ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 先生を変える事は、悲しい事ではない(フルート編) | トップページ | 先日、プロの料理人と話をしました »

2015年6月 6日 (土)

水槽の水が濁ってました(涙)

 ここのところ、色々とあって、メチャメチャ忙しくて、ついつい金魚の水換えが疎かになっていました。いつもは週一度の間隔で水換えをしているのですが、今回は忙しくて、1回パスし、翌週もパスし、その次の週もパスして、気づけば3度も水替えをパスしていました。さすがにヤバいと思い、3度目にパスした翌々日に時間をつくって、なんとか水換えを敢行しました。たぶん、25日ほど(約一ヶ月だね)水槽の水を変えていませんでした。

 水槽の水を変えずに済むなら、それにこしたことはありませんが、やはり水が古くなると病気が発生しますので、なるべくマメに変えてやらないといけません。サクラやホノカなどの巨大魚がいた時代なら、25日も水替えをしないなんて、ありえない事でしたが、最近の子たちは、割りと小型で水もあまり汚さない事をいいことに、ついつい水替えをサボってしまったわけです。

 今回は、三度の水替えチャンスを逃してしまったので、さすがにマズかろうと思って、重い腰をあげて水替えをしたのですが、実は心の中では「あまり水も汚れていないみたいだし、まだ大丈夫じゃないの?」と思っていた事は事実です。

 ところが、水替えをし終えた水槽を見て、ビックリ。だって、水が透明なんだもの。いやいや、水替え前の水も、透明ちゃあ透明だったけれど、それとこれでは透明度が全然違うわけです。

 水槽の水って、毎日少しずつ汚れていき、少しずつ水中に藻が繁殖するんだと思います。藻が繁殖するのは問題ないけれど、水が汚れていくのは大問題です。でも、毎日少しずつ、水の色が変わっていくわけだから、毎日水槽を眺めている身としては、昨日と今日の違いなんて、無いに等しいので「まだまだ水槽の水は大丈夫」とか思ってしまうわけだけれど、25日たった水と、真新しい水は、その透明度が全然違っていたわけなんです。

 いやあ、ビックリしました。そして、金魚たちに思わず謝ってしまいました。「もっと早く気づいて、水替えをしてやれなくて、ごめん」と。

 とりあえず、今回は水が多少濁った程度で済み、金魚たちに病気は発生しなかったようですが、これから夏を迎え、水も傷みやすくなるわけで、なるべく水替えはコマメにしてあげようと思った次第であります。

 水替えは、サボっちゃだめだな。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 先生を変える事は、悲しい事ではない(フルート編) | トップページ | 先日、プロの料理人と話をしました »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先生を変える事は、悲しい事ではない(フルート編) | トップページ | 先日、プロの料理人と話をしました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん