ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ハジけてバカにならないといけません…ね | トップページ | アメリカのパリセイズ・パーク市は、かなりヤバそうです »

2015年5月23日 (土)

今がサカリです

 今がサカリなんです。何の“サカリ”かと言うと、金魚のサカリ、つまり発情期なんです。

 今までの我が家の水槽には、オスの金魚がいなかったようで、春だからと言って、特別な事はありませんでしたが、今年のメンバーの中には、どうやらオスっぽい子がいて、水槽がすごくワキャワキャしています。

 そうなんですよ、金魚って、かわいいんだけれど、オスにはきちんと発情期があって、発情期に入ると、メスを求めて、大騒ぎをするんですよ。ちなみに、金魚のメスは目立った発情はしません。

 そして金魚は、その大半がメスなんです。ですから、売ってる金魚は、まずメスだと思って間違いありません。どこの家の水槽も、たいていはメスの金魚しかいない事が多いです。水槽にメスしかいなければ、発情期は全く関係ありません。おとなしいモノです。

 でも、買ってきた金魚の中に、たまにオスが混じっている事があります。一説には、金魚の場合、生まれてくる段階で、オスメスの比率は1:9ぐらいだという話があるくらいに、オスは珍しく、たいていはメスばかりなんです。

 金魚の場合、雌雄の判別は、あまり簡単ではありません。それでもいくつかの特徴があります。一番の特徴は、性格の違い(笑)。繁殖期に限らず、オスはたいてい活発です。ただし、中には穏やかな性格のオスもいますので、性格の活発さだけで雌雄は判別できません。

 身体的な特徴としては、発情期のオスには、追い星と呼ばれるニキビのようなものが、エラブタに発生しますが、これも実に小さなものなので、あまりハッキリと見分けられるようなものではありません。あと、オスは肛門が小さい(笑)ので、比較的糞が細いです。

 金魚の場合、雌雄の違いなんて、これくらいしかありません。さらに付け加えて言うならば、オスの方が美形金魚が多いし、オスの方が短命なんですが…、これも性格の活発さ以上に個体差があります。

 「でも、発情期になって発情していれば、オスだよね」 いやいや、それも違うんですよ。金魚にも性欲の強い子と弱い子がいて、発情期にメスを殺してしまうくらいに獰猛に発情するオスもいれば、発情期になっても、なんとも穏やかなオスもいます。

 また、金魚の世界は、大半がメスという事もあって、どうもメスのくせにオスのような行動を取る子がたまにいます。まあ、金魚のレズビアンなのかもしれません。なので、実は金魚の場合は、発情行動を取っていても、オスとは限らず、雌雄の判別がつきづらいんです。

 で、今年の我が家の話なんですが、どうもにもヤヨイがサカってます。それもかなり活発と言うか…獰猛なんです。で、対象は…オタキサン…です。まあ、二匹ともにいい年頃なので、発情をしても不思議ではありません。

 オタキサンはいかにも「腹にタマゴを抱えていますよ」という体型になってますし、それを見て、ずっとずっとずっとず~っと、ヤヨイがモーションをかけています。ヤヨイの獰猛なアタックのために、オタキサンはすでにボロボロになってしまいました。水槽だと、オスの猛攻から逃げ切れない事が多く、たいていのメスはボロボロになります。まあ、ボロボロになっているとは言え、オタキサンはヤヨイを避けているわけではないので、今のところは放置していますが、あまりオタキサンの怪我がひどすぎるようなら、隔離する事も考えています。

 実は、ヤヨイが本当にオスなのか…どうにも確信が持てないんですよ。たしかに行動だけ見ているとオスのようなんですが…本当にこの子はオスなのかな? もしかすると、ヤヨイはオスではなくメス…というかレズビアンのような気もしないでもないんです。

 まあ、まだしばらくは様子見となりますが…ほんと、どうなんでしょうね。

 ちなみにメダカも発情しています。人間が見ている前でバンバン種付けをしまくって、ジャンジャカ産卵しまくってます。それは見ていて小気味いいですよ。ああ、生命の営みだなって思うわけです。

 で、メダカたちが産卵した卵を、みんなで美味しい美味しいと言って食べてしまうので、全然メダカの稚魚は生まれてこないのですがね(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ハジけてバカにならないといけません…ね | トップページ | アメリカのパリセイズ・パーク市は、かなりヤバそうです »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハジけてバカにならないといけません…ね | トップページ | アメリカのパリセイズ・パーク市は、かなりヤバそうです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん