ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルトヴェングラーは、傾聴すべき指揮者なのか? | トップページ | ご利用は計画的に »

2015年9月10日 (木)

大切な事は、やっぱりシラを切ることだな

 先日、某テノール歌手のコンサートに行きました。もちろん、プロの方のです。

 コンサートそのものは、すっご~く良かったです。選曲は、私好みだし、声はビンビンに出ていて、カッコ良かったし…。私は、満足、大満足だったんです。

 で、コンサートが終わって、さっそくご挨拶&「すっごくよかったで~す」と言いに行こうとしたら、歌手さん、私の顔を見るなり「今日は、色々とやってしまいました(謝)」と言ってきたので、つい「私、全く気にしてません。だから、その件については何も言いません。それより、コンサート、すっごく良かったで~す」とご挨拶。

 後日、歌手さんからメールが届きました。内容は、コンサートに来てくれてありがとう。体調を整えられなくて申し訳ないって書いてました。

 ここまで読んで、一体何があったの? と思うでしょ? いやいや、別に大した事は起こってないんですよ。ただ、コンサート中でHi-Cを出す場面があったのだけれど、そこで失敗しちゃっただけです。テノールにはよくある事。Hi-Cなんて、プロ歌手でもたまに失敗するくらいの超高音なんですから、私は全然気にしてませんし、歌手さんも、Hi-Cに失敗しても、その後、何事もなかったように歌ってましたしね。むしろ私は、コンサートのメニューに、Hi-Cなんて言う、スープラ・アクートな曲を入れる必要は全くないのに、毎回毎回、必ず一曲はスープラ・アクートな曲を入れる勇気に感心していたくらいです。

 それに、そんなに有名な曲ではなかったので、あそこでHi-Cが出てくるなんて、たぶん、テノールじゃなきゃ知らないです。だから、アレはアレで終わったんです。

 でも、本人は、すっご~く気に病んでいるんだなって思いました。だって、彼の失敗に確実に気づいているのは、共演者以外だと、たぶん私だけ(笑)だから。あの場に(アマチュアとは言え)私しかテノール歌手はいないからね。

 おそらく、他の人は、Hi-Cに失敗した事すら気づいてないよ。妻ですら「曲の途中で、なんかノドに引っかかったみたいだねえ」としか思ってなかったもの。実はあそこが、テノールにとっての鬼門の箇所なんだよ~って気づいてないもの。

 …ってか、気づかせないように、上手にリカバーしていた…というか、シラを切っていたんです。見事に失敗していた事など、微塵も感じさせずに舞台を勤めていたわけで「さすが、プロだな…」と思って見ていたくらいですからね。

 …それが肝心なんだ…と私は思った次第です。

 コンサートなんてナマモノですからね。当然、失敗とかウッカリとか色々あるんです。完璧に修正されたCDを再生しているわけじゃないんですからね。問題は、失敗をしてしまった時に、演奏者が動揺したり、慌てたりすると、観客の方だって「むむ? 何かしたの」って気付くわけだし、それに気付くと、今まで音楽に集中していた耳から集中が外れて、歌手の一挙一動が気になってくるわけです。歌ではなく、歌手に注目が集まるようでは、そのパフォーマンスは失敗です。だから、歌唱の失敗は仕方ないにせよ、パフォーマンスとしての失敗は回避しないといけません。

 だから、Hi-Cを失敗しても、シラを切らなきゃいけないし、そのシラの切り方が実に見事で、私以外の人には失敗に気付かれなかった事は、さすがだなって感心したわけです。

 私も、ああいうシラの切り方を身につけないとなあ…。ほんと、そう思いました。それに、Hi-C以外は、本当に見事な歌唱だったんですよ。

 それにテノール歌手のミスなんて、かわいいものです。ピアニストなんて、どんなピアニストでも、コンサートってなると、バンバン、ミスタッチしているものね。まあ、ミスタッチをしても、それが演奏に影響しなきゃいいわけだし、最低、客にバレなきゃいいわけです。たまに、コンサートに楽譜を持ち込んで、しっかりチェックしながら聞いている客もいて、そういう客にはモロバレだろうけれど、そういう人って、ごく少数だからね(でも必ずいますし、たいてい女性客なんですよね)。

 ミスはしても、バレなきゃOK。それより大切なことは、客に感動を与えること。私はそう思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« フルトヴェングラーは、傾聴すべき指揮者なのか? | トップページ | ご利用は計画的に »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

仰る様に「音符通り」が最高ではないですね。
聴きがいがあるかどうか、歌い手の世界に連れ込まれてしまうかどうか。
その為には「しらを切る」も大事な歌い手の技術だと思います。

私の場合、K先生は本番間際は「自分の好きな様に歌いなさ~い、自分が楽しければ良いのよ」、片やM先生、リハでも微妙なズレでも注意する。

直前レッスンはK先生の方が本番でシラを切りやすいですね。
って、シラを切る必要があるって事なんですけどね。

wasabinさん

 先生にも色々なタイプの人がいます。でも、皆さん、最高の本番を迎えて欲しいと願っているのは同じです。本番間際のレッスンで「自分の好きなように歌いなさい」とおっしゃる先生は、本番直前では何よりもメンタルが大切だと考えているわけだし、リハでも注意する先生は、最高のパフォーマンスを願っているからです。

 困るのは、本番が近づくと、今まで言ってたことを全否定し、まったく違った事をやらせようとする先生。それも、新しいやり方を作ってくるのを見計らったかのように、それが出来上がったあたりで、また別の事を言い出すわけです。ピアノ合わせに非協力的でピアニストさんと連携が取れないようにしたり、本番の舞台に上がるところで、ダメ出しをしたりね。そういう先生だと、色々とつらいです。キング先生の事ですが(笑)。一応、彼なりに最善を尽くしてくれているんだろうけれど、自分が言った事を平気で忘れちゃう人なので、指導に一貫性がなくて困りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルトヴェングラーは、傾聴すべき指揮者なのか? | トップページ | ご利用は計画的に »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん