お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« ばっちりビートを聞かせた音楽を奏でましょう | トップページ | オフィスの照明を明るくした »

2015年11月14日 (土)

シロが半分死んでます

 どうにもこうにも、マドジョウのシロの状態があまりよろしくありません。

 常時、腹を上にして身動き一つ取らずに、水槽の底で沈んでいる事が多いのです。時折、エラが動きますので、死んでしまったわけではないのですが、目はうつろだし、生気も薄いし、なんともな感じなんです。

 魚類と言うのは、死ぬまで元気…と言うのが一般的です。元気ハツラツだった子が、ある日突然星になってしまう…というのが普通のパターンなんです。まあ、明らかに病気になってしまう子もいますが、たいていの場合は、病気になっても元気だったりします。なので、シロの場合は、病気とも違うみたいなんです。

 おそらく、シロは、元気が極端に無い状態なんだと思います。人間で言えば、餓死しかかっているような状況なんだと思います。つまり、エネルギー不足。そのため、元気がないのです。ただ、やたらと仮死状態が長いんです。まあ、気絶しているわけですね。むやみに気絶しているわけなんです。で、たまに元気を取り戻して、正気に返って、普通にドジョウの生活をしているんです。でも、それも長続きはせずに、ふと気づくと、また腹を上にして気絶しているわけなんです。

 エネルギー不足ならエサを食べればいいと思うし、エサを食べなくても、水槽の中で呼吸しているだけで、ウチの水槽の場合は、エネルギーが取れる(水槽の水は、緑水です)ので、身動き取れないほどのエネルギー不足には陥らないはずなんです(現にラズはほとんどエサを食べませんが、元気いっぱいです)。…となると、やはりシロは健康面で何らかのトラブルを抱えている…って事になるのかもしれません。体内に栄養を入れても、それがうまくエネルギーになっていかない…それも広く見れば病気なのかもしれませんが、とにかくシロは元気が無いんです。

 ちなみに、他のドジョウたちは元気です。かつてのシロのパートナーであったクロは、元気ハツラツで、金魚に混じってエサを食べるほどに活発だし、緋ドジョウのラズはいつも水槽の隅でデーンとしてますし、小さめの三匹の緋ドジョウたちは、メダカに混じって、水槽の中を泳ぎまくっていますし…。ですから、シロの仮死状態が悪目立ちするわけです。

 人間なら、点滴一発で元気が出るように、ドジョウにも点滴ができたら、すぐにでも問題解決しそうなのですが、そういうわけにもいかずに困っています。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ばっちりビートを聞かせた音楽を奏でましょう | トップページ | オフィスの照明を明るくした »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ばっちりビートを聞かせた音楽を奏でましょう | トップページ | オフィスの照明を明るくした »

フォト
無料ブログはココログ