ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 実は公務員になりたかったりします | トップページ | ニートがヤバイ5つの理由[2015年3月第4週・通算7週] »

2015年3月21日 (土)

メダカを20匹投入したら、ハンナが星になっちゃいました

 メイン水槽がスカスカで寂しいのです。なにしろ、ほんのちょっと前まで、サクラ&ホノカという巨大魚が我が物顔で水槽の中を泳いでいたのです。ところが、サクラは星になり、ホノカは長期入院中。中型金魚であるアズニャンも星になり、今現在のメイン水槽の中は、中型魚のオタキサンと、幼魚であるハンナとヤヨイがいるだけでした。

 オタキサンはすでに大人ですから、もともとそんなに活発ではありません。ハンナとヤヨイは幼魚ですから、キャピキャピしている時はともかく、キャピキャピしているとすぐに疲れてしまうようで、暴れていたかと思うと、すぐに熟睡モードに突入して、水槽の床に死んだように転がっている事があります。

 で、結局、この3尾は、水槽の隅っこの方で、かたまって寝ている事が、とても多いんです。なので、メイン水槽をのぞくと、大抵、金魚がスミにかたまって寝ていて、その他の子たち…と言っても、貝とドジョウですからね、どれもこれも地味な子ばかりなので、水槽の中がスカスカで寂しい状態なのです。

 そこでウチの水槽にはニギヤカシが必要だと思いました。本来なら、ミニサイズの金魚を、もう2~3尾入れると良いのかもしれないけれど、金魚は成長しますので、今は良くても、後ほど困ると思うので、金魚の増加は却下。そこで、これ以上大きくならない子たちを導入しましょうって事で、メダカを20匹投入する事にしました。

 メダカ…鑑賞用ですから、ヒメダカです。20匹購入(1000円、一匹50円ですね)して、一晩検疫(薬液につけて放置してます)していたら、一匹星になってしまい、実際にメイン水槽に投入したのは19匹なんですが、まあ、それだけの数のメダカを水槽に入れました。

 私、金魚とメダカが混泳する水槽が大好きなんです。でも、それって巨大魚が水槽にいると無理なんですよ。と言うのも、巨大魚にとってメダカって、美味しい生き餌でしかありません。具体的に言えば、ホノカが元気なら、とてもメダカを水槽に入れるわけにはいきません。おそらく、20匹のメダカなんて、2~3日で食べ尽くしてしまうことでしょう。

 しかし、今は巨大魚が水槽にいません。中型魚であるオタキサンはいますが、彼女のクチではメダカを食べることはできないでしょうし、何よりも、オタキサンにはメダカを食する習慣がありません。そこで今がチャンスとばかりに、金魚とメダカの混泳に踏み切ったわけです。

 金魚とメダカの混泳に踏み切ったところで水槽を観察してみると、メダカは我関せずですが、金魚的にはメダカがうざくてうざくてたまらないようでした。実際、オタキサンなどは、水槽でおとなしくしている事が多いのですが、周りにメダカが集まってくると、うざく思うのか、ある一線を越えると、いきなり切れて、水槽の中を大暴れしていたります。どうも、メダカがストレスになるようです。で、ひとしきり暴れると、やっぱりおとなしくなるんですが…。

 まあ、いくらメダカがうざかろうが、ホノカが元気になってメイン水槽に戻れば、メダカの全滅は免れません。ある意味、メダカの命はホノカの帰還までの限定的なものですが…それまでメダカたちには、水槽を賑やかにしてもらおうと思ってました。

 ところが、メダカが水槽に投入されて、約一週間して、ハンナが星になってまいました。ハンナが星になった事と、メダカの投入に関係があるかは分かりません。

 思うに、ハンナはホームセンターの子で、売り場では、たった一匹で広い水槽を泳いでいた子でした。そんな孤独を愛する子がウチにやってきて、水槽は狭いし、貝やドジョウもいて居心地が悪いのに、そこにメダカが投入されて、それらがストレスになってしまったのかもしれません。

 一応、メダカの名誉のために書きますと、メダカがハンナをいじめたりとか、そういう事はしていません。ただ、ハンナの目の前で、金色の小魚がウヨウヨしていただけなんです。だいたい、メダカたちは、ハンナやヤヨイのような幼魚には興味がないようでしたが、目の前を小魚(と言っても、あんまり大きさ的に変わりません)たちが泳いでいるのが、ハンナにとっては、ストレスだったのかもしれません。

 メダカが投入されて、約一週間、ハンナ自身が我が家にやってきて、まだ一ヶ月というところで、星になってしまいました。なかなかかわいい子だっただけに、残念でなりません。

 命あるモノには寿命があるのは当たり前ですが、それにしても、早すぎると思いました。この子の最後の一ヶ月は、幸せだったのでしょうか? 

 どうも、ホームセンターで購入してきた子は、ウチではきちんと育ってくれないようです。次の子はどうしようかと、ちょっと考えてしまいました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 実は公務員になりたかったりします | トップページ | ニートがヤバイ5つの理由[2015年3月第4週・通算7週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

すとんさんちの水槽の中は、宇宙の中に浮かぶ地球のようですね。生き物を飼育するってことは命の終始を見届ける練習、なのかもしれないですね。
すとんさんちの水槽の中で生き続けるもの生き残るもの、旅立つものたちの変遷がすごく興味深いです。読ませていただいていて感じることがたくさんあります。ハンナさん・・・、静けさが大好きな金魚さんだったのに、うるさいメダカ群に切れちゃったのかもしれませんね・・・。

だりあさん

 メダカは小魚で、本当は立場が弱いはずなんです。ところが今は数に頼んで、水槽の中で傍若無人にふるまっています。まあ、幼魚であるヤヨイには手を出しませんが、オタキサンなんかは、結構好き勝手にやられています。ゆっくりと休んでいるオタキサンを突っついたり、尾びれ背びれをかじったりとやっています。ですから、メダカがストレスになるなら、オタキサンがやばいなあと思っていたんですが、実際はいじられているオタキサンではなく、それを見ていたハンナの方にストレスが貯まってしまったようです。

 まあ、ハンナの死因がストレスと決まったわけではなりませんが、うるさいメダカに参っていたのは確かでしょうね。

>生き物を飼育するってことは命の終始を見届ける練習、なのかもしれないですね。

 それは金魚に限らず、そういうモノだと思います。まあ、金魚は我々とは生き物の種類が違いますから、同じ哺乳類である犬猫の死とは、心に来るダメージが違います。でも、それでもツライものはつらいです。私はまだサクラの死をつらく感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実は公務員になりたかったりします | トップページ | ニートがヤバイ5つの理由[2015年3月第4週・通算7週] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん