょっと心配しました。と言うのも、金魚には鼻がありません。彼らは基本的にクチ呼吸なんです。クチから水を飲んで、エラに送って酸素を取り込んで、不要な水をエラから外に吐き出すのです。なので、年がら年中、クチをパクパクしているわけです。サカナの種類によっては、エラだけで呼吸しているモノもいるし、ドジョウのように腸呼吸できるモノもいるけれど、金魚はクチから吸ってエラから吐き出すタイプの呼吸しかできません。つまり、クチに栓をすると、呼吸困難になるはずなのですが…とりあえず、苦しんでいる様子はなく、むしろタニシをクチから離す事を恐れている(だって、タニシがミドリのクチが落ちれば、すぐに他の子がやってきてタニシを持って行ってしまうでしょう)から、あえてモグモグしているようにも見えます。

 しかし、金魚って、どうやってタニシを貝から引っ張りだして食べるんでしょうね。手もなければ、道具も使わずに…ほんと、不思議です。

蛇足 その翌々日の事。またエサの時間にミドリがエサ争奪戦に参加せず、一人で勝手にタニシを食べていました。例によって、悠々と泳いでいたのです。「この子は、本当にタニシが好物なんだな…」と思いました。で、しばらく眺めていたら、ミドリの行動が変になりました。普段はもたもたした子なのに、急にやたらとスピーディーな泳ぎを披露し始めたかと思うと、尻を上にアタマを下にして縦になって水面に浮かび始めました。「あれあれ、何が起こったんだ!」 やがて勢い良く、ミドリのクチから食べかけのタニシが吐き出されました。…おそらくタニシがクチの中で詰まって、息が出来なくなって、もがいていたようです。タニシを吐き出して楽にはなったようですが、自分が一度吐き出したタニシをウロウロと探していたミドリですが、最終的には見つけられずに、吐き出されたタニシは緋ドジョウたちが美味しくいただいていました。自分のエサを見つけられない金魚って、生き物として、どーなんだろ?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 自営業って、基本的に“休み無し”って感じみたいですね | トップページ | 情緒ではなく事実で語ってもらいたい »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自営業って、基本的に“休み無し”って感じみたいですね | トップページ | 情緒ではなく事実で語ってもらいたい »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん