ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 良い師匠の条件 | トップページ | ソロは名誉職。稼ぐなら合唱 »

2015年4月 8日 (水)

カラオケ採点機が感知するのは、1000Hzまで

 …なんだそうですよ。皆さん知ってましたか?

 いきなり“1000Hz”と言われてもピンと来ないので、もう少し分かりやすい言葉に翻訳してみます。

 ピアノの「中央ド」と呼ばれる音は、261.63HZなんですね。だから、そこから2オクターブ上のド(いわゆる女声にとってのHi-C)が、1046.5Hzとなるわけです。

 ですから、歌の音程的には、男声は女声の1オクターブ低い音となりますから、カラオケ採点機の感知能力の上限が1000Hzであっても全く問題ないし、女声でもHi-Cまでの音程なら全く問題なく、カラオケ採点機が感知できるわけです。

 女声でHi-Cを越える音程を使う曲なんて、ポップスではほぼ皆無でしょ? クラシック声楽でも、歌曲だとほぼありません。ですから、この辺りに音程感知の上限があっても、問題ないのです。

 だってここよりも上の音って、一部のコロラトゥーラ・ソプラノ向けのオペラアリアぐらいです。もっとも、その手のジャンルの曲になると、Hi-C超えの曲も結構あるわけです。例えば、夜の女王のアリアのような超高音を駆使する曲はもちろんですが、普通のプリマドンナオペラのアリアにも、決めの音はHi-Cよりも高かったりします。「椿姫」の第一幕のアリアなんて、最後はHi-Esとかですから、カラオケ採点機の感知するところではないけれど、元々オペラアリアをカラオケで歌う人なんて少数だから、そこらへんは問題ないんでしょうね。

 つまり、1000Hzまで音程の正否の判断ができれば、カラオケ採点機としては必要十分条件を満たしているといえるわけです。

 1000Hz、これがカラオケ採点機の感知能力の上限であり、そのために、音程の正否は問題なく判断できるでしょう。しかし、これでは歌声が美しいかどうかの判定は出来ないって事になります。

 歌声の美しさの基準には色々とあるようですが、最近有名なのは“シンギング・フォルマント”の有無です。シンギング・フォルマントがたっぷり現れる声は美しく、そうでない声はそれなり…というのが、最近の学説の一つです。

 で、このシンギング・フォルマントってのが、3000Hz前後あたりにあるんだそうです。つまり、カラオケ採点機では、シンギング・フォルマントが感知できないので、声の美醜の判断は出来ないって事になります。

 まあ、でもそれができないのも、ここ数年だけかもしれませんね。機械の進歩って、時として人間の想像を越える部分がありますから。今よりも高速なCPUがより安価に出回るようになれば、やがてカラオケ採点機でシンギング・フォルマントの有無も測定できるようになるかもしれません。

 だって、カラオケって、ほんと、進化してますよね。私は、歌詞本を見ながら、8トラックに伴奏音源の入ったカラオケの時代から歌っていますが、それと比べると、今の通信カラオケって、全く違いますって。ほんと、別物です。それを考えると、カラオケって、どこまで進化するんでしょうね。楽しみでもあり、恐ろしくもあります。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 良い師匠の条件 | トップページ | ソロは名誉職。稼ぐなら合唱 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

採点してくれるカラオケ、いいですね、そんな最先端カラオケに行ってみたいな。
機械が音程やら歌い方やら細かく?採点してくれて、「はい、あなたは百点満点で三十五点です」とか言われちゃったらちょっとメリますね。

でも、一人カラオケは私にとってはハードルが高すぎますから、だれか誘ってくれないかなあconfident
でも、待つって言ってもカラオケが好きな友達っていないんですよ・・・、この際、最新型カラオケ機の見学がてらだれかを誘って行ってみようかしら、と思いました。

だりあさん

 実際、最近のカラオケは、なかなかハイテクですごいですよ。音程の正否だけでなく、消費カロリーとか、そんなものも計測してくれます。一人で行っても、たぶん、楽しめます。でも、一人カラオケはやっぱりハードル高いですがね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い師匠の条件 | トップページ | ソロは名誉職。稼ぐなら合唱 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん