お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートの調整をしてきて、アルタスの頭部管について教えてもらったよ | トップページ | グローバル化された世界って、本当は怖い世界なのかもしれません »

2015年10月24日 (土)

ラズが死んだ?

 ある日、水槽をのぞいてみました。

 水槽の隅の部分。ポンプの管とガラスの壁面の狭い空間に、ラズが縦になって、アタマを上にして浮いていました。微妙にカラダをねじって固まった状態で浮いている…と言うか、漂っているというか、まあそんな感じ。

 異様な感じがしたので、よく見てみました。

 まず、体色がいつもとは違います。いつもは濃いオレンジ色をしているのですが、この時は、真っ白でした。エラを見てみると、動いていません。目にも生気が感じられません。

 ガラスの壁面を軽く叩いてみました。……何の反応もありません。少し強くガラスの壁面を叩いてみましたが、全く動きません。

 『星になってしまった…!』 そう判断しました。

 そこで、水槽から取り出そうと思いましたが、なにしろ狭い場所にいるので、ピンセットで、そこから掻き出してから取り出そうと思い、カラダをピンセットで突いて動かしたら…ノソ~っと動き出しました。

 あれ? と思っていると、ゆっくりと泳ぎだして、水槽の底にいつものように沈みました。白かった体色も徐々にいつものオレンジ色に戻って行きました。

 どうやら、死んではいなかったようです。でも、寝ていたわけではなく、気絶していたようです。もしかすると、仮死状態だったのかもしれません。おそらく呼吸はしていなかっただろうし、心臓も動いていたかどうか怪しいです。

 それから数日経ちましたが、とりあえずラズは元気なようなので安心していますが、それでも一時は仮死状態にあったわけで、一体ラズに何が起こったのでしょうか? 心配しなくもいいのでしょうか?…と言って、心配したからと言って、何が出来るというわけではないのですが、…それでもやはり心配です。

 魚類の健康状態なんて、なかなか分からないからねえ…。とにかく、ラズが死んでなくて、よかったです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« フルートの調整をしてきて、アルタスの頭部管について教えてもらったよ | トップページ | グローバル化された世界って、本当は怖い世界なのかもしれません »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートの調整をしてきて、アルタスの頭部管について教えてもらったよ | トップページ | グローバル化された世界って、本当は怖い世界なのかもしれません »

フォト
無料ブログはココログ