ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 別荘が欲しい… | トップページ | 「2015年上半期 赤ちゃん名づけトレンド」が発表されました »

2015年7月25日 (土)

タニシが123匹(笑)

 先日の話ですが、昨年同様に、我が家の水槽のタニシがほぼ全滅いたしました。正確に言えば、あれだけたくさんいたタニシですが、金魚たちに食べつくされて、今や残り3匹となってしまいました。残り3匹ですから、一週間と経たずに完全に全滅してしまうでしょう。タニシは、金魚たちの生き餌として水槽にいれてあるので、食べてしまうのは、別にいいのです。水槽の中とは言え、弱肉強食は世の常ですからね。問題は、タニシが全滅して、石巻貝(金魚はタニシは食べますが、石巻貝は食べません)だけになってしまうと、水槽内のお掃除係としは、かなりの手不足になってしまい、実際、藻の活動が目立ってしまうのです。

 と言うわけで、今年も知り合いの農家さんの田んぼからタニシをいただいてきました。“いただく”と言っても「タニシ、欲しいんですけれど…」「いいよ、持ってきな」と言われるだけで、私みずからが田んぼに入って、タニシを採取してくるわけです。

 ですので、今年も泥まみれになってタニシをいただいてきたわけです。

 知り合いの田んぼには、この時期になると、毎年、たくさんタニシがいるのですが、今年は目立って少なかったのです。いやあ、ほんと、少ない。今年も昨年同様、タニシ120匹を目標にしていたのですが、昨年の倍以上も時間がかかってしまいました。それくらい、タニシの生存密度が低かったんですよ。

 たぶん、暑いからじゃないかって思いました。水温がタニシの成育にはあまり適さないので、数が増えていないんじゃないかって思いました。いや、実際、田んぼの水温が例年よりも若干高かったですよ。

 で、タニシは少なかったのですが、代わりにたくさんいたのが、カエル。いわゆる“アマガエル”って奴でしょうか? 親指の爪ほどの大きさの、小さくて緑色のカエルがやたらとたくさんいました。このカエルたちがやたらと私に取り付いて、私、もう少しでカエル男になってしまうほどでした。それくらいにカエルたちに愛されちゃいました。

 もちろん、それだけカエルがたくさんいるわけですから、おたまじゃくしもたくさんいました。そりゃあもう、ウジャウジャ。今年の夏は、タニシよりもおたまじゃくしに適しているようです。

 あと、おたまじゃくし以外にもたくさんの生き物がいました。ドジョウとメダカもたくさんいました。こいつらは行動する速度が速いので、なかなか肉眼では捉えられないのですが、確実にいました。肉眼で見つけると、ちょっぴりビビるのがヤゴですね。あいつらの外見はエイリアンのようで、ちょっぴり不気味です。数はそんなに多くないですが、各種ヌマエビもいました。あと、小さなショウリョウバッタもいましたよ。

 いつもは、タニシだけをささっと採取して、サクっと帰っちゃうので、他の生物には気もとめなかったのですが、今年はタニシがなかなか見つからなかったこともあって、じっくり田んぼを観察しちゃったわけです。

 田んぼって、案外、たくさんの生き物がいるんですね。

 とりあえず、今年は123匹のタニシを我が家に迎えました。おそらく、いつものペースなら、これで1年はもつはずです(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 別荘が欲しい… | トップページ | 「2015年上半期 赤ちゃん名づけトレンド」が発表されました »

金魚」カテゴリの記事

コメント

田んぼでタニシの採集、お疲れさまです。私の住まいの近くも水田が広がっていて今、稲の苗がグングン育ってきてますよ。青々としてとても美しい景色が広がっています。一か月ほど前、植えられたときは細くてたよりない10センチほどの幼苗だったのに、今はもう立派なもんです。タニシって、どこの水田にも自然に住みついているのでしょうか。それともわざわざタニシを育ててなにかためになることに利用とかしているのですか?と書いていてふと思い出しました。ずっと以前にも、同じようなことをお聞きしたような気が・・・・そのときにお答えをいただいたかもしれませんが、忘れちゃったcatface。何度もすみません。

だりあさん

 私も詳しい事は知りませんが、農薬を使っていない田んぼなら、タニシもカエルもドジョウもヤゴもメダカもいるものです。逆に言うと、農薬を使うと、これらの動物たちは(農薬に対する耐性の違いこそあれ)数が減ったりいなくなったりするんですよ。ですから、青々とした田んぼが広がっていても、タニシもカエルもたくさんいる田んぼがある一方で、タニシもカエルもいない田んぼとか、カエルはいるけれどタニシのいない田んぼとか、それはまあ、色々とあるわけです。

>それともわざわざタニシを育ててなにかためになることに利用とかしているのですか?

 タニシは美味しいですよ。こっちでは、寿司屋などで、お通しとして出てきますよん。まあ、私はタニシを飼っているので、お通しにタニシが出てくると、一瞬ギョッとしちゃいます(でも結局食べますが:笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別荘が欲しい… | トップページ | 「2015年上半期 赤ちゃん名づけトレンド」が発表されました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん