ひとこと

  •  昨今話題のフェイクニュースですが、日本語で言うところの“虚偽報道”であり、簡単に言っちゃえば“デマ”とか“嘘”です。でも、こんなフェイクニュースですが、コロッと騙されちゃう人も大勢います。イギリスがEU離脱を決めた国民投票だって、多くの人がフェイクニュースに騙されて、うっかり離脱を決めちゃったわけだし、アメリカ大統領のトランプ氏が選ばれたのだって、フェイクニュースのおかげとかじゃないとか…? 諸外国ではネットを中心にフェイクニュースが流れますが、日本では新聞テレビなどを通じて、堂々とフェイクニュースが、さも真実っぽい顔して流れてしまうから手におえません。朝日新聞の従軍慰安婦報道なんてフェイクニュースもいいところだね。あと、マスコミの伝家の宝刀“報道しない自由”を駆使する事によって、真実を隠蔽し、世論を自分たちの都合の良い方向に誘導するのは、フェイクニュースとは違うけれど、フェイクニュースよりもたちが悪いと言えば、たちが悪いのです。マスコミには、両論併記のカタチで真実をのみを報道してもらいたいものです…が、無理っぽいですね。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 歌うって、なかなか難しいです | トップページ | ちょっと良い事を思いついたんだけれど、どなたかプロデュースされる方、いらっしゃいませんかね? »

2014年11月 6日 (木)

YouTube関係で便利なサイト(お世話になってます)

 今回の記事は、いわゆる覚書ってヤツです。

 歌ったり、笛吹いたりしたのを、録音して、それをネットにアップする時、皆さんは、どうしていますか?

 ICレコーダーとかスマホとかで録音録画をしたモノを、編集したりしなかったりして完成させた後、それをYouTubeにアップする人って多いんじゃないかな? 私もそうです。その際、ビデオなら、あまり考えずにYouTubeにアップできますが、音声ファイルだと、ちょっと面倒くさいです。と言うのも、YouTubeにアップできるのは、基本的に動画だけで、音声ファイルの場合は、これに画像をくっつけて、動画にしてからでないとアップできないからです。

 ですから、以前は動画編集ソフトを使って、音声ファイルに画像を無理やりつけて動画ファイルにしてからアップしていました。大した事をやっていないとは言え、それなりに時間はかかるし、案外面倒なものでしたが、それ以外に手段がなかったので、諦めてやっていました。

 ところが、この面倒くさい、音声ファイルを無理やりに(静止画をくっつけて)動画ファイルにする部分を、自動でやってくれるウェブサービスがあります。“MP3TUBE” と言います。このサービスを使うと、実に簡単に短時間で、音声ファイルを動画ファイルにしてくれるので、最近はここを愛用させてもらってます。便利なんです。

 逆もあります。

 YouTubeにはたくさんの貴重な音源がビデオとしてアップされています。オンラインで見るなら、別に問題はありませんが、それらの音源をビデオでなく、音声ファイルとしてオフラインで楽しみたい…具体的に言えば、MP3ファイルとしてiTunesに取り込んで、iPodで楽しみたいとなったら、以前は結構面倒くさかったです。

 YouTubeを再生しながら、それをリアルタイムでパソコン内に音声ファイルとして録音し、その録音した音声ファイルを編集してiTunesに取り込んだものです。問題は“リアルタイムでパソコン内に録音”という部分で、どうしてもノイズを拾ったりして、あまりキレイに処理できなかったのですが、最近では“Offliberate”というサイトを見つけ、ここを利用しています。このサイトに、目的とする画像のYouTubeのアドレスを入れると、音声ファイルとして、自宅のパソコンに吐き出してくれるのです。

 例えば、最近で言えば、クラシックコンサートの勉強のため、ダウランド作曲「Come again/来たれ、今いちど」の各種参考音源を使って勉強する際の、参考とする音源ファイルの獲得に大変役立ちました。

 と言うのも、ダウランドのこの曲、古い曲だし、歌詞も長いので、どの歌詞を選んで歌うのか、歌手によって違うし、また歌っている歌詞も、歌手が使用する楽譜の違いで、微妙に違っていたりするんです。きちんと最後まで聞いてから、これは参考音源として使用できるかできないかを判断せざるをえないのですが、その曲を丸々聞くって、商品だとなかなか難しいじゃないですか? リアルなCD屋さんだと、丸々聞ける試聴盤なんて、まずないし、あっても限られていますからね。ネットのダウンロード購入にしても、曲を丸々聞けることはまずないですから、これも無理。となると、YouTubeを漁って、当該の画像を見て『これは参考音源として利用できる』と思ったものを、音声ファイルとしてピックアップしてiTunesに保存したくなります。

 そんな時に役立つのが、この Offliberate というサイトなんです。アドレス入れて、クリックして、それでYouTube画像が、利用可能な音声ファイルとして手元にダウンロードされるんです。ほんと、便利便利です。このサイトを利用すれば、もう音楽をネット通販で購入する必要なんて無くなる…著作権使用料ってヤツがありますから、そんな事はしちゃダメですよ(笑)。でも、販売されていないモノや、入手困難なモノ、著作権が切れているモノなどは、積極的に利用してもいいんじゃないかな?

 以上、YouTube関係で、あれこれ便利なサイトの紹介でした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 歌うって、なかなか難しいです | トップページ | ちょっと良い事を思いついたんだけれど、どなたかプロデュースされる方、いらっしゃいませんかね? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌うって、なかなか難しいです | トップページ | ちょっと良い事を思いついたんだけれど、どなたかプロデュースされる方、いらっしゃいませんかね? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん