ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 曲決めをしました | トップページ | とにかくノドが力んだら負けです »

2015年7月15日 (水)

細かい音形を素早く歌う練習をしました

 声楽のレッスンの続きです。まずは発声練習から始めました。今回の発声練習は、細かい音形を素早く歌う練習をメインに行いました。

 細かい音形を素早く歌うためには、ノドで音程を作っていたのでは間に合いません。じゃあ、どうするのか? 腹圧で音程を作っていくのです。腹圧で音程を作れば、音と音がレガートにつながっていくので、一石二鳥だったりします。いや、この練習は腹筋の鍛錬にもつながりますので、私的には一石三鳥かもしれません。この練習に習熟すれば、やがてはメリスマなども得意になるでしょうから、一石四鳥かも(笑)。

 とりあえずやってみましたが、もちろんダメが出されました。とにかく「腹筋、腹筋、腹筋」と考えて、腹筋に気持ちを集中して行いましたが、腹筋だけでは足りないのです。音程が高くなるにつれて、腹圧を高めるのはもちろんだけれど、同時にクチもより大きく開けないといけないのです。クチの開き方は変わらないのに、腹圧だけ変えても…それじゃあ残念なわけです。腹圧の変化に伴いつつ、クチの開きも変えていくわけです。

 クチもただ開けばいいのでなく、やはり母音に応じたクチのカタチがあります。ア・オ・ウは、まあいいとして、問題はエ・イなどの、日本語ではクチビルを横に引っ張っていく母音の類は要注意です。日本語ではクチビルを引っ張るからと言って、声楽発声の時にも同様にクチビルを引っ張ってはいけません。クラシック声楽の時は、基本的にイタリア語の母音を使いますので、エ・イだからと言って、クチビルは横には引っ張りません。ア・オ・ウがクチビルを丸くして発声するなら、エ・イはクチビルを縦長の長方形にして発声するようです。もちろん、その際は舌もうまく使わないと母音を作れませんガネ。

 さらに、腹圧を高める時に、腹筋だけを使うのではなく、同時に背筋もたんまりと使わないといけません。私は背筋がうまく使えていないのでダメが出ました。そこも難しいですね。腹筋を上に押し上げつつ、背筋は下に引っ張っていくのです。とにかく、体幹が弱い私ですから、何をやるにも大変なんです。

 私が体幹が弱いのは、ノドが強くて、今までずっとノド声で歌っていたという歴史があるからです。ノドでそこそこ歌えちゃうので、体幹を使う必要がなくて、それで体幹がサボりにサボりまくっていたのです。

 ノド声は、日本伝統の発声方法で、邦楽をやるには習得が必要な技法なんですが、クラシック声楽では嫌われる発声方法なんですね。詩吟とか浪曲とか新内とかを歌うならノド声もありですが、イタリア歌曲を歌うにはNGなんです。そういう意味では、ノド声で歌っていた私は、純粋な日本文化を担っていた日本人だったというわけだ(笑)。

 それはともかく、現在の私は、ノド声を減らして、どんどん正統的なクラシック声楽の発声方法に移行している最中わけです。

 でも、ノド声の要素って、クラシック声楽においても、一つの表現技巧として、ある程度は必要だと思います。

 ノド声歌唱って、不快でしょ? なぜ不快なのかと言うと『苦しそう』に聞こえるからです。だって、クビを締めながら歌っているんだもの。これ以上に“苦しそう”な声はないよね。逆に言えば、歌を苦しそうに聞かせたいなら、ノド声は“Good!”なわけです。歌の主人公が、苦しんでいたり、悲しんでいたり、嘆いていたり…そんな時の感情を表現するなら、ノド声歌唱も必要でしょう。

 ただし、ノド声歌唱をすると、ノドを痛めるし、声域も狭まるし、体力も激減します。また、あまりに世俗っぽい声になってしまうので、宗教曲の歌唱には、絶対に向きません。あくまでも、劇場用の音楽でしか使えない技法です。

 まあ、私の場合は、デフォルトがノド声ですから、自分の歌唱スタイルにノド声を加えることなく“敬して遠ざけていきたい”と思ってます。なるべく、ノドを鳴らさずに歌えるようになりたいです。

 体幹の弱さにめげずに、頑張って“細かい音形を素早く歌う練習”をしている私です。先生の見本を聞いて、その見本どおりにやってみようと頑張りますが、それではやはりダメなんですね。見本を見せてくれた先生よりも「もっと素早く」できないといけないのです。「テノールはバリトンよりも速く動けないとダメです」 そうなんですね(汗)。結構厳しいです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 曲決めをしました | トップページ | とにかくノドが力んだら負けです »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曲決めをしました | トップページ | とにかくノドが力んだら負けです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん