ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 就職難…と言うか、若者の離職率の高さには驚いた | トップページ | 重心をちょっとだけ前に移動する »

2015年11月23日 (月)

野毛山動物園に行ってみた

 先日、横浜にある野毛山動物園に行ってみました。たぶん、20年ぶりぐらい(笑)。

 野毛山動物園とは、横浜の桜木町から高台に登ったところにある動物園です。距離的にはJRの駅から、徒歩移動も可能な距離にあるけれど、上り坂なので、行きはバスで、帰りはテクテクと歩いて帰るというのが定番の動物園です。公営の動物園だけれど、入場は無料です。横浜には他に、ズーラシア動物園と金沢動物園があって、どちらも経営母体が一緒なのですが、他の二つは普通に入場料がかかるのに対して、野毛山動物は無料なのがうれしいです。

 無料だから、しょぼいのかと言うと、決してそんな事はありません。ライオンもトラもキリンもペンギンもいます。パンダだっています、レッサーパンダだけれど(笑)。ただ、ゾウとサイとホッキョクグマはいません。

 横浜最古の動物園で、昔の感覚で作られた、今となっては手狭な動物園なんですよ。で、横浜の一等地にあるので、今更時代に合わせて施設拡充もできないので、狭いまんまなんです。

 野毛山が狭いので、大型動物を飼育するために、分園として金沢動物園が作られたわけだし、狭い野毛山を廃止にして、いっそ郊外に広い広い動物園を作って、そこに移転しようという計画もあって、それがズーラシア動物園を作る発端だったらしいのですが、どういう経過かは知りませんが、ズーラシアが完成した今も、ちゃんと野毛山は残っています。あれ?

 20年ぶりに行った野毛山動物園は、私の記憶の中の野毛山動物園とは、色々違ってました。まあ、20年ぶりだもの、違っていて当たり前ですね。

 まず、動物園の入り口が違ってました。昔は、きちんとしたゲートもなく、道を歩いていて、ひょいと横に入ると、そこは動物園でした~ってノリだったのですが、今はきちんとしたゲートもあって、売店もあって、普通の動物園のようでした(笑)。今でも動物はたくさんいますが、昔はもっとたくさんいました。特に昔はサル系が充実していたような気がしますが…今はサルはチンパンジーとマントヒヒぐらいですかね。あと、小型のサルがいくつか。ニホンザルがいないのが寂しいです。

 タヌキが数頭いましたが、どれもこれも近所で捕獲されたタヌキさんでした。横浜って、街なかに普通にタヌキが生活しているんだね。まあ、山が多い土地だからかな?

 昔の規格なので、園内が絶妙に狭くて、老人の散歩には適度な広さです。今時の動物園は広いからね~。今時でなくても、上野動物園あたりは、ほんと、広いですからね。あれと比べると、野毛山動物園の狭いこと狭いこと。心地よい狭さです。

 大抵の動物が、飼育場に入っているのですが、孔雀だけは、園内放し飼いでした。なんか、面白い(笑)。

 クマ舎とラクダ舎には、肝心のホッキョクグマとラクダがいなくて、クマ舎はホッキョクグマの人形が二つ、ラクダ舎にはラクダのパネルが一つあったのは、ご愛嬌ですね。

 展示動物たちの中で、私が一番気に入ったのは、ドジョウ(笑)。横浜メダカと一緒に飼育されていたのですが、メダカの中に混じって、メダカみたいな顔をして水槽の中をスイスイと泳いでいたのです。ウチで飼っているドジョウも、自分をメダカと間違えているフシがありますが、ここのドジョウは完全に勘違いしていて、それが愛らしくて愛らしくて(笑)。かわいいねえ、ドジョウって。ちなみに、妻はライオンが気に入ったようでした。

 なんか、動物園っていいね。幼児を連れて行くのがデフォルトなんだろうけれど、オトナだけで楽しむ動物園も悪く無い…って思いました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 就職難…と言うか、若者の離職率の高さには驚いた | トップページ | 重心をちょっとだけ前に移動する »

その他」カテゴリの記事

コメント

動物園では、動物を見ている人間のリアクションを見るのが楽しみでした。子供だけでなく、一部のオッサンも良い反応してました。人間観察するのには良い場所です。

サンシャイン水族館には、彼女を連れてよく行きました。二人ともクラゲが好きでした。クラゲを飼いたいと思ったこともありますが、かなり難しいようですね。

在日日本人さん

 確かに、動物園での人間観察は面白いと思いますし、確か、役者修行の一つに“動物園での人間観察”ってのが、あったと思います。私も、動物園で、色々とおもしろいヒトに出会いましたし(笑)。

 クラゲを見るなら、新江の島水族館がおすすめです。

>クラゲを飼いたいと思ったこともありますが、かなり難しいようですね。

 私もアクア野郎の1人ですが、さすがにクラゲの飼育は考えた事ありません。海水水槽が必要だろうし、大きくて広い水槽が必要でしょうね。魚と一緒に飼うと食べられちゃいそうだし…クラゲって、飼育するには、色々と覚悟が必要だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 就職難…と言うか、若者の離職率の高さには驚いた | トップページ | 重心をちょっとだけ前に移動する »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん