ひとこと

  •  中国共産党の理論誌『求是』で「中国こそが世界最大の民主国家だ」というタイトルの文章が掲載されているそうです。中国って民主国家だったんだ…。そう言えば北朝鮮も“朝鮮民主主義人民共和国”と名乗っている民主主義の国だったんだよなあ。うっかり忘れていました。たぶん、彼らの言う“民主国家”や“民主主義”って、我々が知っているモノとは違うんだろうね。でなきゃ、辻褄合わないし…ね。ちなみに我が国日本は、議院内閣制の立憲君主国であり天皇陛下を擁している事から、国の種類(?)としては『帝国』または『皇国』というべきなんだけど、そうは名乗っていないって事、知ってた?
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ニートがヤバイ5つの理由[2015年3月第4週・通算7週] | トップページ | 研究と教育とエンタメは違う »

2015年3月23日 (月)

発声というのは、歌のジャンルで大きく違うもの…ですね

 私はクラシック声楽を学んでいますので、ついつい発声の基準と言うか、美しい声の基準をクラシック声楽とかオペラのそれに置いて考えてしまいがちです。

 この基準にたって考えるなら、ポピュラー歌手の発声なんて未熟そのものですし、アイドル歌手の歌声なんて、クソも同然です(言葉が汚くてごめんなさい)。

 でも、これって、単なる、傲慢なんだよね。

 オペラ歌手の歌が素晴らしくて、アイドル歌手の歌がダメならば、なぜ世間の人々は、アイドル歌手の歌にはお金を支払って、オペラ歌手の歌はレコード(CDとかダウンロードと置き換えても良し)にならないのでしょうか?

 むしろ、世間の人々の支持を考えるならば、ダメなのはアイドルではなく、オペラの方かもしれません。

 じゃあ、本当にオペラがダメなのかと言うと…人気という点では確かにダメだけれど、技術レベルとしては決してダメではありません。そして、それはアイドル歌手の歌唱についても、同じ事が言えるのです。

 つまり、オペラ歌手とアイドル歌手を比べるのが、そもそもの間違いなんです。この両者は、実は同じように“歌手”と呼ばれていても、歌のジャンルが違い、住んでいる世界が全く違うのです。

 歌とひとくちで言っても、たくさんの種類の音楽があり、様々なジャンルの歌があるんです。

 オペラ歌手とアイドル歌手も違いますが、演歌歌手もだいぶ違います。何かとシャウトしたがるロック歌手と、叫ぶことのほとんどないフォーク歌手も、その歌い方はかなり違います。そこに、詩吟とか浄瑠璃とかの邦楽を加えたり、中国の京劇やら、アルプス地方のヨーデルとか、世界各地のローカル音楽の歌唱法も加えると、ほんと、歌の世界って、実に混沌としている事が分かるし、美しさの基準って、歌のジャンルごとに大きく違うって事が分かります。

 また、美しければ素晴らしいというわけでも無い事にも気付かされます。美しさよりも、激しさや強さの方に価値を置かれる音楽もあれば、単に美しいだけなく、そこに独特のニュアンスとか価値観がより重視される音楽もあるわけです。そう考えると、歌の世界って、混沌としているだけでなく、実に広いんだなあって思うわけです。

 大切な事は、寛容な心かな? 別にすべての音楽を受け入れる必要はないし、好きになれない音楽があってもいいと思うけれど、それでも決して、他のジャンルの歌を見下したり、蔑んだり、馬鹿にしてはいけないと思うわけです。ジャンルが違えは、その良し悪しが分からなくなって当然なんです。それを自分の価値観だけで、良いだ悪いだ、上手いとか下手くそだとか言うのは、傲慢なだけだと思うのです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ニートがヤバイ5つの理由[2015年3月第4週・通算7週] | トップページ | 研究と教育とエンタメは違う »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニートがヤバイ5つの理由[2015年3月第4週・通算7週] | トップページ | 研究と教育とエンタメは違う »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん