ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アズニャンが急死しました(涙) | トップページ | 錦織健プロデュース『後宮からの逃走』を見てきました »

2015年3月 8日 (日)

寂しい交番[2015年3月第2週・通算5週]

体重:107.1kg[-1.6kg:-7.8kg]
体脂肪率:30.7%[-0.8%:-2.7%]
BMI:33.8[-0.5:-2.6]
体脂肪質量:32.9kg[-1.3kg:-5.5kg]
腹囲:107.0cm[-1.4cm:-9.0cm]
     [前回との差:2015年当初との差]

 私は湘南、つまり、神奈川県に住んでいるわけですが、神奈川県という地域における警察に関するネットの評判って、すごぶる悪いんですね。あまりに悪すぎて悲しくなるくらいです。

 一応、私にも地元愛というのがあるので、地元の警察の悪口は書きたくないので、ネットに上がっている“神奈川県警×無能”ネタは、ここには書きませんが、もう頭を抱えたくなるくらいに、思い当たることが多くて困ってしまいます。

 まあ、ネットのネタはネタとして放置するとしても、私がリアルな生活で「さすがに地元の警察が、これじゃあ困るよなあ…」って事があります。

 それは『無人交番の多さ』です。交番なのに、警官さんが誰もいないんです。

 私の地元周辺では、交番に行くと、ぽつんと机が一つだけあって、その机の上に電話があって、交番に用がある人は、そこから電話をかけて警官を呼び出すというシステムなんです。
 私、用があって、この電話を使った事ありますが、電話をかけてから実際に警官が来るまで、10分近くかかりました。交番は駅前交番で、実は地元の警察署とは歩いて5分ほどの距離にある場所だったのですが、こんな近くでもこんな状態なら、少し離れたところにある交番なら、もっと時間がかかるでしょう。

 実際に、交番が無人なので、たまに交番で暴力事件が起きたり、婦女暴行事件が起きたりする事があって、地元の噂にありますが、…報道されないんだよなあ。

 なので、地元の小学校などでは、怪しい人に追いかけられたりしたら、交番ではなく、近所の商店に飛び込むように指導しています。地域のパトロールだって、警官じゃなくて、地域の人たち(主に小学校のPTAの役員さんたち)が行っています。

 他府県に出かけると、たいてい交番に警官さんがいるので、うらやましいです。神奈川県だって有人の交番はいくつかありますが、圧倒的多数は無人交番なんですよ。それに有人交番でも、警官さんが奥の部屋でくつろいでいて、一見無人に見える交番もかなりあります。

 昔々の大昔、私がまだ若者だった時、用があって交番に行って電話をかけたら、奥の部屋から警官さんが出てきた事ありましたもん。いるんなら、きちんと表に出てきて欲しいって思ったものです。

 あと、派出所ではなく駐在所なのに、電話をしたら、ヨソから警官さんがやってきて、ビックリした事もあります。つまり、駐在所なのに、そこに住んでいる警官さんがいなかったわけです。それってどうなの?

 だから、なんかもう、不安なんですよ。地元の治安は地元の人々が自分たちで守るものであって、警察が関与するモノではないんですね、神奈川県では。

 でも、それってダメでしょ。間違っているでしょ。ならば、何のために警察という組織があるのかって事です。車のスピード違反の取り締まりだけのために警察ってあるもんじゃないんだよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« アズニャンが急死しました(涙) | トップページ | 錦織健プロデュース『後宮からの逃走』を見てきました »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

昔?っていったら古すぎますが、昭和の映画によく出てきてた「駐在さん」のような方がいなくなってしまいましたね。学校に通う子に「おはよう」って声をかけると、小さいみんなが「オハヨウゴザイマスっ」って声をそろえて答えたり。またはその逆パターンのときもあったり。
地域のおまわりさんに、無条件に信頼と親しみと尊敬があった時代は遠くなってしまいましたね。さびしいです。警官、と、おまわりさんは、同じ職種だと思いますけど言葉から受けるイメージと親しみ感がまったく違いますし、あのころのおまわりさんがいてくれてたら、最近頻繁に起きる若い人たちの悲惨な事件も、すこしは、その根っこのところで抑止力になっていたのかもしれないのにな・・、と思いました。

いえ、神奈川県ばかりではないですよ。私たちの住んでいる県もひどいものです。先日、免許の書き換え手続きに行ったとき、申請者たちは着々と手続きしているのに、事務処理と対応が・・・・・・・あきれて帰ってきました。

ご近所のおばあ様、いわゆる認知症。
ぬいぐるみがお孫さんに見えるらしく、
「寒くないかい?」と声をかけたり、毛布をかけたり。
なんの反応も示さない孫、ではなくて、ぬいぐるみ。
おばあ様、あろうことか、駅前の交番に駆け込んで、お巡りさんに、
「孫が!」とご相談。

しかし、お巡りさん、1ミリも驚かずに、
「おや、そのお孫さんというのは、息子さんの子?娘さんの子?」
「娘さんは、おうちにいるの?」
「娘さんのお名前は?電話番号は?」

おばあ様の娘さんの名前と電話番号をうまく聞き出して、
娘さんに連絡を取り、交番に迎えに来てもらいました。

娘さん、すっ飛んで行って、平謝りに謝ったのですが、
そのお巡りさん、1ミリも怒らずに、
「いえ、いえ、これも仕事ですから。
お母さん(おばあ様のこと)を大事にしてください。」と。

お巡りさんも大変だなあと思いつつ、
お巡りさん、ありがとう、と思いました。
そんな、無関係なことを書かずにいられなかった、
本日のすとん様エッセイでした。

だりあさん

 『おまわりさんは、身近なヒーロー』という言葉があります。今も頑張って、身近なヒーローを演じてくださるおまわりさんもいらっしゃるんだろうなあって思うけれど、労働として警官をやっているだけの方が増えてきたんだろうなあって思います。

 労働だから、時間外や規約外の事はしないし、時間内や規約内の事であっても、可能な限りサボろうとするのかもしれません。サボりという言葉が悪ければ、合理化とか省エネルギーかとかね。その結果が、無人交番の増加であったり、パトロールの省略であったりするんだろうと思います。マスコミが報道するような事件が起きては困るけれど、報道されないような小さな事件には関与しない方向なのも、その一環なのかもしれません。

 昔のおまわりさんは、そういう小さな事件に真摯に向き合ってくれたような気がします。

 無人交番が増えると、だんだんと治安が悪くなってくると、私は肌で感じます。実際、私の住んでいる地域は、あまり言いたくないけれど、決して治安が良い訳じゃないですよ。小さな犯罪は日々起こってます。盗賊団なんて、ドラマの世界ではなく、リアルな世界で暗躍しています。空き巣は当たり前で、エアコンの室外機や庭に停めている自転車とか、持って行かれちゃいます。街なかをおまわりさんがパトロールしてくれれば、防げたであろう犯罪が、普通に頻発していますからね。

 なんかなあ、ガッカリだなあ。

operazanokaijinnokaijinさん

 いい話だなあ。うらやましいなあ。おまわりさんって、そういう人なんですよ。身近な事件とも言えないような事件に関与して、町の平和と安全を何気なく維持してくれる…そういう存在なんですよね。

 だから、交番に普通におまわりさんが在駐している地域が、本当にうらやましいです。もしも、私の地域にそのおばあ様が住んでいらっしゃったら、どうしていたでしょう? お孫さんの事で不安に感じても、飛び込める交番はなく、ただただ不安な気持ちで街なかを徘徊して、行方不明とかになって、どこかが事故かなんかに巻き込まれて…いえいえ、ありえない話ではなりません。近所では、徘徊老人が行方不明になるなんて、ありふれた事ですから。

 交番に普通におまわりさんが在駐している事が、本当の本当にうらやましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アズニャンが急死しました(涙) | トップページ | 錦織健プロデュース『後宮からの逃走』を見てきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん