ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« どうもスリにやられたらしい | トップページ | 花粉症の季節ですが、皆さんはいかがですか?[2015年3月の落ち穂拾い] »

2015年3月30日 (月)

オペラとミュージカルの違い

 オペラとミュージカル。両者ともに歌芝居であって、似ているようで違い、違っているようで共通点も多いモノです。では、両者の違いはどこにあるのでしょうか?

 私が思うに、制作された時代が違うだけ。それだけだと思います。後の違いは、オペラとミュージカルの違いと言うよりも、個々の作品の違いに起因するのではないかと思います。だから、両者を較べて、オペラの方が芸術性が高いとか、ミュージカルの方が楽しいとか、そんな事はないと思います。

 しかし、制作された時代が違うと言うのは、実はかなり大きな問題だと思います。

 例えば、主に使用される言語が違います。オペラは、制作当時のヨーロッパにおける音楽界の共通語であったイタリア語が主に使用され、一部のオペラでドイツ語やフランス語、ロシア語などの現地語が使われました。一方、ミュージカルは巨大な国力をバックにブイブイ言わせているアメリカの英語(アメリカ語:事実上の世界共通語)が主に使用され、一部のミュージカルは、ドイツ語やフランス語、日本語などで作曲されました。

 この使用される言語の違いは、台本の違いにつながっていきます。オペラはイタリア語で台本が書かれているものが多いので、物語はイタリア的な気質に満ち満ちているわけですし、ミュージカルは英語で書かれているものが多いので、アメリカっぽい作劇になっているわけです。そしてこれら使用される言語の違いは、その時代において、どの言語が音楽界を席巻していたのかという違いから来ています。

 さらに言えば、オペラは原語上演主義で、基本的に世界のどこに言っても『椿姫』はイタリア語で、『カルメン』はフランス語で上演されます。同一の台本を使用するので、ジェット機に乗って世界中を飛び回って活躍するスター歌手が存在します。一方、ミュージカルは翻訳上演主義ですから、大半の作品が現地語に訳され、現地のミュージカル歌手たちが現地の言葉で上演します。世界的なスター歌手がいないわけではありませんが、基本的にローカル歌手たちによって上演されるのがミュージカルです。

 なぜオペラでは原語主義なのか? おそらくは当初のオペラはヨーロッパが主な消費地であり、ヨーロッパという地域では、多言語が日常で錯綜している地域で、複数の原語を理解する人も多かったからではないでしょうか?(この部分、私の推測です) 今の時代は…やはり現地主義というか、何でもローカライズして、広い層にまで受ける必要がありますよね、そうしないと経済的に成り立たないし…。

 また、オペラはせいぜい20世紀前半までに作られています。レパートリーとしては、すでに完結しているので、基本的に新作は作られません。一方ミュージカルは20世紀中葉から作られ始め、今でも新作が作られ続けています。

 ある意味、時の洗礼をすでに受けているのがオペラです。ですから、現存するオペラにはハズレがありません。すでに愚作は淘汰され、優秀な作品のみが残っているわけです。一方ミュージカルは、まだ時の洗礼を受けていませんから、実に玉石混交です、って言うか、駄作が多すぎますが、それはご愛嬌でしょう。

 また、ミュージカルは基本的に二幕仕立てで、上演時間も休憩を入れて3時間前後なのですが、オペラは二幕とは限らないし、上演時間も作品によってまちまちです。今は昔ほど時間に余裕がないと言えるのかもしれません。

 オペラとミュージカルは、制作年代が違うために、作品の様式もかなり違います。同じ音楽劇とは言え(例外もありますが)基本的に音楽だけで芝居を進行していくのがオペラであり、芝居そのものはセリフ劇で進め、要所要所で歌うのがミュージカルです。

 違いは劇の進め方だけではありません。オペラは基本的に分業制で関わる人間が多いです。例えば、オペラでは、歌手は歌手であり、ダンサーはダンサーです。また、歌手も一人一役が当然で、ソリストはソリストであって、合唱は合唱です。

 しかしミュージカルは違います。ミュージカルは関わる人間が少なくて、色々な人が色々な事を兼ねながら劇を進めていきます。歌手がダンサーを兼ねるのは当然です。歌手たちが場面転換の際に大道具の移動を行うのも普通です。とにかく、主役以外の人は、一人で何役もやります。当然、歌手としても、ソロも歌えば合唱もやります。ですから、贔屓の歌手がいるなら、香盤表のチェックは大切です。それにしても昔の方が、人員的には贅沢で、何かと余裕があったんでしょうね。

 機材も明らかに違います。舞台・照明と大道具小道具、それにオーケストラの伴奏で演じるのがオペラですが、ミュージカルはそれに加えて、音響設備って奴が加わります。つまり“マイクとスピーカー”って奴です。ですから、オペラでは生歌が前提ですが、ミュージカルではマイクテクニックを駆使した歌い方が必要となり、必然的に歌唱テクニックが違ってきます。オペラではより遠くまで響く声が、ミュージカルではマイクで上手に拾える声が、必要となってきます。やはり、その時代時代に応じたテクノロジーが採用されるのです。

 だいたい、オーケストラを構成する楽器も違います。オペラは、いわゆるクラシック音楽(交響曲をイメージしてもらうと分かりやすい)で使用される楽器でオーケストラが構成されていますが、ミュージカルではむしろポピュラー音楽のバンドに近い形態のオーケストラが使用されます。例えば、ドラムやエレキギターやエレキべース、シンセサイザーにサクソフォーンなどクラシック音楽ではあまり耳にしない新しい楽器も、普通に使います。もちろん、ヴァイオリンなどの伝統的な楽器も使うけれど、オペラのように十数台も使うわけではなく、せいぜい2~4台ぐらい。足りない分は、シンセでそれっぽい音を出して補うわけです。やはり、現代的な音楽を演奏するには、現代の楽器を使う必要があるんでしょうね。

 というわけで、オペラとミュージカルの違いは、制作された年代が違うだけ…と言うのが、私の意見です。

 あと、これは本質的な違いではないでしょうが、日本特有の事情による、オペラとミュージカルの違いがあります。

 まず、ミュージカルは、そこに携わる人たちがそれで食えます。日本のミュージカル・カンパニーって、営利団体として健全な団体が多いです。一方、オペラじゃメシは食えません。オペラ上演で生活を成り立たせることは、まず無理です。オペラ・カンパニーって、営利団体としては成り立っていない所が大半です。だから、一部のオペラ歌手以外は、バイトをしないと生きていけないわけです。いや、その一部のオペラ歌手だって、オペラ上演以外の仕事(例えば、大学で教鞭を取るとか、テレビでタレント業をするとか、リサイタルなどの自主公演を行うとか)を仕事の中心に据えて、なんとか続けているぐらいです。だから、ミュージカル歌手は職業かもしれませんが、オペラ歌手は道楽なのかもしれません。

 そんな食えないオペラ歌手なのに、成るには、原則、音大卒業が必須となります。この音大ってやつが、コストパフォーマンスが最高に悪い大学なんですよね。一方、ミュージカルは多彩な人材がいて、その出自も様々で、ミュージカル歌手になるためのチャンスもあっちこっちに転がっていて、結局学歴ではなく実力がモノを言う業界だったりします。

 つまり、オペラって、日本ではインテリの教養なんですね。それも古臭い教養なのかもしれません。だから、オペラの観客って(私も含めて)高学歴の年寄りばかりなんです。一方、ミュージカルはエンタメです。客層も老若男女幅広くいます。さらに言えば、最近では2.5次元のミュージカルも大流行です。例えば『テニスの王子様』とか『弱虫ペダル』とか『神様はじめました』とか『デスノート』とか…なんかもう、すごいですね。ほんと、ザ・エンタメって感じです。でも、馬鹿にしちゃダメですよ。結構、ここからスターが生まれていたりするわけですから。

 まあ、日本では、オペラは芸術だけれど、ミュージカルは芸能扱いなのかもしれません。芸術もいいけれど、芸能も悪くないよね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« どうもスリにやられたらしい | トップページ | 花粉症の季節ですが、皆さんはいかがですか?[2015年3月の落ち穂拾い] »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

オランダもミュージカルをやってますが、英語じゃなくてオランダ語でやってます。
中でもロングランが"Soldaat van Oranje"「オランダ王国の兵士たち」ってやつで、
オランダ人って結構ナショナリストが多いのかもしれません。
イントロ貼っちゃいます。
https://youtu.be/xEeW8SCa2yg

おぷーさん

 見ました。しっかりミュージカルですね(笑)。

 リンクされた画像が、まるで映画のようだったので、ちょっとググらせていただきましたところ、このミュージカル、やっぱり映画化されているんですね。もっとも、リンクされた画像が映画化されたモノかどうかまでは、私には分かりませんが…。

 映画の方ですが、日本では劇場未公開ですが、DVDは発売されています…でも、アマゾンにある日本語字幕版は、88分しかないので、短縮版でしょうね。wikiによると本来は149分の上映時間だそうですから、約半分にぶった切られているわけです。

 ちなみに、日本でのタイトルは『女王陛下の戦士』だそうです。監督は、若き日のポール・バーホーベンですね。のちに『ロボコップ』とか『トータル・リコール』とか『スターシップ・トゥルーパー』などを監督してます。そんな有名な監督さんが作った映画なんだなあ、なんかスゴイや。

2次世界大戦の頃のユリアナ女王は、一家でイギリスに避難していたのですが、
このミュージカルでは、「私は、イギリスには行きませんよ!」と言うと、
「あなたは行かなくてはならない!王室を救うために!」と言われるシーンが
入ってましたね。

この映画は、昔見ましたが、あまり印象に残らなかったです。
ミュージカル、観に行ってみようかな…

おぷーさん

 調べてみると、このミュージカル、オランダでは大人気なんだそうですね。たぶん、作品としても、ちゃんとしているんだろうと思います。しかし、そんな作品でも、日本には入っていないわけで、それを思うと、世の中には、たくさんの知られざるミュージカル作品があるんだなって思うわけです。私の心にちょっと引っかかってます。短縮版でなくて、きちんと日本語字幕が付いていたら、見てみたいかもしれません。(おそらく短縮版では、音楽部分がごっそり落とされていそうな気がするんですよ)

この映画音楽に出会ったのは、1985年です。ミュージカルでも使われてます。
私の入っていた合唱団は、1985年の戦争解放記念日コンサートで歌いました。(ロッテルダムのコンサートホールでした。)
当時のベアトリックス女王の前で演奏をしました。
https://youtu.be/GE4reiMbYCk
この曲を聴くと、あの当時の事を思い出します。
オランダ人のハートにいつもある音楽なんだと思います。

おぷーさん

 なるほど、単なるミュージカルではなく、オランダ人にとっては、とても大切な音楽作品なんですね。そんな、大切な音楽がミュージカルだというのは、ちょっとうらやましいです。

 日本人のハートにいつもある音楽…って、たぶん、文部省唱歌なんだろうと思います。でも、最近の学校の音楽の教科書からは、ドンドン文部省唱歌が消えていっているそうで…なんか寂しいような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうもスリにやられたらしい | トップページ | 花粉症の季節ですが、皆さんはいかがですか?[2015年3月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん