ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« LFJ2015 その5 “頭”は「あたま」ではなく「かしら」と習いました | トップページ | ミュージシャンというものは、事務所にスカウトされて、始めてプロとなる…ようです »

2015年5月 9日 (土)

みんなで見よう『響け!ユーフォニアム』

 ラ・フォル・ジュルネの記事は、ちょっとお休みします。なにしろ、ラ・フォル・ジュルネの記事が続くと、アクセスが落ちてしまうので、合間合間に、こうやって毛色の違う記事も入れておかないと、色々とマズいしね(笑)。

 さて、ただいま、U局を中心にして放送されている『響け!ユーフォニアム』というアニメが、なかなか“マジ部活モノ”として面白いです。舞台は京都の某高校の吹奏楽部(どうやら実在するようですが…ストーリーはたぶんフィクション)で、きちんと普通の高校生たちがスポ根(笑)している姿を描いているアニメなんですよ。きっと、私のブログの愛読者さんなら気に入ってもらえると思いますので、強くお薦めしておきます。

 まあ詳しい事は、公式HPを見てください。

 ちなみに、公式PVはこれですが…本編アニメは、こんなにかっこよくないです(笑)。

 ありそうでなかった、マジ吹奏楽モノのアニメって事で、色々と面白いですよ。

 主役は、ユーフォニアム吹きの女の子。ユーフォニアムってなんですのん?って感じですわな。一応、金管楽器。小型のチューバというか、ピストン式の巻管トロンボーンって言うか、まあ、そんな感じの楽器です。吹奏楽専門の楽器…なので、クラヲタの方にはなじみの薄い楽器ですね。

 で、そんなユーフォニアム少女を取り囲むお友達の女の子たちの楽器がまた渋い。チューバ(初心者)に、コントラバス(チビ)に、トランペット(綾波系)。で、この四人が、放課後にお茶も飲まずに(笑)、かなり真剣に吹奏楽に取り組んでいる様を描いているアニメなんですね。

 製作は、京都アニメーション。今や、日本を代表するアニメ製作会社の一つで、ジブリに負けず劣らずの高クオリティーで、毎週アニメを製作しております。特に今回の「響け!ユーフォニアム」ではそれが顕著で、どのシーンを見ても、いちいち美しいんですわ。

 音楽もかなり気合が入ってます。上手い演奏は、きちんと上手く演奏してくれるし、下手くそな演奏はきちんと(現実っぽく微妙な感じで)下手くそに演奏してくれます。

 ま、私はこのアニメを見ていると、どうしても顧問の滝センセの視点で見ちゃうんだけれどね(笑)。それにしても、今や吹奏楽部って、女の子の部活なんだねえ…。

 放送は、毎週火曜日深夜。お近くのU局およびBS放送あるいはCS放送でお楽しみください…って感じです。

 「ウチはU局なんて見れないよ」「深夜アニメなんて、見れるわけないじゃん」

 そんなあなたには、きちんとネット配信でも見れますからね。公式HPで調べてください。

 4月スタートなので、すでに物語の半分近くは終了しているのですが「ああ、見逃しちゃったじゃ~ん」って人は(大きな声じゃ言えませんが)ネットを漁ってください。諸外国語の字幕が付いていたり付いていなかったりするムービーが、あっちのチューブとか、こっちのサービスとかに転がっていたりいなかったりします。もちろん、これは“見逃し”ちゃった人だけでなく、外国のお住まいの方も同様です(笑)。

 音楽アニメと言えば「四月は君の嘘」は良かったですね。実に良かった。で、「四月は君の嘘」も深夜アニメなんだけれど、あっちはフジテレビでの放送だからね。結構見ている人も多かったと思うけれど、こっちは独立系U局の深夜アニメなので、見ている人も少ないだろうし、それ以前に、そんなアニメがある事すら知らない人もいるでしょうから、わざわざ記事に書いてみました。

 ちなみに、こちらのアニメは「四月は君の嘘」と比べると、あんなにシリアスでもなければ、重くもないですので、そういう悲劇的なモノ求めているとダメよ。あくまでも「普通の高校生が部活をやってます」ってお話だからね。天才も出てこなければ、誰も死なないよ。ちなみに、絵柄がかわいいけれど、全く“萌えアニメ”とは別モノだから、ご注意めされよ。

 それにしても、女の子の集団って、色々と面倒くさいもんだなあ(棒読み)。

 …と言うわけで、勝手に「響け!ユーフォニアム」を応援する私でございました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« LFJ2015 その5 “頭”は「あたま」ではなく「かしら」と習いました | トップページ | ミュージシャンというものは、事務所にスカウトされて、始めてプロとなる…ようです »

吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

このアニメは何かで知ったので初回放送から視聴しています。
なかなかリアルな感じらしいですね。
自分は経験がないですが、レッスン先の現役女子吹奏楽部員がいっていた複雑な人間関係が推し量られます。
個人的には木管が脇役なおで、ちょっと残念です。
それでもユーフォは音色的に好きな楽器なので…アニメがきっかけ…というわけでもないのですが、買ってきちゃいました。YEP-321Sという入門モデル。
今まで金管経験ゼロ…先輩がいない吹部新入部員の気分です(笑)
分からない所はトランペット吹きに教わる予定です。

あと、四月は君の嘘…泣いちゃいました。よいアニメでした。
響け~も京アニですし、期待しています♪

ぼーさん

>買ってきちゃいました。YEP-321Sという入門モデル。

 え? ユーフォ、買っちゃったの? そりゃあ、すごすぎる!

 そりゃあ、確かにあの音色は魅惑な音色だけれど、楽器大きいし、音量も大きいし、ソロも吹けるだろうけれど、基本的にはアンサンブル用の楽器(それも低音)だよ。おまけに、フルートと比べても、決して安くないでしょ。うん、お見事、実に、お見事。

 でもまあ、ユーフォは良い音色の楽器ですね。まるで、特別に美しい男声のようです。フルートが美しい女声であるのと同様にね。ユーフォを自分の声のように吹けるようになったら、とても楽しいでしょうね。うん。

 頑張ってください、私は私でフルート、頑張ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LFJ2015 その5 “頭”は「あたま」ではなく「かしら」と習いました | トップページ | ミュージシャンというものは、事務所にスカウトされて、始めてプロとなる…ようです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん