ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートで“歌う”とは? | トップページ | 長生きの秘訣[2015年10月第1週・通算14週] »

2015年10月 3日 (土)

オタキサンが星になりました

 すでに先月の落ち穂拾いで、オタキサンが星になってしまった事は書きました。やはり、ウチの水槽の金魚の定員は5匹だったのかもしれません。

 で、オタキサンの死因ですが、病気ではなく、イジメです。実は、ミカンにイジメられた結果、瀕死の重傷をおってしまい、死んでしまいました。

 元々、シズカが入ってくる前から、水槽の金魚たちは、オタキサンと、ヤヨイとその子分たちというような、2グループ(?)に分かれていました。それでも、オタキサンだけが大きくて、他の子たちが小さかった時は、トラブルも無かったのですが、かつては小さかった新入りたちも大きくなり、ヤヨイを中心にまとまって来るに従って、オタキサンだけが仲間はずれになるような感じとなりました。

 まあ、他の子たちから見れば、オタキサンはお局さんのような立場で煙たかったのかもしれませんし、オタキサンからすれば、仲の良かった友達は、みんな死んでしまい、キャピキャピした若い子たちに囲まれるようになり、なんとも落ち着かなかったのかもしれません。オタキサンは気の優しい(気の弱い)子だったので、新入りたちがドッと入ってきた時は、むしろオタキサンの方がストレスを感じてしまい、それで体調を崩していますから、オタキサンは、カラダは強かったのですが、メンタルの方は、弱かったんだと思います。

 でも、オタキサン自身は、それらのストレスをどうにか頑張って乗り越えていたんだと思いますが、問題は新入りたちの方です。

 ヤヨイは我関せずと言った子なので、特に問題はありませんし、ミドリは穏やかな性格の出目金ですし、さすがにエナとかシズカでは、あまりに小さすぎて、オタキサンの敵ではありません。そこでミカンだったんだろうと思います。

 ミカンは、ヤヨイに次ぐ大きさの金魚で、オタキサンと比べるとまだまだチビなんですが、チビな分、小回りが効くんですね。オタキサンがおとなしい子ならば、ミカンは気の強い、鼻っ柱の強い子なんです。ですから、ある時から(シズカが来るずっと以前から)私が気が付くと、ミカンがオタキサンをいじめていました。下腹部をやたらとつっつくんですね。まあ、噛み付いているんだと思います。オタキサンは逃げるばかりで、戦いません。あくまでも専守防衛なんです。可哀想だなとは思うものの、水槽の中は一応治外法権なので、飼い主とは言え、見守るだけでした。

 シズカが入ってきて、よりストレスが高まったのか、ミカンのオタキサンに対するイジメが激しくなってきた事は気づいていましたが、そのイジメがある日、オタキサンに致命傷を与えてしまいました。ついに下腹部の皮膚が食い破られて、内臓が見えている状態になってしまいました。

 さすがに、これはマズイというわけで、すぐにオタキサンを隔離しましたが、そこから約24時間たたないうちに、オタキサンは星になってしまいました。

 今のミカンは、邪魔者オタキサンを追い出して、せいせいしたのが、晴れ晴れとした顔をして水槽を泳いでいます。水槽も平穏になりました。弱肉強食なのが生き物の世界の常識なので、これはこれで仕方ありません。オタキサンは生存競争に負けたわけです。

 しかし、病気で星になってしまったのならともかく、イジメで殺されてしまうのは、なんとも後味が悪いものだし、本当に我が家の水槽の金魚の定員が5尾なのか、それともたまたまイジメ事件が起こっただけで、水槽の定員は6尾とか7尾とかなのか、それは分かりません。

 それにしても、赤い金魚の中には、気性の荒いやんちゃな子が時折いるんですね。我が家で飼ってきた金魚も、たいてい、気性の荒い子は赤い子です。ます。おそらく、金魚って、フナに近い子ほど、性格が荒いのかもしれません。なんか、そんな気がします。

蛇足 ひとまず、我が家の水槽の現在のラインナップは…金魚が、ヤヨイ(三色琉金)、ミドリ(黒出目金)、ミカン(素赤オランダ獅子頭)、エナ(丹頂)、シズカ(素赤琉金)の5匹と、緋ドジョウ4尾(ラズ、名無し3尾)、真ドジョウ2尾(シロ、クロ)、メダカ3匹、タニシ多数、石巻貝少々…って感じです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« フルートで“歌う”とは? | トップページ | 長生きの秘訣[2015年10月第1週・通算14週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

オタキサン、可哀想でしたね!私も金魚ちゃん飼っていますが意外と個体差がありますよねー!デリケートな子やちょい鈍感な子など、、。しかし、すとんさんの観察力恐れいります!ワンちゃんとかはいないのかしら、、犬やネコならもっともっと人に懐くからね〜〜、楽しいかも!!

アデーレさん

 犬は、昔は飼ってました。元気で生きている時は良いのですが、年を取ってきて介護が必要になってくると、なかなか飼い切れるものではないし、最近は犬猫と言えども、死んだ後の埋葬が簡単ではないので、たぶん、もう犬を飼う事はないのです。猫はアレルギーがあるので、最初からパスです。

 懐くというと、鳥がいいですよ。小鳥は人によく懐きます。文鳥とかインコとか、かわいいですよ。

 飼いたいペットと言えば、本音で言えば、馬が飼いたいんです。乗馬馬ね。私、乗馬が好きなんですよ。だから、馬を飼って、休日ごとにトレッキングに行きたいんですが…馬を飼うのは容易なことではないし、乗馬クラブに預けるという手もありますが…そこまで裕福ではないので、諦めています。ま、旅行に行った先の観光牧場で乗馬を楽しむのが、関の山かなって思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートで“歌う”とは? | トップページ | 長生きの秘訣[2015年10月第1週・通算14週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん