ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱりメンタルの問題かな? | トップページ | 音楽は演奏者だけでは成り立たない »

2015年3月18日 (水)

レチタティーヴォは難しい

 再度、声楽のレッスンの続きとなります。で、モーツァルトから連続して、ドニゼッティ作曲「愛の妙薬」の二重唱「Caro Elisir! Sei Mio!/素晴らしい妙薬」のレッスンに入りました。

 とにかく、レチタティーヴォの部分は「歌い過ぎ!」と言われました。「レチタティーヴォは、もっとしゃべらないと声がもたないよ」とも言われました。ただし、きちんと歌わないと歌えない箇所もあるから、歌うべき箇所はしっかり歌い、そうでないところは、話し言葉として軽く流す…という事が大切なんだそうな。とにかく「歌うな!」って事です。

 歌なのに歌わないってのは、案外、難しいです(笑)。それに歌ならごまかせる(笑)歌詞も、しゃべるとなると、かなりきちんと発音しないといけません。はは、語学力が求められますなぁ。練習練習ですよ。

 ラララ…の部分も、鼻歌と言えども、ここは歌の部分だから、きちんと歌わないといけないけれど、鼻歌だからと思って、ついついいい加減になってしまいがちだし、かと言って、やっぱり鼻歌は鼻歌だから、あんまり真正面から取り組んでいけないし、歌の部分も、単にキレイに歌えばいいのではなく、歌の中に演技は加えないといけないし…やっぱりレチタティーヴォは難しいです。

 あと、リズムが符点だからと言って、その符点をあまり強調しすぎては、却って変な感じになるので、声は符点でリズミックに歌っても、お腹ではリズムを加えずに、息は常に真っすぐに歌わないとね。

 ラララ…の最後の1オクターブの跳躍は、ファルセットで歌うようにアドヴァイスされました。確かにこの部分をファルセットで歌っている歌手は…多いですね。もちろん、実声で歌っている方もいるけれど、確かにファルセットの方がいいかも。ただ、ここでいきなりファルセットに切り替えるのは、難しいわぁ。それに、うまくやらないと、失敗したように聞こえちゃうから面倒ですよ。

 二重唱は二人で歌うもの(当たり前)なので、音程は一人で歌う時よりもシビアにならざるをえません。一人の時は、多少音程が甘くても何とか聞けますが、二重唱の時は、音程が甘くなると、ハモリが汚くなるので、要注意です。二重唱はハモリが命ですからね…。

 この二重唱、発表会では伝統的なカットを施して歌う事は、以前書きましたが、もしかすると、さらにザックリとカットして、後半1/3を丸々カットしてしまうかもしれません。理由は、発表会に出演する皆さんが時間いっぱい歌いそうなので、短くできる人は、可能な限り短くしないと、全体の演奏時間が会場を借りている時間から、はみ出してしまいそうだから…という事らしいです。

 まあ、私たちは、当初、後半1/3をカットした方が良いと思っていた(でも、先生は最後まで歌いましょうっておっしゃった)ので、まあカットになっても仕方ないかなって思うけれど、いざ、最後の1/3を練習してみると、この箇所をカットするのは、確かにもったいない気がしてきました。可能なら(たとえ伝統的なカットを加えたとしても)全曲歌いたいですね。でも、舞台の演奏時間の制限にひっかかるなら、仕方ないかなあ…とも思います。まあ、今回の発表会では大幅カット版で歌って、フルサイズの歌唱は、演奏時間に制限のない勉強会で歌えばいいかな…と勝手に思ってます。勉強会は…早ければ、今年の夏に、遅くとも来年の正月にやるはずだから、それを楽しみにしましょう。

 でも、勉強会は、非公開だから、門下の人しか聞けないけれどね。

蛇足 それにしても声楽のレッスンの記録を書く際に、なるべく簡潔にまとめて書いているつもりですが、ドンドン分量が増えてしまいます。特に今回は長くなってしまい、3回に分けざるを得ませんでした。ごめんね。それにしても、キング先生の時は、レッスン記録は書くべきことが少なくて、あれこれ頭をひねって、ブログ記事として適当な長さになるように、努力して書いていた事から考えると、今の声楽レッスンって、ほんと、中身が濃いんだなあ…って思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« やっぱりメンタルの問題かな? | トップページ | 音楽は演奏者だけでは成り立たない »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

>レチタティーヴォは難しい、とにかく「歌うな!」

おはようございます。ほんとに難しそうですね。言葉からして舌をかみそうです。ワーッとアリアで歌い上げるほうがよっぽどラクだと思います。あふれちゃえばいいんですもんね。でも、レチタティーヴォはあふれちゃってはいけなくて、ぐっとこらえて、それでもあふれる出るような想いで「お話し」するんですね、ほーんとに難しそう・・・。

だりあさん

 レチタティーヴォは本当に難しいです。しかし、オペラを歌うのが得意な人だと、レチタティーヴォを歌うのは、アリアとはまた違った魅力があって、楽しいのだそうです。私も、そんな領域にまで達してみたいものだなあと思いつつ、頑張ってます。

 これも勉強、あれも勉強です。

こんばんわ!

レチ、よくイタリア語は言葉自体が音楽的だっていいますが、
まさにそれですよね~
私は、リズムと音程が楽譜通りに歌えても、あんまりそれらしくならないんで、
いったんさらった後で、今度はしゃべるほうに近づけるようにしてます。
地声で歌詞をしゃべる、とかも練習になるような気がします。

テノールにもレチが美しい曲っていっぱいありますよ!
地の声をお持ちのすとんさんは、むしろレチが得意なタイプのように思います。
是非いろいろチャレンジしてくださいませ。

EKさん

>私は、リズムと音程が楽譜通りに歌えても、あんまりそれらしくならないんで、
いったんさらった後で、今度はしゃべるほうに近づけるようにしてます。

 まずはレチと言えども、楽譜通りのリズムと音程で歌えるようになって、それらかしゃべりに血が付けるという、EKさんのやり方、私がY先生から学んでいるやり方と同じです。問題は、しゃべりに近づけるあたりにあります。そこが難しい。歌えてもしゃべれない…んです。根本の語学力がモノを言うわけですよ。だから、プロを目指す人は留学するんだなあ…って思いました。レチは、しゃべれないよりもしゃべれた方が良いに決まってますもん。

 でも、諦めません。がんばりますよ。

悩むところは誰しも同じですね!
私も標準的日本人として?英語以外の外国語は縁がないので、
しゃべりは手探り状態ですよ~
テレビやラジオの語学放送のニュアンスとか、地道に辞書を引いたり、とか・・
時々勘違いしていて、直すのが大変になったりしてますよ。

あ、カントロペラだとネイティブの朗読がCDに入ってたりするんですかね!?
私は試したことないんですが、買ってみようかなあ・・

EKさん

>あ、カントロペラだとネイティブの朗読がCDに入ってたりするんですかね!?

 入っているモノもありますが、モーツァルの奴に朗読が入っていたかは知りません。カントロペラに、モーツァルトのテノールアリア版があったような気がしますが、きちんと確かめた事ありません(もちろん、持ってません)。

 単純にレチを聞きたいだけなら、オペラの全曲盤を買えばいいんです。ただ、レチは、歌う歌手によって、全然違うので、あまり参考にはなりません(涙)。どれが標準的なのか、悩んじゃいますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりメンタルの問題かな? | トップページ | 音楽は演奏者だけでは成り立たない »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん