ひとこと

  •  選挙が終わり、今から数年間の日本の政治体制も決まりました。さて、今日からは非民主主義的な手法で、日本を揺さぶる方々が暗躍します…と言っても、その事自体は選挙前からずっとやってますけれどね。それにしても、なぜ選挙結果を受け入れず、日本をダメにする方向で活躍する人たちが、我が国には大勢いるんでしょうね? 「思想信条は個人の自由」とは言え、選挙結果に準じて任せるのが間接民主主義ってヤツでしょ! 憲法にも43条を始めとして、選挙で決めますよと書かれているわけで、民主主義とか憲法とかを大切にしている人ほど、次の選挙までは臥薪嘗胆となるはずなのですが…大騒ぎする人たちは、口先ばかりの人たちで、民主主義も憲法もご存知ないんだろうと思います。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 選曲に悩んでいます | トップページ | ミーナが星になりました »

2015年7月10日 (金)

私って、金属アレルギーなんだよなあ(意味深)

 フルートのレッスンに行ってきました。

 お教室に入ったら、先生がなにやら奇妙な音楽をピアノで弾いてました。なんでも、今度、お弟子さんのステージに、伴奏ピアニストとして舞台に上がるので、ちょっくらピアノを弾いてみた…んだそうです。20世紀のフランスの作曲家の作品なんだそうですが、伴奏ピアノだけを聞いていると「これって音楽なの?」って感じでした。和音も複雑になると、雑音と紙一重だよなあ。先生も「いかにも現代曲って感じの曲だよなあ。こんな曲、頼まれなきゃ、絶対にやらない!」って断言してました(笑)。まあ、現代曲の美しさってのは、なかなか分かりづらいよなあ。

 さて、先生のピアノ練習が一段落して、いつものようにロングートーン練習をやりましたが、なんかもう緊張感もへったくれもなく、ビシっと音程が合っちゃいます。うむ、上達したね。でもね、緊張感はないし、部屋はなんか暑いし、なんか意識がボーっとしちゃって、倒れてしまうかと思いました。まあ、倒れる以前、時折、自分が何をしているのか忘れてしまったりする事にビックリしました。いやあ、フルート吹きながら「今、何やっているんだっけ?」ってマジで考え込んじゃわけです(「フルート吹いてるんだよ」と耳打ちしてやりたくなります:涙)。

 疲れてんなあ…。

 エルステ・ユーブンゲンの9番、ようやく合格っす。いやあ、長かった。次は10番と11番。11番は先生さっそく「こんなところでブレスはありえない」と言いながら、結構ブレスの位置を変えてくれました。いやあ、それ、難しいっすよ。

 プチ・エチュードは11番です。かなり頑張って練習してきたつもりだけれど、まだ、リズムがちょっと甘くて、フレージングがめちゃくちゃいい加減で、おまけにあっちこっちでオクターブ音を間違えちゃうし、まだまだって感じです。とにかく、練習が必要だな。

 そう言えば、今回のレッスンもそうだけれど、最近、レッスン中に先生に怒鳴られるようになりました。いやあ、うれしい(るんっ!)。真剣に叱りながら教えてくれるってのは、学ぶ身としては、先生の本気が感じられて、実に嬉しい事です。まあ、本音で言えば、怒鳴られるよりは怒鳴られない方が数倍いいのですが、他の生徒さんには怒鳴りまくって、私の時は敬語で対応されていた時は「生徒としては、まだまだ心を開いてもらっていないなあ…」と思っていたので、今のように、遠慮なく「コラーッ!」ってやられると“よし!”って感じになります。

 あ、私は決してマゾでもなければ、ホモでもないよ。ただ、教える人の本気には、割りと敏感に分かるだけです。

 ええと、雑談だけれど、今回は共通の知人が亡くなったばかりだったので、その人の思い出話をしました。しかし、そんな話はここに書くわけにはいかないわなー。

 知人の話の流れで「好きな楽器はなんですか?」とムチャブリに近い質問をしたら、H先生、やっぱり一番好きなのはフルートだそうですが(当たり前か)、次はピアノなんだそうです。H先生、結構ピアノが得意なんだそうな。確かに、先程も訳の分からない現代曲を弾いていたくらいだから、少なくとも初見力はかなりあるんだと思います。

 そう言えば、先生の奥様、現役のピアニストさんだったわ。そりゃあ、ピアノ、好きだよな。

 後、弦楽器一般は好きだし、歌も好きなんだそうです。「こう見えても、留学してた時はオペラハウスに通っていたんだぜい!」だそうです。…だもんだから、日本人のオペラは「ちょっと聴けない」んだそうです。贅沢だね。

 逆に苦手な楽器は、フルート以外の木管楽器だそうです。特にリード楽器は聞いてる分にはいいけれど、吹くのはちょっとパスなんだそうです。なんでも、クチビルがブルブルするのはイヤなんだそうです。

 で、苦手と言うよりも、心理的に受け付けないのが金管楽器だそうです。お、私と同じ! なので、H先生と一緒にたっぷり金管楽器をディスりました(さすがに、その内容はここには書けない:笑)。おそらく、金管ラブの人が聞いたら、怒り狂うような話をガンガンしちゃいました。

 まあ、好き嫌いとかなんて、趣味趣向の話なんで、勘弁してください。それにして、スッキリしたよ。どうして他人(他楽器)の悪口って、楽しいんでょう、ああ、腹黒い腹黒い(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 選曲に悩んでいます | トップページ | ミーナが星になりました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選曲に悩んでいます | トップページ | ミーナが星になりました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん