お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« 老人声の特徴 | トップページ | シロが半分死んでます »

2015年11月13日 (金)

ばっちりビートを聞かせた音楽を奏でましょう

 フルートのレッスンに行ってきました。実は、先週のレッスンはお休みだったわけですが、別に私の都合で休んだわけでもなく、先生の都合で休んだわけでもなく、教室事務所の都合でお休みになりました…ってか、事務所から「先生、レッスンやりすぎです。たまには休んでください」と言われて、しぶしぶレッスンをお休みにしたんだそうなんです。

 実はH先生のレッスンは、一応、年44回と言う事になっているのですが、H先生はそんな回数を全く無視して、お盆と正月以外は年中無休でレッスンをしているので、レッスンの回数が年50回を軽くオーバーしているそうなのです。で、ついに事務所から注意が入って、レッスンを休まざるを得なくなって、先週はお休みになりました。そういう事です。うむ、残念。

 ちなみに、年始年末も、レッスンを1回だけ休むつもりでいたH先生ですが「それでは休みが足りません」と事務所に言われて、2回連続で休むことになったそうです。

 「あんまり休むと、生徒が下手になっちゃうからね」という事で、あんまり休みたくないのが本音のH先生でした。

 さてレッスンです。ロングトーンの練習からですが、どうも私、まだロングトーンのカンツボを思い出しきれていないようで、なんか色々と変でした。なんか、しっくり来ないんだよね。やっぱり、レッスンを長く休んじゃダメだな。

 さて、エルステユーブンゲンは13番です。二週間あったのだから、さぞ練習してきて暗譜も完璧だろうと思うでしょうが、実はダメでした。いや、先週はそこそこ練習して、暗譜もOK?とか思っていたのですが、今週に入って忙しくなり、フルートの練習をサボっていたら、せっかく覚えたものが、すっかり揮発していました(笑)。いやあ、人間って、忘れる生き物なんですね。13番、不合格でした。

 13番が練習不足なんですから、14番なんて、全然ダメでした。いやあ、お話になりませんでした。

 プチエチュードは12番でした。先生、アルテ2巻のE-durのスケールを用意しておくと言いながら、キレイに忘れていました(私も忘れていましたので、他人の事は申せません)。さすがに、前回のレッスンの時によりもミスブローは減りましたが、まだまだ合格には程遠い出来でした。特にダメなのは、曲の後半のビート感です。プチエチュードはエチュード集なので、どの曲も意地悪に作られていますが、この曲も無意識に吹くと、巧みなブレスの位置のおかげで、ビートがズレて聞こえるように作られています。ブレスの位置がどこであろうと、きちんと音楽のビートを意識して、強拍はしっかり強拍として、弱拍はしっかり弱拍として、メリハリをつけて演奏しなさいと言われました。

 ううむ、次回までにこの点を修正してこないといけないのだけれど、これって難しいぞ。

 さて、今回の雑談ですが、前回に引き続き、テレビ撮影クルーの悪口に終始しましたので、割愛します(笑)。いやあ、他人の悪口は蜜の味だねえ(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 老人声の特徴 | トップページ | シロが半分死んでます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老人声の特徴 | トップページ | シロが半分死んでます »

フォト
無料ブログはココログ