ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私の好きな歌曲 その10 Dank sei Dir, Herr/主よ、汝に感謝す | トップページ | 私の好きな歌曲 その12 Be my love »

2015年8月22日 (土)

私の好きな歌曲 その11 Agnus Dei/アニュス・デイ

 さて、今回の「Agnus Dei/アニュス・デイ」は歌曲と言いながら、実は元々は器楽曲だったという曲です。オリジナルはビゼー作曲の「アルルの女」の間奏曲です。実はこの曲、そのメロディーがあまりに美しかったがために、作曲家自身が後に歌曲に書き直しちゃったという作品です。

 では聞いてみましょう。

 歌っているのは、御大プラシド・ドミンゴです。この曲は、ちょっと声が重いテノールが歌うと最高です。ほんと、いい曲ですよねえ。まるで、最初からテノール歌手のために作曲された曲みたいです。

 歌詞は…ミサ典礼文の「平和の讃歌」そのままです。それを部分的に何度も繰り返しているだけです。

Agnus Dei, qui tollis peccata mundi
 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere, miserere, nobis.
 あわれみたまえ、我らをあわれみたまえ。

Agnus Dei, qui tollis peccata mundi
 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere, miserere, miserere, nobis.
 あわれみたまえ、あわれみたまえ、我らをあわれみたまえ。

Agnus, Agnus Dei, qui tollis peccata mundi
 子羊、神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
Agnus, Agnus Dei, qui tollis peccata mundi
 子羊、神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
dona nobis pacem.
 我らに平安を与えたまえ。

Agnus Dei, dona nobis pacem.
 神の子羊、我らに平安を与えたまえ。
Agnus Dei, dona nobis pacem.
 神の子羊、我らに平安を与えたまえ。

dona nobis, dona nobis pacem.
 与えたまえ、我らに平安を与えたまえ。

 ああ、私も歌ってみたい。ヨーロッパではクリスマスになると、この曲はよく歌われるんだそうです。え? こんな重々しい歌をクリスマスに歌うんですか!って感じです。

 ちなみに原曲の方はこんな感じです。

 動画を見ると分かるのですが、この曲のメロディはアルト・サクソフォンで演奏されています。なんでも、クラシック系サックスでは定番の曲なんだそうですね。サックスって、どうしても吹奏楽やジャズのイメージが強くて“クラシックとは無縁の楽器”と思われがちですが、こんな感じで、たまにオーケストラに混じって演奏するようです。

 器楽曲として作曲されたけれど、メロディが美しかったので、後に歌曲になりました…ってのは、他に有名な曲だと、マスカーニの「アヴェ・マリア」がそうです。元歌は、歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲だよね。こちらは女声がよく歌われます。シューベルトの「ます」は歌曲が先だっけ? それともピアノ五重奏曲の方が先だっけ?

 ついでですから、マスカーニの「アヴェ・マリア」を貼っておきます。

Ave Maria,madre Santa,
 アヴェ・マリア 聖なる母よ
Sorreggi il piè del misero che t'implora,
 あなたに祈る不幸な私を支えてください
In sul cammin del rio dolor
 ひどい苦しみの道の中を歩む時も
E fede,e speme gl'infondi in cor.
 信仰と希望を私の心に注ぎ込んでください

O pietosa,tu che soffristi tanto,
 おお、慈悲深い御方よ、大いなる苦しみを受けた方よ
Vedi,ah! vedi il mio penar.
 ご覧ください、ああ、私の苦しむ姿をご覧ください
Nelle crudeli ambasce d'un infinito pianto,
 永遠に涙を流しながら、残酷な嘆きの中にいる私を
Deh! non m'abbandonar.
 おぉ! どうか見捨てないでください

Ave Maria! In preda al duol,
 アヴェ・マリア、私を悲しみの中に
Non mi lasciar,o madre mia,pietà!
 置き去りにしないでください、おぉ母なる方よ、お願いです
O madre mia,pietà! In preda al duol,
 おぉ母なる方よ、お願いです 私を悲しみの中に
Non mi lasciar,non mi lasciar.
 置き去りにしないでください、おぉ母なる方よ

 この曲も良い曲ですよね。歌っているのは、藤田瑞穂さんというソプラノ歌手の方です。まあ、この曲はメゾの方が歌うことが多いのですが、私は個人的にはソプラノの方に歌っていただきたいなあ…と思う曲だったりします。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 私の好きな歌曲 その10 Dank sei Dir, Herr/主よ、汝に感謝す | トップページ | 私の好きな歌曲 その12 Be my love »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

> 歌詞は…ミサ典礼文の「平和の讃歌」そのままです。

ビゼーのこの曲の声楽ヴァージョンは初めてです。ラテン語をはめるだけで(?)、ここまで形になるのもビックリです。
昔々のフルートのレッスンで、エチュード(by 海外作曲家)の全ての音符に歌詞をつけるように言われて固まってしまいましたが、この手(日本語ではなくて、英語かラテン語をあてはめる(?))があったかとおもってしまいました。
Agnus deiで最初に頭に浮かんだのはモーツァルトの戴冠ミサ、あとはJ..S.バッハ、ベートーベン、フォーレあたり程度です。
典礼文はほぼ変わっていないところで、ミサ曲だけでも数多くの作品があるので、もう少し考えればというところです。

これからのドイツ語の歌曲も期待しています。

失礼しました。

tetsuさん

>これからのドイツ語の歌曲も期待しています。

 実は本日、私は東京音楽コンクールの声楽部門のコンクールを聞いてきましたが、そのコンクールでは、アリアの他に、必ず歌曲を1曲歌うことになっているのですが、12人の出場者が歌った歌曲の言語はと言うと、イタリア語8人、ドイツ語2人、英語1人、フランス語1人、日本語0人でした。

 実はこの連載は明日で終了します。明日は英語の歌曲を取り上げますので、今まで取り上げた歌曲12曲を言語別にカウントすると、イタリア語7曲、ドイツ語1曲、フランス語1曲、ラテン語1曲、英語1曲、日本語1曲と…バランス的には良いバランスだなあっと思ってます。

 ドイツ語の歌曲(つまりリート)って、日本の一部の聴衆の方々には、かなり人気があるし、それを私も知っているのですが、今のクラシック音楽シーンでは、こんなパワーバランスになっているんですよ。なんで、こんな感じで選曲させていただきました。

 歌曲というだけで、もう十分マイナーなジャンルを取り上げているのに、ドイツ語の歌曲となると、さらにマイナーの極めに足を踏み入れるわけで…今回の私には、まだまだそこまでの勇気はなかった…というわけです。次にチャンスがあったら、多少、ドイツ語の歌曲もセレクトしてみるかもしれませんので、ご勘弁を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の好きな歌曲 その10 Dank sei Dir, Herr/主よ、汝に感謝す | トップページ | 私の好きな歌曲 その12 Be my love »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん