ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 音は本当に『上から見下ろして歌えるようにはならないといけない』 | トップページ | 何でも#(シャープ)に聞こえてしまうそうです »

2015年9月 3日 (木)

イル・デーヴの鎌倉場所に行ってきました

 皆さんは“イル・デーヴ”をご存知でしょうか? 4名のオペラ歌手と1名のピアニストで結成された重量級ヴォーカルグループです。何が重量級なのかと言えば、メンバーの総重量が500Kg超であるというほどの重量級な事です。ですから、舞台の出入りは、メンバーの誰であっても、常にドスドス言ってました。

 メンバーは、テノールの望月哲也氏(NHKのニューイヤーオペラに出演されていましたね)、テノールの大槻孝志氏、バリトンの青山貴氏、バスバリトンの山下浩司氏に、ピアノの河原忠之氏の5名です。

 一人ひとりでもすごい実力の歌手なのに、その人達がユニットを結成して活動しているんだから、そりゃあすごくないわけがないです。

 男性ヴォーカルユニットで「イル・デーヴ」という名称から分かるとおり、このグループは、世界的に活躍しているクラシック系男性ヴォーカルグループの“イル・ディーヴォ”のパクリです(笑)。いやあ、これくらいまっすぐにパクっていると、気持ちいいです。名称のみならず、その歌唱スタイルとかも、結構近いものがあります。全然違うのは、本家はイケメン揃いでスラっとした体格の方々ですが、こちらはお相撲さんかと見間違うような方々ばかりで、ルックスは似ても似つかないといった点でしょうか(笑)。あと、本家はマイク歌唱ですが、こちらは(オペラ歌手ですから)生歌歌唱って違いでしょうか。

 とにかく彼らに関する詳しい情報は、こちらの公式ブログでどうぞ。今回のコンサート関係の写真満載です。

 それと、彼らはどんな感じのグループなのか、興味がある方もいらっしゃるでしょうから、YouTubeの画像(2011年のコンサートの宣伝動画)を貼っておきますので、よろしく。

 とにかく、今回のコンサートは、おもしろかった。いやあ、満足。

 コンサート前半は、各々日本歌曲を一曲ずつ歌い、その後はドニゼッティの歌劇『愛の妙薬』のアリアと重唱を歌いまくるという趣向でした。コンサート後半は、イル・デーヴとして出した2枚のアルバムの収録曲の中から歌ってくれました。実に満足。もちろん、マイクは無しで、生歌オンリーです。マイク無しなのに、音量は爆裂で、なんかこの人たち、間違っているんじゃないかって思いました(大笑)。

 一応、当日のセットリストを書いておきます。

第1部
 [ピアノ曲:曲名忘れた(汗)](河原氏)
 からたちの花(望月氏)
 かきつばた(大槻氏)
 松島音頭(青山氏)
 かやの木山の(山下氏)
 歌劇『愛の妙薬』より
  ~序曲(河原氏)
  ~なんとかわいい人だ(大槻氏)
  ~昔パリスがしたように(青山氏)
  ~さあ皆の衆、聞いた、聞いた(山下氏)
  ~人知れぬ涙(望月氏)
  ~これだ、世にも珍しい薬とは(大槻氏&山下氏)
  ~20スクードで(望月氏&青山氏)

第2部
 シルヴィアに
 アマリッリ、私の美しい人
 ニグラ・スム
 Lilly and Rose
 朧月夜
 ダニー・ボーイ
 ロマンチストの豚
 さびしいカシの木
 涙そうそう
 ピエ・イエズ

アンコール
 いのちの歌

 面白かったのは、イル・デーヴは、テノール2,バリトン、バスバリトンという構成なんだけれど、ある曲(確か、アマリッリだったかな?)は、原曲が混声四部のソプラノ、アルト、テノール、バスという構成だったので、イル・デーヴも普段とは構成を変えて、テノールの大槻氏がソプラノへ、バリトンの青山氏がアルトへ、テノールの望月氏はそのままテノールで、バスバリトンの山下氏がバスへと、パートを変えて歌ってくれました。別にソプラノやアルトにパートを変えたからと言って、実音で歌ったわけではなく、1オクターブ下げて、声に無理なく歌ったわけだけれど、これが案外良いんです。このやり方が、すべての混声四部曲でうまく行くとは思わないのだけれど、少なくともこの曲に関しては、面白かったです。

 普段、オペラで主役をやっている4人によるユニットですから、4人で声を合わせて歌ったからと言って合唱にはならず、あくまでも声楽アンサンブルなんですが、それでもさすがはプロで、主張する所はそれぞれしっかり主張しながら、ハモるところはきちんとハモるんです。当たり前なんだけれど、すごいなあって思いました。

 しかし、生歌オンリーってしんどそうです。2時間超のコンサートでしたが、皆さん、コンサートの終了時は、明らかに消耗していましたから。いやあ、特に後半のイル・デーヴの部分は、皆さん、歌いっぱなしですからね。そりゃあ、疲れるよ。ご苦労様でした。また、聞きに行きたいですし、次のアルバム、絶対に買います(笑)。

 で、次のアルバムはこれです。9月16日発売だそうですから、もう少し待たないといけませんね。でも、楽しみ、楽しみ。

蛇足 それにしても携帯電話の着信音が、必ずと言っていいほどに、良い所で鳴るんだよね。望月氏が「人知れぬ涙」の最後のカデンツァに差し掛かる少し前から、着信音が鳴り出して(それも切らずにずっと鳴らしっぱなし)、気が気でなかったのですが、いよいよ聴かせどころに行く!ってところで、別の場所から別の着信音が鳴り出し「え!?」と思っているうちに歌が終わってしまいました。他の歌でも、結構遠慮なく携帯電話が鳴っていました。コンサート中に、こんなに携帯電話が鳴るという経験は初めて(涙)。「歌い直して欲しい…」と思ったし、それ以上に(ハイソな方々が多く住んでいる鎌倉なのに)客層が悪い…ってか、音楽のコンサートに不慣れな人が多くて、お怒りモードに突入しちゃった私でした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 音は本当に『上から見下ろして歌えるようにはならないといけない』 | トップページ | 何でも#(シャープ)に聞こえてしまうそうです »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

イル・デーヴはイル・デーブ(=でーぶ)でもあるんですね(笑)
すとんさんも近いうちに仲間入りできるかも。
すみません、冗談です。お気を悪くしないでくださいね。

Yokusiaさん

 体重とか、背格好とか、シルエットなら、すでに仲間入りできますが、歌では…一生かかっても無理ですね。テクニックとかうんぬん以前に、彼らとは持っている楽器が違いますもの。テクニックは鍛えられるし上達もしますが、楽器の違いはどうにもなりませんって(笑)。

 ほんと、4人とも、常人離れした声で、まさに“声の超人”“声の超能力”な人たちなんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音は本当に『上から見下ろして歌えるようにはならないといけない』 | トップページ | 何でも#(シャープ)に聞こえてしまうそうです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん