ひとこと

  •  本日、都会を歩いていたら、向こうから来た人とすれ違う時に、すごく汚らしいモノを見るようなガンを飛ばされた。で、その悪意を感じたので、相手を確認したら、タレントさんのような若くて美人さんだっただけに、なんかショック。ま、私は確かに美しい生物ではないけれど、そういう悪意を不躾にぶつけてくるのは、いくらなんでもヒドイと思いました。心が折れた、なんか立ち直れない(涙)。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その1 セビリアの理髪師 | トップページ | すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その3 魔笛 »

2015年1月 3日 (土)

すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その2 ドン・ジョヴァンニ

 今回オススメする“脱初心者”向けのオペラは、モーツァルト作曲の『ドン・ジョヴァンニ』です。ドン・ジョヴァンニとは、いわゆる“ドン・ファン”の事で、伝説の女たらしさんの話です。実はオペラ界には、ドン・ファンものというジャンルがあるらしく、古今東西、ドン・ファン伝説を元にしたオペラが数多く作曲されましたが、結局、残ったのが、この作品だけなんです。

 ストーリーはこんな感じです。女たらしの貴族ドン・ジョヴァンニが、ある日、貴族の娘ドンナ・アンナに夜這いをかけた。ドンナ・アンナは自分の許嫁のドン・オッターヴィオがやってきたと勘違いして受け入れてしまったが、事を終えて、相手が違っている事に気づき、大騒ぎをする。(演出によっては、未遂の段階で大騒ぎをする。)騒ぎを聞きつけた父親である騎士長が現れるが、ドン・ジョヴァンニの手にかかって殺されてしまう。闇に紛れて逃げてしまうドン・ジョヴァンニ。操を奪われ、父を殺されたドンナ・アンナは、ドン・ジョヴァンニに復讐を誓うのであった。

 この後、ドン・ジョヴァンニは、ドンナ・アンナに命を狙われながらも、町娘ツェルリーナをレイプしようとしたり、かつての恋人(ってか被害者?)のドンナ・エルヴィラの侍女を誘惑したりと、色事に余念がない。

 色々とあって、墓場に逃げ込んだドン・ジョヴァンニ。騎士長の墓の前で休憩を取っていると、墓の騎士長の石像がドン・ジョヴァンニに語りかける。それを愉快に思ったドン・ジョヴァンニは石像を夕食に招待する。で、石像の姿をした幽霊となった騎士長は、本当に夕食に現れ、ドン・ジョヴァンニに悔い改めを要求するが、ドン・ジョヴァンには全く意に介さない。騎士長は何度も悔い改めを求めるが、ドン・ジョヴァンには拒否し続ける。その結果、騎士長はドン・ジョヴァンニをむりやり地獄に引き込んでしまった。

 地獄に落ちたドン・ジョヴァンニ。登場人物たちが全員現れて、よかったよかったと合唱してお終い。

 このオペラが“脱初心者”なのは、モーツァルト作曲の古典派の音楽なのに、あれこれ定型をやぶっている点です。つまり、ゲテモノ・オペラなんですね。

 例えば、オペラのストーリーと言うのは、基本的に全部恋愛モノなんです。だから、愛しあうテノールとソプラノに、メゾソプラノかバリトンが恋路の邪魔をする…というのが定型なんです。でも、このオペラは、まずは恋愛ものじゃないんです。なにしろ、最初がレイプシーンから始まりますから。じゃあ、恋愛モノの次に多い、復讐モノなのかと言うと、それも違う。確かにドンナ・アンナは復讐の鬼と化してますが、全然うまく行ってません。じゃあ、このオペラは何なのかと言うと…ダークヒーローモノなんです。

 そんなお話、モーツァルトの時代にはありえない話なんですが、そのありえないモノが、あったりするんですね。

 さらに言えば、主役のドン・ジョヴァンニがバリトンというのも、これまた珍しいんです。オペラのお約束ならば、ドン・ジョヴァンニは、たとえ女たらしと言えども主役ですから、テノールでなければいけません。でも、それなのにドン・ジョヴァンニはテノールでなくバリトンなんです。そこも、ちょっと変わったところです。

 また、このドン・ジョヴァンニは名曲だらけのオペラです。特に、ソプラノさんとバリトンさんは大好物なんではないでしょうが?

 まずは、ドン・ジョヴァンニの従者であるレポレロ(バリトン)が歌う『カタログの歌』、ドン・ジョヴァンニを追っかけてきた、ドンナ・エルヴィラに向かってレポレロが「旦那様に食われた女は貴女様だけでなく、こんなにたくさんいるんですよ」って歌うアリアです。とても、脇役が歌うアリアとは思えないほど魅力に富んだアリアです。

 もちろん主役のドン・ジョヴァンニも負けてはいません。“ドン・ジョヴァンニのセレナータ”という別名もある「窓辺に出でよ」は有名なアリアです。

 二重唱にも名曲があります。ドン・ジョヴァンニとツェルニーナ(ソプラノ)で歌う「お手をどうぞ」は色々な楽器で演奏されるほどの名曲です。

 ソプラノのアリアと言うとドンナ・アンナのアリア「もう、お分かりでしょう」も色々な楽器に編曲されるほどに有名です。

 他にも「シャンペン・アリア」とか「薬屋の歌」とか「ぶってよ、マゼット」とか「恋人を慰めて」とか、もう『ドン・ジョヴァンニ』って、名曲の宝庫なんです。そこが一番“脱初心者”向けかもね(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その1 セビリアの理髪師 | トップページ | すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その3 魔笛 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その1 セビリアの理髪師 | トップページ | すとんが薦める、脱初心者向けのオペラ その3 魔笛 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん