ひとこと

  •  毎日毎日暑いですね。3年後の今頃は、東京でオリンピックをやっているわけなんだけれど、こんなに暑い中でオリンピックなんてやってい良いのかな? 特に野外でやる種目は、選手はもちろん、観客の健康だって心配です。マラソン…死人は出ないか? マジで心配です。日本の夏の昼間に野外スポーツなんて、そんなクレイジーな事は高校野球だけで十分でしょ? アメリカのテレビ局の都合(番組改編期にオリンピックの中継をやりたいだけなんです)でオリンピックの開催時期が決まるんだけれど、日本の東京でオリンピックをやるなら、本当は5~6月あたりの、花粉症が終わったあたりの春が気候的には良いよね。夏は暑すぎるし、秋は台風とかゲリラ豪雨とかがあるし、冬は寒すぎるからね。まあ、日本の都合とか、選手や観客の健康なんて、アメリカのテレビ局には関係ないから、やっぱり真夏の東京でオリンピックをやるんだろうね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ガラスの壁面がミドリに濁ります | トップページ | 世界文化社の『DVD決定盤オペラ名作鑑賞』がオススメかも? »

2015年9月20日 (日)

風邪をひいた時に、入浴するのはOK、それともNG?

 実は私、ただいま、絶賛、風邪っぴき中です。かなりしんどいです。特につらいのは、呼吸困難の症状です。どうにも、気管に痰が大量発生して、気道を塞ぎ、常時酸欠状態である事です。気道が狭くなって、呼吸するのがしんどいので、歌やフルートどころの話ではありません。

 ま、病気の話はともかくとして、私が子どもの頃は、風邪をひくと「お風呂に入っちゃいけません」と大人たちに言われたものです。でもね、風邪をひくと、汗を大量にかくわけだし、それなのにお風呂に入っちゃいけないと言うのは…かなりつらいわけです。

 で、私は考えました。考えた結果、「風邪をひいているので、積極的に入浴しよう!」と言う答えが出たので、バッチリ入浴しちゃいました。とりあえず、結果オーライです。

 なぜ、私が子どもの頃は、大人たちは「風邪をひいたら入浴しちゃいけない」と言っていたのか?

 その頃は内風呂が珍しくて、普通の人は銭湯に通っていた…そんな時代です。ご多分に漏れず、私も銭湯に通っていました。入浴するためだけに、2~3日おきに、わざわざ夕食後に銭湯へ外出していたわけです。銭湯での入浴は気持ちよかったけれど、せっかく銭湯でカラダを温めても、銭湯からの帰りの道で、カラダはすっかり冷えちゃうわけで、いわゆる“湯冷め”ってヤツから逃れることは出来ませんでした。

 そりゃあ、湯冷めは風邪の原因だし、風邪をひいている時に湯冷めをしようものなら、風邪が悪化してしまうのは間違いないわけで「風邪をひいたら、お風呂はダメです」と言うのも当然の話です。

 でも今は、自宅に浴室がある時代だし、入浴してカラダを温めたら、湯冷めをする前に暖かい部屋に移動して、服を着たり、就寝したりすればいいわけで、よっぽと間抜けな事をしない限り、湯冷めなんてすることはないので、湯冷めの心配は御無用ってわけです。

 もちろん、風邪の程度にもよるでしょう。めまいや吐き気がするほど重篤な風邪なら、体力を消耗する入浴は避けるべきでしょう。しかし、私は微熱程度の風邪で、体力うんぬんのレベルでもないわけです。微熱が出ている程度なんだから、むしろ入浴をする事で、体温を一時的に上げれば、体内のウィルス退治の手伝いができるわけで、熱めの風呂に半身浴をして、ドーーーーーッと汗をかいてやりました。いやあ、風呂あがりのスポーツドリンクの旨いこと旨いこと。格別でした。

 それになんと言っても、清潔一番です。入浴して清潔でいる事は大切な事です。

 そんな事を考えて、風邪をひいているにも関わらずに、しっかりばっちりと入浴しました。

 私が風邪ひきで入浴したからと言って、それを真似て、さらに風邪を悪化させても、その責任は私にはありませんから、あしからず。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ガラスの壁面がミドリに濁ります | トップページ | 世界文化社の『DVD決定盤オペラ名作鑑賞』がオススメかも? »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラスの壁面がミドリに濁ります | トップページ | 世界文化社の『DVD決定盤オペラ名作鑑賞』がオススメかも? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん