ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 肺を圧縮して、あくびのクチをして… | トップページ | 実技無しでも入れる音大があるそうです(どこだろ?) »

2015年7月 2日 (木)

結局は、筋力不足…なのか!

 さて、声楽のレッスンの続きです。曲の練習に入りました。

 まずはローザ作曲の「Star vicino/側にいること」からです。

 この曲は、とにかく歌詞の“i”の部分が割と高音に来ることが多いのだけれど、そこでクチを狭くすると、音程が届かなくなるし、声も美しくないので、とにかく“i”になっても、クチは閉じずに縦開きのままでこらえて歌うのです。そのためにも、腹筋でしっかり声を支えないといけません。

 クチを縦開き…というのは、俗に言う“あくびのクチ”の事です。で、なぜ、単純に“クチを開く”ではなく“あくびのクチ”という言い方をするのかと言うと、大切なのは、上アゴを開くかどうかなんだそうです。私たちが単純に“クチを開く”と言うと、口先を大きく開き、結果としてクチの中はむしろ閉じてしまうのです。しかし“あくびのクチ”は、単純にクチを開くのと違って、クチの中や奥までも大きく開くのです。で、クチの中とか奥を開くとは、上アゴを開くことなんだそうです。“あくびのクチ”というイメージがなくても、しっかり上アゴを大きく開くことができるなら、問題はないのだけれど、上アゴは下アゴと違って、どう開いていいかイメージが湧きづらいでしょ? それで“あくびのクチ”なんです。

 肝心なのは上アゴを開くことなんだけれど、私が歌っている時、暗譜をしているわけではないので、譜面台に置いた楽譜をガン見しています。で、私が見ているレッスン室の譜面台がかなり低いんです。いや、正確に言えば、譜面台が低いのではなく、私がデカイだけなんですが(笑)。で、どうしても譜面台が低いので、目線が下になりがちです。それもかなり下になりがちです。こんなに下を向いていては、アゴが上にも下にも開かないわな。そう思って、楽譜を持ち上げて目の高さに持って行ったら、かなり歌いやすくなりました…でも、いつもいつもそんな事はしてられないよね。

 ちなみに、自宅練習では譜面は目の高さにセッティングしてある譜面台(パソコンデスクの屋根の部分に卓上用の譜面台を置いているんです)で歌っているので、こういう問題は生じません。なかなか難しいよね。

 次は、ベッリーニ作曲の「Vanne, o rosa fortunata/お行き、幸せなバラよ」です。この曲は今回が初めてのレッスンです。

 先ず最初に歌い始めたところ、私と先生のテンポが全然違っていました。この曲は、バリトンのレパートリーにはないようで、先生、この曲に馴染みがないようでした。ですから、先生、ゆっくりとピアノを弾きだしました。私は…と言うと、そのテンポに合わせるようにしながら合わせずに、どんどん速いテンポで歌って、私が考える標準テンポに持っていきました。この間のやりとりが、ちょっとばかり面白かったです。でもまあ、この曲を歌い終えるまでには、先生、この曲の事をしっかりと把握されたようです。

 で、自宅では、とりあえずなんとかカタチにして歌っている曲なんですが、レッスンにくると、最高音が届かなくて、かなり無様なカタチになってしまいました。なんか本日は、この曲を歌っていても、高いAが出る気がしないんですよ。

 先生は出ないAに関しては何もおっしゃいません。しかし、普通に出るGに関しては「もっと楽に。放り投げるようにポーンと出してください」とおっしゃいます。さらに腹筋の動きには「腹筋は絶対に固めないように。腹筋を入れて歌い終えたら、必ずリセットしてください。(腹筋を)入れる、リセット。入れる、リセット。この繰り返しです」とおっしゃって、何度かトライさせます。やるたびに「まだ足りない」「まだ足りない」「まだ足りない」の繰り返しで、もうこれ以上は出来ないというくらい、激しく腹筋を入れた時に、意図せず高いAが出ちゃいました。それも楽々、朗々と。よもやそんな声が出るとは思っていなかった私は、自分でビックリしちゃいました。

 「今は筋力が足りなくて、必死にやらないとAは出ないけれど、筋力が付けば、それくらいはたやすく出るようになるはずだから…筋トレ、頼みますよ」と言われました。はははは、つまり私に高音が欠如している理由は、やり方に熟知していないと言うこともあるけれど、それよりもなによりも筋力が足りないという事だね。

 私、格闘技をやってましたから、腕力とか脚力とかには自信がありますし、腹筋だって固めるだけなら得意ですが、体幹そのものは、どうも弱いんですね。体幹の強い人って、姿勢がいいですよね。バレエダンサーさんなんて、いつもピリッとしているわけです。私は猫背とまではいかなくても、いつもなんか姿勢がダラっとしているわけで…弱点は体幹にありって事です。体幹を鍛えないと…。

 その他に注意された事は、同じ音程の音が続く時は、どんどん響きを増してゆくと、音程が下がりづらいという事。後、歌の途中で、一度でもノドを鳴らしてしまうと、そこで声が終わってしまうので、決してノドを鳴らさないように気をつけて歌う事…かな!

 ああ、この曲、やっぱり難しいなあ。K先生は「パッサージョの連続で難しい」とおっしゃっていましたが、私の場合は、パッサージョも難しいけれど、それ以前の問題点にあっちこっちひっかかっております。

 ベッリーニって、モーツァルトほどではないけれど、難しいですね。考えてみれば、この二人、案外、活躍した時代が近いんだよね。ベッリーニって、モーツァルトの次の世代の人だし、音楽様式的には、ロココ派と初期ロマン派だものね。通じるものがあるんでしょうね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 肺を圧縮して、あくびのクチをして… | トップページ | 実技無しでも入れる音大があるそうです(どこだろ?) »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
歌うための筋肉トレーニングですね。ウエイトトレーニングでの筋トレとこれは違うんですよね。大学時代の合唱団での体作りは、腹筋を鍛える運動として、二人組で一人が寝てもう一人が足を上下する運動・みぞおちに拳骨を当てて押し返す運動、背筋を鍛える運動として船漕ぎなど、練習前には必ず体を動かしていました。かなりハードで、朝からどんぶり飯でも今より25キロほど少ない体重でした。中には、ソリストで来てくださった声楽家が教えてくれた運動もありましたので、全くピント外れとも思いませんが、ちょっと方向が違うような・・・

歌うための筋トレは、体幹を固めずに鍛えろといわれています。ヨガやエアロビクスなどが良いと言われたました。ヨガはDVDを持っているのでやってみようかなと思っています。

合唱団では、よく「自然に」「力を抜いて」と言われますが、どういう筋肉をどのように使うのかという説明はありません。

歌うためにの体作り・筋トレって大事ですよね。

genkinogenさん

 これは私の私感ですが、筋肉を鍛えると言っても声楽の場合は、スポーツとは違って、筋力をつける方向の筋トレではなく、俊敏な動きを可能にするための筋トレを行うべきでは無いかって思ってます。筋肉は鍛えるとチカラを増しますが、一方で重くなります。ですから、必要な筋肉は鍛え、不必要な筋肉や拮抗する動きの筋肉はなるべく鍛えないという事が必要かなって思ってます。

 声楽家は格闘家ではありませんからね。

 おそらく、歌うための筋肉は、歌うことで鍛えるのが一番良いのだと思ってます。問題は、歌うための筋肉を鍛えるためには、正しく歌えるって事が前提となる事かな(笑)。

歌うための筋肉は歌うことでしか鍛えられない。筋力がなければ正しく歌えない。正しく歌えなければ筋力がつかない。このことが声楽を学ぶ者にとっての大問題ですね。健闘を祈ります。
昔、プログラミング言語COBOLの入門書を読んだとき、その本はCOBOLがわかっている人にとってはとてもわかりやすくて良い本だと思ったことがあります。初心者にはちんぷんかんぷんだと思われますが、初心者は理解できようができまいがとにかく最後まで読むことが肝心なのでしょう。

こうじさん

 そうなんですよ、まるで卵と鶏のような関係で、実に悩ましいんです。

 物事を学ぶにあたり、私たちはついつい“理解する事”が大切でと勘違いしがちですが、モノによっては理解の前に、とにかく“出来る事”が大切な事もあります。理屈抜きに、とにかく出来なきちゃダメって感じの事がらです。例えば、漢字の書き取りとか、九九の暗唱とか、タイピングなんかもそうですね。たぶん、発声もその手のモノなのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肺を圧縮して、あくびのクチをして… | トップページ | 実技無しでも入れる音大があるそうです(どこだろ?) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん