ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ダイエットを真面目に再開したいと思います[2015年2月第2週・通算2週] | トップページ | メトのライブビューイングで「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を見てきました »

2015年2月 9日 (月)

人は三週間歌わないと、こうなる

 医者に行って、とりあえず咳発作は薬で抑えているので、ぼちぼち歌い始めないとマズいなあ…と思いました。だって、そろそろ次の声楽のレッスンじゃないの? 前回はお休みしてしまったので、次こそはちゃんとレッスン受けたいし…。

 いきなりレッスンで歌うのもアレなので、リハビリと言うか、慣らし運転と言うか、ちょっとずつ声楽の自宅練習を復活させました。

 完全に治ったわけではないので、まだノド周辺の腫れが残っている事と、さすがに三週間歌わないと、あれこれ筋肉が衰えているって事がネックかな?

 とにかく、声帯の感じが以前とはだいぶ違います。

 以前も書きましたが、声帯の薄い部分(と思われる箇所)の振動が悪いですね。特に、ファルセットが全く鳴らない事にはビックリしました。

 中低音はとりあえず鳴りますが、鳴っている音色が、やはり以前とは違って、かすれた感じでツヤのない声になってしまっています。それに呼気を吐き出す力も弱くなっているし、何より腹筋が弱くなっています。

 ノドに負担をかけないように歌おうと思って、意識的に腹筋を動かしたら、あっという間に腹筋がつってしまって痛かったです。ダメですね。

 元々、上がりが悪かった口蓋垂も上がりづらくなってしまったようです。

 それと、全く声量が落ちてしまいましたね。声量を増そうと、少し多めに息をノドに送ると、ノド痛いですよ(涙)。自分の息の勢いにノドが負けてます。大した息ではないのですが…。ここで無理をして、ノドを壊しても仕方ないので、ノドが痛くならない程度の息で加減して歌うので、ほんと、つまらない感じです。

 でも良い事も少しはあります。例えば、今まで積み上げてきた声楽テクニックが、崩された積み木のように床に散らばっている感じなので、それを改めて積みなおす事ができます。その過程で、以前は積み上げに失敗していた箇所も、今回改めてきちんと積み上げられるかな…という比喩表現になりますが、こんな感じ、伝わりますか?

 ホント、私の声は、かなりダメ…と言うか、衰えてしまっています。まあ、元気になって、歌い続ければ、やがて戻ると信じていますので心配はしていませんが、今現在ダメなので、ちょっと凹こむ一方、ダメになって初めて分かる事もあるみたいで、色々学んでますよ。

 状況的には、あまりよろしくないのですが、今がどん底と考えれば、少しは気分も上向きになるってものです。

 …でも、ほんと、声量、声域ともに大幅ダウン。モーツァルトなんて、歌い切ることすら出来なくなりました。三週間なんて、ちょっと病気をこじらせてしまうと、それくらい簡単に過ぎてしまいますが、声楽にとって、三週間休むというのは、かなり大きな休みなのかもしれません。

 さあ、また頑張りますかね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ダイエットを真面目に再開したいと思います[2015年2月第2週・通算2週] | トップページ | メトのライブビューイングで「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を見てきました »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

すとんさん、ムリしたら、完全に喉を潰しちゃいますよ。
私、7年歌ってなかったけど、取り戻してます。
ちゃんと先ず喉を休ませてね。

どうしても歌いたければ、ハミングにして下さい。
口笛もOKだと思います。

そうですか~あら、お大事にね~!
やっぱりハミングとかがいいかもしれないですね~
普段、バンバン歌ってる人だと歌えないのって気持ち萎えますよね~

私もかなり前にありまして、喉を壊し、三ヶ月歌ってはいけなかったです。本当にもう、あんな思いはしなくないですね
だから、これ以上、歌っては喉が壊れるという感覚が分かりましたけど…。実際、私は歌わない方が喉が調子がいいですね~。コンサート前は歌うのはレッスン以外は禁止です(笑)

おぷーさん

 無理はしません。まあ私自身はノドを壊した事はないのですが、妻がノドを壊した時は、ほんと大変だったので、あんな思いはコリゴリです。とにかく、無理はしません。

アデーレさん

 ノドを壊すと、必ずしも元通りに治るという保証はありません。そのままダメになってしまう事もあります。なので、私もノドは壊したくないです。今は無理をする理由もないので、適度に様子を見ながら、慣らし運転をしていくつもりです。

お大事にしてくださいね~clover
私も子供の頃に気管支炎もちで、弟は重度の小児喘息でした。
家に吸引器があって、季節の変り目はしょっちゅう入院して、親を独占していてずるいと思いつつ、あの苦しそうな咳は見ているのもつらかったです。
大人になって喘息はなくなったようですが、扁桃腺もちでよく喉風邪ひいてるようです。
大人の喘息はもっとつらいと聞きました、本当にご無理せず、ストレスフリーな生活で音楽を楽しんでくださいねheart01

kuromiさん

 ご心配をおかけしております。ノドはまだ少し残っていますが、喘息の方は、ほぼ収まりました。やはり、医者の処方する薬は効きますね(笑)。今は“ひと言”に書きましたが、背中が痛いです(涙)。背中が痛いと…やはり、歌ったり笛を吹いたりできません。背筋って大切なんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイエットを真面目に再開したいと思います[2015年2月第2週・通算2週] | トップページ | メトのライブビューイングで「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を見てきました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん