ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« シズカさんです、よろしくお願いします | トップページ | メトのライブビューイングで「アイーダ」を見てきました »

2015年9月27日 (日)

どうやら、世の中には二種類の老人がいるらしい

 どうやら、世の中には二種類の老人がいるらしい…です。それは主に食性で分かれます。

 一つは「脂っこいものはイヤ」「堅いものは食べたくない」「ご飯を食べないと落ち着かない」といった食性を持つ老人の方々。白いご飯に煮物や漬物で食事を済ますタイプの方々で、その人達の事を仮に“和食老人”と呼びましょう。

 もう一方は、いくつになっても肉をガシガシ食べている老人たち。このタイプは肉だけでなく、チーズやヨーグルトも食べるし、色々なものを食べている割に、ご飯やパンなどの主食系のモノは、あんまり食べないというタイプの方々で、そういった方々を仮に“肉食老人”と呼びましょう。

 食事の質というものを考えると、肉食老人の食事はハイカロリーだし、必ずしも栄養バランスが良いわけではありません。いわゆる生活習慣病を抱えている人の多くは、肉食老人たちで、和食老人たちは、比較すると、生活習慣病との縁は薄いようです。

 和食老人と肉食老人の平均寿命を比べた統計というものを、私、見たことがありませんが、なんとなく、和食老人の方が長生きしていそうなイメージがあります。だって、食事が健康的じゃない。

 しかし、かなりのご長寿な老人たちを見ると、どうやら和食老人の割合は減り、圧倒的に肉食老人ばかりになってしまいます。それに肉食老人たちは、長命であるだけでなく、皆さん、いくつになってもお元気だったりするわけです。

 和食老人は、たしかに健康ってイメージがありますが、年を取るにつれて、枯れてしまい、健康だけれど、徐々に元気がなくなっていくような気がします。ですから、そこそこの長寿をキープできるのですが、かなりのご長寿…とまではいかないようです。一方、肉食老人は、生活習慣病を患って、早めに亡くなられる方も少なくないですが、その一方で、いつまでもお元気でバリバリしている方もいらっしゃるというわけです。

 健康で長生きを目指すなら、和食老人でしょうが、ハイリスク・ハイリターンで、生活習慣病になってしまうリスクも高いけれど、いつまでもパワフルで活動的な長寿を目指すなら、肉食老人って感じなんでしょうか?

 まあ、実際は、和食肉食を選ぶのではなく、自然とその人の食の好みが、そうなっていくんだろうと思います。

 私ですか? 私は、四十代半ばまでは、ベジタリアンと言ってもいいくらいに肉食を避けていました。ですから、そのまま年老いて、和食老人になるんだろうなあと思っていたら、五十を越えた辺りから、俄然肉食になってしまいました。今では「肉、肉、肉、チース、肉、ヨーグルト、肉、肉、肉…」と言った生活をしています。うっかりすると、食卓に主食が並んでいない時もあるくらいです。なので、私は、肉食老人なんだろうと思います。

 ちなみに、ベジタリアンっぽい生活をしていた時は、1日に3~4食食べていましたが、今は1日2食が多いです。(食べること自体は好きなので、頑張って)3食食べると、体調崩します(笑)。一回の食事の摂取カロリーが高い分、食事の回数は少なくても間に合いそうです。

 もっとも私の場合は、和食肉食の前に、ダイエットをしないといけないんだろうと思っています…が、現実はなかなか簡単には行きません。

 最近は、体重を測るチャンスも無いしなあ…そのあたりから生活を見なおさないといけないような気がしています。ちょっぴり反省。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« シズカさんです、よろしくお願いします | トップページ | メトのライブビューイングで「アイーダ」を見てきました »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

私も肉食老人になりそうな《笑》肉食中年!!肉を食べると、なんかファイヤー!って気になる!声楽発表会前は完全に肉肉肉ね!かの100歳を超えた?だか100歳近い?ピアニストさんも朝からステーキを召し上がるそうよ!人には2種類いるってのは、根本の型の違い?狩猟型的な人は肉、農耕型は魚かな、、ハテナ、ハテナ

アデーレさん

 人間には生きて行くために必要な栄養素というのがあるそうですが、若いうちは何を食べても、それらを材料にして、自分の体内で合成できるので食事の内容には気を使う必要はないという話を聞いたことがあります。まあ、都市伝説かもしれませんが、それならば、年を取るに従って、今まで体内で合成されていた栄養素が合成できなくなり、その分を食事から取らなければいけなくなる…のかもしれません。

 もしもそうならば、肉食の方が、我々の肉体組成に近い食事でしょうから、年を取った時に、より元気になれるのかもしれません。もっとも、肉を消化するには、かなりのエネルギーも必要そうですから、元気でないと肉食できないかもしれません。そうなると、肉を食べているから元気なのか、元気だから肉を食べるのか、よく分からなくなります。

 まあ、私はどうやら肉食ジジイのようですから、いつまでもおいしく肉を食べ続けていられるように、健康でありたいと願ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シズカさんです、よろしくお願いします | トップページ | メトのライブビューイングで「アイーダ」を見てきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん