ひとこと

  •  毎日毎日暑いですね。3年後の今頃は、東京でオリンピックをやっているわけなんだけれど、こんなに暑い中でオリンピックなんてやってい良いのかな? 特に野外でやる種目は、選手はもちろん、観客の健康だって心配です。マラソン…死人は出ないか? マジで心配です。日本の夏の昼間に野外スポーツなんて、そんなクレイジーな事は高校野球だけで十分でしょ? アメリカのテレビ局の都合(番組改編期にオリンピックの中継をやりたいだけなんです)でオリンピックの開催時期が決まるんだけれど、日本の東京でオリンピックをやるなら、本当は5~6月あたりの、花粉症が終わったあたりの春が気候的には良いよね。夏は暑すぎるし、秋は台風とかゲリラ豪雨とかがあるし、冬は寒すぎるからね。まあ、日本の都合とか、選手や観客の健康なんて、アメリカのテレビ局には関係ないから、やっぱり真夏の東京でオリンピックをやるんだろうね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 年を取ったら、ピアノを習いたい | トップページ | あまりに難しすぎて、心が折れてしまいそうです »

2015年3月 3日 (火)

いかにノドを開けたままでいられるか、ここが肝心なんです

 声楽のレッスンに行ってきました。

 今回のレッスンは、私も仕事の繁忙期で忙しかったのですが、先生も現在オペラの全国巡業中なんだそうで、この日も四国から飛んで帰ってきてのレッスンで、翌日はまた四国に飛んで行くのだそうです。ほんと、お忙しい事です。

 なので、レッスンもギュウギュウに詰まっていたようで、私たちの直前は、普段は誰もいない空きの時間なのですが、今回はバリトンのKさんのレッスンが入っていました。久しぶりに、他の人のレッスンが見れて、ラッキーでした。

 Kさんも発表会では、ソプラノさんとの二重唱をするそうで、そのデュエット曲のレッスンを受けていました。そのソプラノさんとは、ピアノ合わせと本番の二回だけしか合わせないそうなので、レッスンでのデュエット相手は、専らY先生なんですね。まあ、普通はそんなモンなんでしょうね。いつも本番のデュエット相手と練習できる私は恵まれているんだなあと改めて思いました。

 それにしても、なにやらカッコいい曲を歌っていましたが…バリトンのデュエット曲に興味のない私は、何を歌っているのか、全く分かりませんでした。

 さて、Kさんのレッスンも終わり、いよいよ私のレッスンとなりました。

 まずは発声練習ですが、今回、重点的に習ったのは、声を後ろに回す事です。先生はこれを称して「後頭部を使って歌いなさい」と言います。これ、難しいです。ちなみに、声を後ろに回すのは、高音域に入ってからであって、中音域の時から声を後ろに回してしまうと「やりすぎ」と注意されます。なかなか、使うタイミングが難しいです。

 今の私は、高音域に入ると、声が前に出過ぎてしまうのだそうです。声が前に出過ぎてしまうと、高音が発声しづらくなるので、だから高音域に入ったら、積極的に声を後ろに回すことで、より高い音を発声しやすくしましょうって事です。で、超高音域に突入したら、今度は逆に声を前に出していくのが良いのだそうです。なんか難しいですね。

 ちなみに、声を後ろに回すためには、支えが必要です。支えが弱い私は、声を後ろにうまく回せないわけです。うむ、頑張らないとね。

 高音を発音する時に、その音を狙いすぎるのは良くないのだそうです。これは私に限らず、テノール全般の悪い癖なんだそうです。音を狙いすぎると、どうしてもノドが閉じてしまい、息の通りが悪くなるんだそうです。だから、高音になっても、音はザックリと発音し、ノドをある程度開いたまま歌えるようにする事が大切なんですって。この息を通すという作業が、歌には大切で、息が通らなければ、声は音にならないわけです。息が通らないところを、むりやり息を通すと、どうしても痩せた細い無理め声になってしまうのです。つまり“悲鳴”ですね。悲鳴はいけません。

 つまり、豊かな高音を出すためには、いかにノドを開いたまま、効率よく息を流し続ける事ができるかって話になるわけです。だから、高音を発声しようとすると“ノドにフタがされる感じになる”のは方向が逆なわけで、最低最悪の状態なんです。

 そう言えば、キング先生に習っていた時は、よく“ノドにフタがされる感じ”を感じていましたし、それを何度も先生に訴えました。キング先生は、それを力づくで突破するように言ってましたが、それはキング先生には可能でも、私には無理だったんだと思います。だから、あの先生の元では、いつまでも経っても高音が出せなかったんだなあって思います。

 高音を発声するには、いかにノドを開いた状態を保ち、声を通し続けることができるかなんですね。そのためには、ノドで発音するのを止めて、しっかり息を支えないといけないし、だからノドの脱力が必要不可欠になるわけです。少しずつ色々なことが私の中でつながり始めてきたような気がします。後は、それを頭で理解するだけでなく、実際に行えるようにならないと意味はありませんが…。

 確かにこれが簡単にできるようになると、私の場合、Hi-Cも夢ではなくなると思います。あくまでも“簡単にできるようになると”という条件付きですが(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 年を取ったら、ピアノを習いたい | トップページ | あまりに難しすぎて、心が折れてしまいそうです »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

凄い具体的なアドバイスをくださる先生なんですね~!羨ましいです!私も本当に発声には悩みます~

アデーレさん

 具体的かな? 結構オカルトも入ってますよ(笑)。ただ、なんとかして私に伝えたいという思いはよく分かりますので、言われたとおりにできない自分が悔しいです。

 とにかくY先生は、真似をさせるという教え方ではなく、原理原則を教えて、その人にあった歌い方を見つけて欲しいという教え方です。ご自分が色々な先生方から多く学んでいらっしゃるので、引き出しが多いんだと思います。

 まあ、とりあえず、今のレベルの私に合った教え方を、先生も模索してらっしゃるんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年を取ったら、ピアノを習いたい | トップページ | あまりに難しすぎて、心が折れてしまいそうです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん